おくりびとの作品情報・感想・評価

「おくりびと」に投稿された感想・評価

 最後の別れは美しい姿にしてあげる
素晴らしいことだと感じました。別れとは何なのか考えさせられる、良い作品だと思います。
きょん

きょんの感想・評価

4.1
何度観てもいいと思える作品。ただ、広末涼子の演技がイマイチ。
留学中に現地の映画祭でこれが上映されていたが、観客が終始爆笑するほど、シリアスな中にもコメディ要素がある
chil

chilの感想・評価

3.6
悪い意味で広末涼子が可愛いすぎて前半ほぼ広末になっていたような気がする。あざとい。
葬儀屋の3人はそういう無関係なところで引っ張られることなく役ととても合っていたように思う。
納棺師が虐げられる価値観と、息子を置いてきた彼女のくだりに違和感が残ったが、他は概ね良かった。
崩壊

崩壊の感想・評価

3.7
実に日本の映画らしい。納棺師という仕事や人の最期の在り方など、考えさせられる映画でした(^○^)
月猫

月猫の感想・評価

3.6
この作品をみて、納棺師になりたいと、改めて感じた作品だった!!!

素晴らしい作品!!
2018.7.13
自宅PCにて鑑賞

滝田監督の『ラストレシピ』同様、中盤からひたすら泣き続けていた。
脚本はずっとベタで何が起きるか分かってしまうのが辛いが、確実に泣かせるためのベタなので新鮮味が無くても成立している。

撮り方は様式美的だが凝られた構図が多くあまり飽きる事が無い。

主題はJapanese funeralであり、それ以外にも多宗教感や日本料理といった日本文化を数多く登場させ、日本独自の空気感をきちんと描く作品が海外で賞を取るのだろう。


昨日、自分を応援してくれていた方の突然の訃報を聞いた。
まだ働き盛りで、丁度自分のことを子供のように思ってくれていたのだと思う。
自分の感情の整理は未だについていない。
ただ、応援してくれていた分だけもっと人生に誠実に生きていくことを、その人に誓いたい。
すす

すすの感想・評価

4.1
石文の件は反則。やはり本木雅弘は表情で泣かせにくるし、山崎努も存在感たっぷり。嫁に関しては正直腑に落ちない部分がないでもないというか、嫌なリアリティでした。
広末涼子美人やなあ
ふつうに泣いた

おっちゃんの将棋ぃ...
この奥さん子供できてなかったら戻って来なかったと思うし後味悪い。納棺師は汚らわしいと罵った後にちゃっかり帰ってきて、私がいないとあなたはダメね、とかゲロ出そうだった。
妻

妻の感想・評価

4.8
図書館のスクリーンで観るという珍しいシチュエーションで鑑賞。
全てが完璧な映画だった。山形県民として見たことなかったの恥かしい。そりゃ映画村もできるわ。
奥さんと友人の謝罪のシーンは欲しかったなぁなんて。
邦画も捨てたもんじゃないな。
>|