おくりびとの作品情報・感想・評価・動画配信

おくりびと2008年製作の映画)

Departures

上映日:2008年09月13日

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「おくりびと」に投稿された感想・評価

おぐ

おぐの感想・評価

4.1
納棺師の厳粛な振る舞い、死生観、東北の寒村の四季描写、音楽、どれも美しかった。
ただ奥さんが所々で急に心無いことを言うので、人物描写にやや違和感を覚えてしまった。
Lulu

Luluの感想・評価

5.0
重厚感と繊細さを兼ね備えた、死と愛の作品...劇伴もまさにそうで美しかった
もし劇場で見られたならスタンディングオベーションしていたかもしれない...
せら

せらの感想・評価

4.1
私も初めては、夏場、二週間前に亡くなった人だった。

カレンダーに書いてある明日の予定や、毎日測っていた血圧の記録など、生きようとしていた痕跡を見ると、心が締め付けられてしまう。
私は、「遺体に慣れる」ことはこれからも絶対に出来ないんだろうな。

このレビューはネタバレを含みます


今回は作品ではなく久石譲の楽曲目当てに視聴。
最初は思った以上にコミカルな場面もあり、予想より楽しんで見れたが、途中、身近な人からの納棺師への差別発言や理不尽な発言に胸が痛みました。

個人的にはこの仕事は人が最後まで人として逝けるための尊い仕事だと思いますが、死を不浄のものという考えを持つ人がいるところもリアルに描かれていました。

印象的だったのは、納棺のお仕事をした後、生を感じるシーンが入っていたことです。(干し柿を食べる、生きてる鳥を映す等)
死と生は表裏一体。
死に触れれば触れるほど生を強く感じるものなのかもしれませんね。

後この映画で1番良かったのが石文のシーン。
初めて石文というものを知りましたがステキな文化だなと思いました。


言うまでもなく久石譲の曲は素晴らしく、納棺師の仕事の尊さ、
この映画の厳か、柔らかな雰囲気を引き立てていたと思いました。
こばこ

こばこの感想・評価

5.0
途中から号泣してしまった…
大事な身内を亡くしている方も、まだ誰も亡くしたことがない方もとても刺さる作品だと思う
死は誰にでも訪れるし、自分自身もまたいつかは見送られる側になるから
こんなふうに丁寧に送ってもらえて、誰かに少しでも死を悼んで貰えたらそれは嬉しいことだなあと思いました
10年前?という時代のせいか最初偏見が酷いのは気になった😂
音楽も美しい🙏エンドロールの久石譲さんの名前を見て納得
2022年65作目

しっとりとしたいい映画だな。山崎努の存在感がすごい。あと、広末の可愛さは正義だな。
neroli

neroliの感想・評価

4.2
■「納棺師」、故人の人生を振り返る仕事■ 
 
 
当時、映画館で見た映画〜🎬
 
確か、当時も涙した映画だったけど、今でも泣けるな〜涙
 
 
『人の死』に向き合う仕事というのは、
その人の人生を振り返る作業を要する。
 
 
「この人はこういう人だった、こういう人生を歩んだ。」
「こういうことが好きだった。」
 
そういう故人について様々なエピソードを伺いながら、納棺をする。
 
親族のイメージに合った最期に仕上げ、送り出す。
 
 
 
 
■最後は、父親の人生の受け入れを行う■
 
 
最後のシーンでは、実父の納棺を行う。
 
主人公の両親は離婚して、父親の記憶はなかった。
 
 
父親の納棺をすることで、主人公の気持ちの整理を行った。
 
父親は父親の事情があったとして、父親の人生を受け入れることができた。
 

 

■もっくん出演の映画は大好きだ〜🎬■
 
 
私は、もっくんファミリーが出てくる映画が大好きです〜♡
 
もっくんのオムツシーンは笑える〜笑
 

後、チェロの演奏がとってもいいですね〜♪
音楽演奏を伴う映画が大好きです〜
 
 
アカデミー賞外国語映画賞でも話題に〜
 
笑いあり、涙ありで大好きな映画です〜🎬
 
 
素直に良い映画でした。
笹野さんの演技が沁みるんだわ。

納棺師を呼んで、時間をかけて亡くなった方を清めることはもちろん故人への感謝の面もあるのだけれど、それに加え、死は死者にとっても生者にとってもそこで終わりじゃないことを逆側から示してるようにも思えました。

13年前の映画ですけど、当時は作中描かれるような偏見ってあったんですかね、今の感覚で見ると死に接する職業に対する偏見っていまいちピンと来ないから、社会がフラットになったのかそれとも田舎にはあるもんなのだろうか…そこは今見た感想としては浮かんでくる。

納棺師 転職  検索
尊い仕事やと思う。

仕事ってだけでは、なかなかできんと思う。
人の生き死にをテーマに、生きるとは何かを見つめ直すきっかけに出来る作品。
映画化に漕ぎ着けた本木さんの熱意感じる演技には心打たれた。

今見直すと、妻役の広末涼子さんも日本人らしい芯のある女性で良かったですね。
余貴美子さん、山崎努さん、吉行和子さん、笹野高史さんら、ベテラン俳優陣の脇固めも豪華でしたね。
中でも山崎努さん!セリフ少ないのに、雰囲気で持っていくし、本木さん演じる主人公・小林を導く父親みたいな姿は見事!

様々な描写が丁寧で、かつ心に残る優しさあり。脚本は小山薫堂さん。WOWOWの【W座からの招待状】の方か。今になって知り、納得。私はあの人好きだな〜。

滝田洋二郎監督も凄いのだろうけど、本木さんあっての作品でしょう。
チェロの音色と景色や心情がマッチしている!

地元山形が舞台だが、こちらは海側の庄内であり、私の故郷である内陸とは言葉も文化も異なる。上映時、大変話題になったが地元ではそれほど騒がれなかったのを覚えている。
庄内にもたまに行くが、この雰囲気まんまですので、知らない方は是非映画を観てから立ち寄って頂きたい。
>|

あなたにおすすめの記事