忘れないと誓ったぼくがいたの作品情報・感想・評価

忘れないと誓ったぼくがいた2015年製作の映画)

上映日:2015年03月28日

製作国:

3.6

あらすじ

たとえ忘れてしまうとしても、この一瞬を胸に焼き付けたい。驚きのエンディング、溢れ出す涙が止まらない。大学受験を控えた平凡な高校三年生・葉山タカシの前にふと現れた少女・織部あずさ。タカシはあずさに一目惚れしデートを重ねてゆくが、ある時、あずさはタカシに不思議な告白をする。「私に会った人たちは全員、数時間後には私の記憶が消えているの。ただ理由もなく私のことだけが記憶から消えているの」と。そんな馬鹿げ…

たとえ忘れてしまうとしても、この一瞬を胸に焼き付けたい。驚きのエンディング、溢れ出す涙が止まらない。大学受験を控えた平凡な高校三年生・葉山タカシの前にふと現れた少女・織部あずさ。タカシはあずさに一目惚れしデートを重ねてゆくが、ある時、あずさはタカシに不思議な告白をする。「私に会った人たちは全員、数時間後には私の記憶が消えているの。ただ理由もなく私のことだけが記憶から消えているの」と。そんな馬鹿げた話を信じるはずもないタカシだったが、ふとしたときに、あずさのことを忘れていることに気づく。昨日、自分は誰と会っていたのか?今日これからデートする相手は果たして誰だったか・・。あずさと会った日の出来事や、デートの約束などを細かくメモに書き留め、自分だけは絶対あずさを忘れないと奮闘するタカシだったが・・・。

「忘れないと誓ったぼくがいた」に投稿された感想・評価

流れはベタなんだけど、まさかのバッドエンド?っぽく。
最後のカットは切な過ぎますわー
sarinuhe

sarinuheの感想・評価

3.5
すごく衝撃の走った作品。
でも、こうゆうの好きだなぁと。
みんなにもぜひ観てほしいと言いたくなる映画だった。
asu69

asu69の感想・評価

4.8
基本:映画

思考:必要

時間: 価値有り

※こういう映画こそ観て欲しい。
Techno9012

Techno9012の感想・評価

3.2
オチは読めるけど、エンディング曲の良さで余韻に浸れたのでよし◎
マミ

マミの感想・評価

3.8
切なすぎる

主演の2人が初々しくていい

偶然にかけてみたい
でも、ちょっとの努力は必要。。

お互いにすごく努力してた
それを知ってあずさは余計辛くなったよね、、

ほんと叫びたくなるくらい!切ない!
タイトルがすごく好き。
miney

mineyの感想・評価

4.4
恋愛映画の中でも好きな作品
切なくて綺麗!
夏

夏の感想・評価

3.6

何回見ても好きな映画。
ただ、、、ただ、、、、
早見あかりの演技がオーバー過ぎるっ。。。
監督の指示だとしてもなんかクサすぎる。

でも、虹郎といいあかりちゃんといい
透明感がすごいよね。可愛い。

壁一面のあずさへの愛は泣ける〜
【2017/134】
moe

moeの感想・評価

3.6
わりと良い。切なすぎ
主演の2人がかわいい
今年、49本目

始めはお化けモノかと思ってたけど、普通に存在が忘れられてしまうという設定だったのね。

完全に早見あかり目当てで観たもんなんでストーリーはまぁいっかってくらいですか。

スコアはこのくらい。
けいこ

けいこの感想・評価

2.2
開始早々流れがわかり、冷めた目で観てたので、いろんな矛盾が気になってしょうがなかった。主人公の男の子、UAの息子だったんだ。
>|