忘れないと誓ったぼくがいたの作品情報・感想・評価

忘れないと誓ったぼくがいた2015年製作の映画)

上映日:2015年03月28日

製作国:

3.6

あらすじ

たとえ忘れてしまうとしても、この一瞬を胸に焼き付けたい。驚きのエンディング、溢れ出す涙が止まらない。大学受験を控えた平凡な高校三年生・葉山タカシの前にふと現れた少女・織部あずさ。タカシはあずさに一目惚れしデートを重ねてゆくが、ある時、あずさはタカシに不思議な告白をする。「私に会った人たちは全員、数時間後には私の記憶が消えているの。ただ理由もなく私のことだけが記憶から消えているの」と。そんな馬鹿げ…

たとえ忘れてしまうとしても、この一瞬を胸に焼き付けたい。驚きのエンディング、溢れ出す涙が止まらない。大学受験を控えた平凡な高校三年生・葉山タカシの前にふと現れた少女・織部あずさ。タカシはあずさに一目惚れしデートを重ねてゆくが、ある時、あずさはタカシに不思議な告白をする。「私に会った人たちは全員、数時間後には私の記憶が消えているの。ただ理由もなく私のことだけが記憶から消えているの」と。そんな馬鹿げた話を信じるはずもないタカシだったが、ふとしたときに、あずさのことを忘れていることに気づく。昨日、自分は誰と会っていたのか?今日これからデートする相手は果たして誰だったか・・。あずさと会った日の出来事や、デートの約束などを細かくメモに書き留め、自分だけは絶対あずさを忘れないと奮闘するタカシだったが・・・。

「忘れないと誓ったぼくがいた」に投稿された感想・評価

IKKU

IKKUの感想・評価

4.0
この作品で初めて虹郎くん知りました。彼の見た目からは想像してなかった声の太さ?にびっくり。あと演技も、、、。
でもなんだかクセになり?虹郎くんっていいですね。
切なくて泣けます。
にじおくんかわいい
あかりちゃんかわいい
切ない、、、すごい好きな物語、、、
最後切ないな、、、、人にオススメしたい、、、、
忘れないと誓って頑張る主人公と彼を想うヒロインの姿が切ない。
ファンタジー青春映画。
設定を受け入れて観るとホロリと泣けます。
ほろ苦い、切ない恋愛模様が私は心が掴まれました。
キャストが今後注目されていくであろう2人なのもポイント。

切ないな〜もどかしいな〜どうしたらいいんだろうな〜
kimitoeiga

kimitoeigaの感想・評価

3.4
設定があやふやなところがあるけど主題はそこじゃないんだろうな
嫌味がない切なさ 悲しいけど主人公たちが爽やかで何回でも見れそうだな
marina

marinaの感想・評価

3.6

自分に関する記憶だけが抜け落ちていく
ってすごくすごく悲しい。

スマホの動画の回想シーンが
とても良いです。

切なくて、綺麗な映画。
ゆう

ゆうの感想・評価

4.0
作中の早見あかりは「半透明人間」という表現が最もふさわしい。
村上虹郎の素朴さも良い。

ストーリーもユニーク
面白かった!
ysety

ysetyの感想・評価

3.0
主役の2人目的。
設定もストーリーもちぐはぐさを突っ込まなければ、単純にすきと思える。

忘れちゃうってことがなくても、高校生くらいの年齢できちんと恋愛できるひとたちは少ないだろうから、納得。
Teru

Teruの感想・評価

4.4
誰かに忘れられる怖さでいっぱいな映画だった。早見あかりの間のあるところでなんとも言えない悲しそうな顔が魅力的。
アキラ

アキラの感想・評価

1.0
出会った人がその存在を忘れてしまうという病気?の彼女。その存在を忘れないようと誓った主人公。
設定がファンタジーすぎて感情移入できないのと、主役の二人の演技が下手すぎて観るのが苦痛。
>|