ターミネーター3の作品情報・感想・評価

ターミネーター32003年製作の映画)

TERMINATOR 3: RISE OF THE MACHINES

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.2

「ターミネーター3」に投稿された感想・評価

酷い映画
ラストが?で終わるしアクションも良くない。
ジョンコナーが全然かっこよくない
Akira

Akiraの感想・評価

1.0
範馬勇次郎の御言葉を借りると
上等な料理にハチミツをぶちまけるが如き映画ですな。
映画墓場行き決定!いつの日かまた!
chiho

chihoの感想・評価

4.0
駄作駄作と言われてるけど、
別に普通に面白かったよ!!

ターミネーター2でスカイネットを
完全阻止できたと思っていたけど、
さらに強いターミネーターT-Xって言う
女ターミネーターが今作には出てきて、
今や目的はスカイネットは阻止することではなく
いかにどうやってこの世界で
生き延びるかっていうストーリーだった!

なんかターミネーター2で完結しても
もちろん良かったと思うんだけど、
ここからだなとも思わせてくれる展開でもあったと思う!

でもやっぱり言いたいことは色々あって
まずジョン・コナー急に頼りないし、
突然のケイト・ブリュースターだし、
突然のサラコナーの病死だし、
その辺描いて欲しかった笑

でもこれはこれでありだなと!
結局審判の日は来てしまって、
審判の日で終わるってラストだから
これはもう次作見ないといけない。
1.2に比べるとグッと勢いが落ちてしまう。「エイリアン」シリーズでもこんな気持ちになったなぁ。
なんだろう、1.2で描かれていた"大きな物語"に対して、3はスケールが小さいというのがまず気になった。そして、致命的なのはどのキャラにも感情移入できない点。コナーは少年のあの頃が嘘のようにダメ人間っぽくなってるし、ヒロインはきゃあきゃあうるさいし、肝心のシュワちゃんも2より冷血漢にリデザインされている。これじゃあどのキャラを好きになればいいのか分からない。ただ、女ターミネーターはカッコよくて良かったです。

と、悪い点をつらつら書きましたが、アクションの派手さは健在。前作と比べなければ普通に面白い映画だったと思います。続編を匂わせる終わり方をしましたが、さあどうなる…
Masato

Masatoの感想・評価

2.2
2のレビューに「3は蛇足」と書いたものの
ずいぶん前の鑑賞だったので確認の意味もこめて再視聴

改めて、、、
やっぱり蛇足だった 笑

まず、
ジョンとケイトに華がない
特にジョンは前作でのイメージが皆無とか残念すぎる、、、

そして
シュワさんの扱いが軽い
多弁でB級感あふれる、、1と2で培ったイメージだいなし

さらに
T-Xが強いのか弱いのかよくわからん
2のT-1000は圧倒的な能力差を感じたんだけど
女性型という特徴だけでなんか雑、、、

他にも
前作にかぶせてるネタが多いけど、多すぎ雑すぎで
リスペクトどころかパロディとして小馬鹿にしているようにしか見えない

映像も前作から10年以上たって、
重厚感もリアリティも劣るとか制作費削りすぎだろ、、

最後のオチは嫌いじゃないんだけどね
(がんばって探した良点はこれくらい)

つーか、監督をはじめキャストも断られまくって
よくもまあ製作に至ったよな、、その努力は認めるかな、、
審判の日の前日を描いた作品です。
正直2から続編を作る必要は無かったと思うけど、これはこれで楽しめました。

シュワちゃんが明らかに老けてきて笑える。1、2でI’ll be backだったのが今作でI’m backと言ってたり、サラの格言である[There is no fate but what we make]で締めてるあたり、未来の話から現在に近づいてきている。
現に、少しずつ機械に依存している世界を描いている。
kyo

kyoの感想・評価

3.2
マンガ 木根さんのひとりキネマで紹介があったので、鑑賞してみた。
アイルビーバックの彼は約束を守って帰ってきてくれた!
面白いー!!ってほどではないけど、まぁ続編として観らず嫌いせずに観て良かったかなーレベル。アンドロイド同士の戦いは、ギャグかなってくらい面白い!
ターミネーター2の時の記憶がなくなってるのやはり悲しい。液体金属は女の人じゃない方が様になってる
あまりにも旧型ターミネーター(シュワちゃん)が弱すぎて、もう観るに耐えられなかった……
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.3
核兵器管理システムのスカイネットが自らの意志を持ち人類を滅ぼす“審判の日”を、見事阻止してから10年たったジョン(ニック・スタール)は、新たな人生の目的を模索するように放浪生活を送っていた。そんな時、究極のターミネーター、T-X(クリスタナ・ローケン)が未来から送られてきてリストにある人物の命を次々と狙う。未来のスカイネットはやはり存在し、“審判の日”は先延ばしにされただけだったのだ。ジョンのもとに、かつて自分と母を救ってくれたターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)が現われ、ジョン、そして彼の妻になる運命だという獣医助手のケイト(クレア・デーンズ)を守る。やがて彼らは、唯一スカイネットの暴走を止められる米空軍に勤めるケイトの父ロバート(デイヴィッド・アンドリュース)がT-Xの暗殺ターゲットになっていると知り、それを止めに向かうが、ロバートは殺害される。ジョンとケイトは彼の代わりにスカイネットを止めようとするが、ターミネーターが二人を無事に運んだのは、政府要人用の核シェルター。まもなく“審判の日”は起こり、ジョンとケイトはその後の世界で生きていくことを強く決意するのだった。
「ターミネーター」シリーズ第3作。
前2作の評価が高いし、シュワルツェネッガー演じるターミネーターが男性ストリップクラブに乱入して客にキャーキャー言われながらストリッパーから服を奪う前作オマージュシーンは悲しいほど笑えないなど欠点がある。
だが、「審判の日」は先延ばしされたに過ぎないという絶望感、旧型ターミネーターと液体金属ターミネーターT-200のハイブリッド型ターミネーターT-Xの火炎放射機やプラズマキャノンなどを内蔵した無敵な恐ろしさ、「審判の日」がどのように起こるかしっかり描かれているし、消防車やパトカーが横転しまくりの生々しいカーチェイス、旧型ターミネーターとハイブリッド型ターミネーターT-Xのガチガチの肉弾戦と銃撃戦、ドローン型ターミネーターや戦車型ターミネーターとのバトル、「シュワルツェネッガー主義」がヒットした今再評価しても良いのではと思える「ターミネーター」シリーズ第3作。
>|