お葬式のネタバレレビュー・内容・結末

『お葬式』に投稿されたネタバレ・内容・結末

東京から検診して何もわるいところがないと言われてご機嫌で帰ってきた夫。
酒に鰻にアボカド。長く生きねばと妾とか作ってと冗談まで女房に言っていたが、夕食後異変。
胸の苦しさ治らず病院へ。そのまま家へ帰…

>>続きを読む

数年前に故郷のおじいちゃんが亡くなったのでその時のお葬式の雰囲気が思い起こされました。送る側と送られる側。誰しもが避けて通れないのがお葬式で親族が亡くなった悲しみと親戚が一堂に介する行事でもあるので…

>>続きを読む

本当に面白かった。
ストーリーは"お葬式あるある"とか普通の日常のあるある面白くうつされていたし、映像としても最初のきく江と信吉の食事のシーン、雨の中運転する車同士でカツサンドを渡すところ、侘助と良…

>>続きを読む
観たなぁ、これ、これもえっちぃなあシーンがあるよねぇ、コーフンするよねぇ。
葬式コメディ。
特にこれといった盛上がりは無く、いつの間にか終った感じ。
お葬式を映画の主題として取り上げた伊丹十三はすごい。日本式の葬式だから海外の人からみても面白いかもしれないし、貴重と思う。僕は、死んだ人からみたらどうなっているかのカットが斬新に感じられて面白かった。

第8回日本アカデミー賞受賞作。
家族が亡くなるやいなや、悲しみの中、粛々と準備を進めなければならないお葬式。
とりわけ喪主の心労は計り知れない。
本作では、誰もが慌て、戸惑いながらも葬式を執り行なう…

>>続きを読む

...................................................................................................…

>>続きを読む

自然で不自然で、あるあるっていう不思議な面白さの群像劇
結果的に人というものが愛おしくなる
まさに伊丹十三ワールド

山崎努が自然やけど自然じゃない、ふざけてないのにふざけてる感じ好き過ぎる

謎の…

>>続きを読む

完全に動きをシンクロさせるナースと黄色いレインコートを着た親戚達。行ったり来たりを繰り返す亡くなった父親、大滝秀治演じるおじさん、丸太にのる妻と夫と愛人のアレコレ(『北北西~』を思い出す)。死者の視…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事