ターミネーター:新起動/ジェニシスの作品情報・感想・評価

ターミネーター:新起動/ジェニシス2015年製作の映画)

Terminator Genisys

上映日:2015年07月10日

製作国:

上映時間:126分

3.4

あらすじ

自我に目覚めた人工知能〈ジェニシス〉が起動すれば、人類は滅亡する。その"審判の日"が目前に迫っていた。〈人類の未来〉を取り戻すには、何者かによって〈書き換えられた過去〉に戻って戦うしかない。運命の鍵を握るのは女戦士サラ・コナーと、〈絶対に彼女を守る〉ことをプログラムされたT-800ターミネーター。人類滅亡のカウントダウンが迫るなか、T-800ターミネーターはサラを守り抜き"審判の日"を止めること…

自我に目覚めた人工知能〈ジェニシス〉が起動すれば、人類は滅亡する。その"審判の日"が目前に迫っていた。〈人類の未来〉を取り戻すには、何者かによって〈書き換えられた過去〉に戻って戦うしかない。運命の鍵を握るのは女戦士サラ・コナーと、〈絶対に彼女を守る〉ことをプログラムされたT-800ターミネーター。人類滅亡のカウントダウンが迫るなか、T-800ターミネーターはサラを守り抜き"審判の日"を止めることが出来るのか。ふたりの前に立ちはだかる人間でも機械でもない第3の存在──最新最驚のT-3000ターミネーターの正体は?未来を取り戻すための、〈時空を超えた〉ふたりの戦いの行方は?そして、人類の救世主は一体誰なのか?

「ターミネーター:新起動/ジェニシス」に投稿された感想・評価

yun

yunの感想・評価

3.5
ちょっと感動して泣きそうになった。爆

“人間と同じで、時が経てば皮膚組織も劣化する”って。。
おいおい設定(笑)だけど、「おじさん」と呼ばれ続ける初老のターミネーターが健気にサラを守ろうと身を呈してがんばりまくってる姿にはウルッとくる。
機械ゆえ、そうプログラムされているのだから当然の行いなのだけど。

二人がタイムトリップして2017年に現れるまで、時空転移装置を使えないターミネーターである「おじさん」は、秘密基地に武器を溜めこみ、そこにサラの私物と写真を飾って待っていた。

サラが機械であるターミネーターT-800を「おじさん」と、人間じみた呼び方をするのも、サラが特別な感情を持っている表れでなのではないかと思。


シュワちゃん、12年ぶりのターミネーター。
あの頃は若かった。(私も)
Ren

Renの感想・評価

3.0
過去作のオマージュを上手く取り入れているが見どころがそれぐらいしか見当たらない。話も無理に複雑にした感じで好きになれなかった。
SHIMIZU

SHIMIZUの感想・評価

4.2
ターミネーター・シリーズ最新作にしてリブート作品

サラ・コナーとカイル・リースがとにかく美男美女で作品を盛り上げました。

ターミネーターもやっぱりシュワちゃんにしかできないなと感じる作品でした(笑)
1の再現がよかった。サラコナーは少し似てるけどカイルは似てない。おもしろかった。
え?面白いじゃん!
エミリア・クラークかわいいじゃん!
いや、面白かったよ?
ファンサービス満載だっだからかな
うーん。やっぱりオリジナルの1、2はどうやっても超えられないのはしょうがないかな。
シュワちゃんの「I'll be back」が聞けたのは良かったです。
「1」の冒頭シーンを完璧に再現してて嬉しかったし、映画自体は面白かった。
しかし、あの展開は絶対やってはいけない。
くくれ

くくれの感想・評価

5.0
今、この時代に子供の頃大好きだった英雄の帰還、そして今も尚健在である事、運命ではなく自由意志なのだという事を改めて提示してくれた作品。

過去作のファンが喜ぶようなシーンや台詞が大量に入っており、その使い方が絶妙。同じシーンでも全く違うモノを観ているかのような独特の緊張感を味わえるのが見所。

二次創作的な雰囲気は否めないものの、作品愛は存分に詰まっており、初見時は食い入るようにして観ていた。エンドロールでお馴染みのテーマ曲が流れ、不意に涙を流しかけた。

やはり、自分はつくづく感じる。ターミネーターが、大好きなんだと。
あべま

あべまの感想・評価

3.0
ターミネーターってコンテンツに頼りすぎでは。
ストーリーの無理矢理感がすごい。
なぜだろう映像技術は遥かに上がってるはずなのに昔のやつよりチープに見える。
シュワちゃんが頑張ってるのだけ褒められるね。
やーせ

やーせの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

まあ個人的にはまあまあ楽しめたけど、中盤になってから急に失速してしまった。
シュワちゃんも、なぜかパワーアップするも、意味不明。
>|