子ぎつねヘレンの作品情報・感想・評価

「子ぎつねヘレン」に投稿された感想・評価

小さい時に一人で(親となぜか別々の席になった笑)観て、泣いた記憶…
sara

saraの感想・評価

2.0
♕映画記録
映画の内容はそこまでハッキリとは覚えていないが、わりとむちゃな感があったような気がした。
原作本はノンフィクションで自然、野生、人間、あるべき距離感など厳しくかつ美しくヘレンの一生が綴ってあって大好きでした。
ぽっぽ

ぽっぽの感想・評価

5.0
小学校のとき友達と映画館でみた!レミオロメンの太陽の下聴きながら泣いてたな〜(T . T)
レミオロメンの唄いいね。
ヘレンちゃんも可愛いですね。
以上です。
かなこ

かなこの感想・評価

3.3
エンドロールで号泣した思い出

とってもハートフルだった!
産まれて初めて映画館に行った時
6歳だった 映像の断片しか覚えてない
主人公が独善的
子供だからしょうがない、といいたいところですが、欠点のはずの無知な強引さで何度も事態が好転していくので、美点のようになっているのがちょっと都合よすぎるかなと感じます
基本的に自分流を貫いていただけにしか見えないので成長していく、という感じでもないですしね
あと隙あらば感傷的な音楽を突っ込んでくるのが「いいシーンでしょ?」とイメージを押し付けられてる感じがして私は拒否反応が出ました
ちょっと前にNHKでやっていた奇跡の人というドラマの方が同じテーマをより誠実に語っていました
なにわ

なにわの感想・評価

1.0
こんな映画の為に弄くり回される狐が不憫。
子役の笑顔がきつい。
引きつってるようにしか見えへん。
初めて姉と観に行った映画。姉は全く泣いていなかったけど、私は服もズボンも濡らして、姉にぶち怒られた。
sou

souの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

レミオロメンって本当にいい歌詞書くんですけど解散しちゃったのが惜しまれます。

ヘレンとロッシュと小林涼子が可愛いだけの映画でした。
主人公の太一の空想がくどいし子供といえど身勝手で好きになれませんでした。
「何が必要かはヘレンと僕が決める!」っつってたけどヘレンに選択肢与えてすら無い上にロッシュ放ったらかしにして先生に襲い掛かったシーンは唖然としました。
太一消して獣医の親子主人公にするか原作通り作者である獣医師夫婦を主人公にすれば良かったのになぁと思いました。
事あるごとにチャラララランって感動系のピアノの旋律が流れ出すのもくどくて嫌でした。
ただ本当にヘレンが可愛い。それだけです。
>|