マラノーチェの作品情報・感想・評価

「マラノーチェ」に投稿された感想・評価

lani

laniの感想・評価

4.0
アメリカ白人男がメキシコ人の男の子に恋をしてしまう話。モノクロで描かれていて、明るい話ではないけど主人公の優しさだったり明るさがわかる。ラリークラークの写真集をみてるようで最高だった。
タカシ

タカシの感想・評価

3.8
犬になるシーン、前のセリフのdog's lifeに皮肉を感じて余計切なくなった
lily

lilyの感想・評価

-
オシャレだったなぁ、と。
特にエンドロールとか、音楽とか。
ウォンカーウァイみたい、とどなたかのコメントにあった言葉もしっくりとくるような。。。
momo

momoの感想・評価

3.9
EDが良い!!!(でも曲名がわからない…T . T)

この執拗なタッチだけど、荒削りな感じがすごい…潔くていいなあ。
今でこそ性別の話が整理されてきているけれど、この頃はまだわだかまりがありそう。

語り口がどことなくウォンカーウァイ。
落伍者

落伍者の感想・評価

2.0
メキシコ男と懇ろになりたいけれど上手くいかないアメリカ白人男。初め、やたら寄りで撮ってばかりで息苦しくなったが、次第にこなれてきたのか気にならなくなった。
若い少年に恋してしまったゲイの話。

全然明るい話ではなくて、退廃的で哀愁が漂う割には、主人公を含めて登場人物はポップに描かれている。

諦めた後の一周した明るさというか包容力というか、そういうものをこの映画からは感じる。

なんとも微笑ましくなってしまう1本で、異様にモノクロがかっこいい1本。評価としては3.6にしたけれど、かなりおすすめ。
MOJAPO

MOJAPOの感想・評価

4.8
あっけなく殺されちゃう儚さとユースの不安定な感情がリンクしてる気がする。

主人公の、愛情深いけど自分のやってることに対する罪悪感とか本当の愛じゃないことをわかってる薄幸感もツボ。
あとエンドロールも最高。

ガスヴァンサント天才かな?
ガス・ヴァン・サントの原点。主演俳優がどことなくグザヴィエ・ドランに似てた。
画面を覆うのは黒であり、そのなかで、かろうじて物体を捉えられる光当たり、写される。ガス・ヴァン・サントの初期作品で、カット割りから生み出されるスピード感とかガス・ヴァン・サントと言われなければ気づけないものだった。
かわら

かわらの感想・評価

4.0
カラーのカットは綺麗だったが補正された過去みたいで残酷だった。
>|