グッド・ウィル・ハンティング/旅立ちの作品情報・感想・評価・動画配信

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち1997年製作の映画)

Good Will Hunting

上映日:1998年03月07日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」に投稿された感想・評価

天才の心の葛藤を細かく丁寧に取り扱った作品。
あんまり作品という言葉は使いたくないのだけれど使わずにはいられないくらいの細やかさでした。

心の機微の扱いかたが上手。
そしてこれが90年代ムービーだとは思えない。
この手の心理描写は日本映画に変換しにくいのは何でだろうね?
環境なのかなぁ?

もしこれに近い心理描写が描かれている日本映画があったら是非教えて頂きたいです。
sixty

sixtyの感想・評価

4.0
ベンアフレックの最後の表情、何回でも見れるくらい気持ちよく清々しい!
大人と若い男性達の友情が溢れてて素敵でした
maaxa

maaxaの感想・評価

5.0
大切なものは何かを教えてくれる話* ̀⁽ᵕ̈⁾ ́ ̀⁽ᵕ̈⁾ ́*
さむ

さむの感想・評価

4.3
久々に観返してみた。

マットとベンの二人の雰囲気は実生活でも友人だから出せるもの。
大人からは裏切られてきたけど、ちゃんと自分のことを思ってくれる友達がいるなんて。悪ガキだけど、人を見る目はあったのかも。

ロビンはどんな役を演じても素敵。
教授の言葉は強くて厳しいけど、とても愛がある。
NAO

NAOの感想・評価

4.8
記録用
これはやっぱりヒューマンドラマとしてはグレードが高い。脚本などの注目度も多いが、やはり演出もグレードが高かった。特別捻くれている流れではないし王道だけどやっぱり見入っちゃいますね。どちらかというと戦隊ものを頭脳バージョンに置き換えた感じ。アメリカって数学の天才をけっこう敬うこと多いですね。本編は何でも天才という設定だけど。そして、数字の判断ははやくても人生の判断はなかなかできないというコントラストもわかりやすくていい感じでした。
ただ、あんな天才で実は虐待に里子とかって無理筋はちょっと時代のたまものかなと思うのと、はっきり清掃やド〇タの職業を見下していたクダりがあったりと違和感も感じるが、それも仕様だったのかな。
JUNI

JUNIの感想・評価

3.5
面白いんだけどいまいち盛り上がらない気がした
人生に
人として生きることに大切なのは

友達と先生

そして、家族だ

家族がなかったことで
苦しんだ彼は

自分の家族を作るために一歩踏み出した

友達と先生と家族

そこに、社会との関わりが生まれる

また、苦しむことがあるだろう

やがて自分が救われたことを知り

感謝がこころのドアを叩き

心の奥の何かが目覚める

その意味を知り人を救う人になるだろう
タカノ

タカノの感想・評価

4.4
すっごく良かった
いちいち人間関係良すぎ
>|