ルー=ガルーの作品情報・感想・評価

「ルー=ガルー」に投稿された感想・評価

青二歳

青二歳の感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

原作京極夏彦のアニメーション化。"いびつなディストピアに対峙することになった少女たち"という話は悪くないが、天才ハッカー(兼天才エンジニア)少女はともかく、目覚めちゃった天性のアサシン少女がメンバーにいるのはさすがに御都合主義が過ぎる。格闘能力に秀でたカンフー少女までがギリ許される範囲だと思いますよ…

【おはなし】すべての食品が合成品でできた社会。「信じ難いことに、昔は生き物を殺して食べていたらしい」という少女。
この30年でヒトはすべて端末で繋がり、リアルでのコミュニケーションは希薄になっている。端末で管理された監視社会らしい。そして昔を知らない少女たちはその世界のいびつさを知る事もなく暮らしている。
ある殺人事件に巻き込まれたことから、少女たちは自分たちの生きる社会のおかしさに気づいて行く…

割にベタなSF設定だし、核心に迫るのが少女たちというのもまぁオーソドックス。
しかし話がカニバリズムに進んでいくとは…ならばもう少しこの世界での“食”について描くべきだったのでは。監視社会の方がメインになってるけど、監視社会というよりこれは管理された牧場だからなぁ…せっかくのトンデモな真相が唐突過ぎてハテナ?でした…
京極先生の本は映画化に恵まれてませんねぇ……
takahiro

takahiroの感想・評価

1.8
結構内容が分かりずらい、感情移入しずらい映画だった笑
SCANDALが唯一救いだった笑
たぶんもうフルでは観ないだろう😔
nishi314

nishi314の感想・評価

3.3
よくわからないところも多々ありましたがまあ普通でした。
キャラクターのほとんどが目が死んでいてすごい元気なキャラとかいるのにそいつでさえ目が死んでるからなんか不気味な感じがしました笑
名作だと思います。
ストーリーや世界観もそうですが、あの分厚い原作を1時間半強の尺に収めきったのは、すごいの一言です……
原作では、映画で描かれていないエピソードも数多くありますし、何より続編がありますので、どちらかといえば映画を観てから原作を読んだ方が楽しい作品だと感じました。
続編も映像化されてほしいものです。
N

Nの感想・評価

2.5
記録程度。あまり覚えてないってことは多分そんなに印象に残らなかったんだと
ELTTOB2

ELTTOB2の感想・評価

2.0
うーん、なんだかなぁ…っていう感想しかない。
設定もあんまり活かせていないというか、この世界観じゃないほうが良かったんじゃないか…?
作画が生きてない。サイエンスフィクションなので設定が盛り盛り、補う説明セリフが長い。

このレビューはネタバレを含みます

「昔、狼というけだものがいたそうだ。でも、狼はーー絶滅した。そういうことになっている」
印象的でこの映画を表している終わり方だと思う。最後のこの部分がなかったら、もっと点は低いと思う。
正直、微妙な映画だ。作画のクオリティも低いし、出てくるキャラクターに人間臭さが感じられないし、世界観の説明が足りてなくて、よくわからないまま話が進む。管理され監視された社会で、絶滅したはずの狼が、管理する側に噛み付く。その結果どうなったのか、社会はどう変わったのか全くわからない。そもそも、どんな社会システムになってるのかがよくわからない。政府は存在していないように思えるし、SVCという企業なのかよくわからない謎の組織によって、どこまでどのように管理されているのか。
少女たちとその周りの人物しか出てこないうえに、親もほとんど出てこない。所謂、セカイ系みたいな感じがする。社会が描かれず、世界そのものと戦いを挑み、一人のけだものの少女を犠牲にして、世界がどう変わったのかがよくわからないから微妙なんだと思う。
結局、連続殺人はカニバリズムの変態の仕業で、その人物を殺したところで彼が牛耳る組織は無くならず、データとしての息子が社会を管理し続けるってことなのか…
あまりによくわからないから、原作を読んでみたくなった。京極堂シリーズしか知らないけど、京極夏彦がこんな作品書いてるなんて信じられない。
何となく西尾維新っぽい。ルー・ガルーって、零崎なんじゃねえのって思った笑
まいこ

まいこの感想・評価

3.4
いい加減家にある原作を読もうと決めました。

面白かったです!
>|