小説家を見つけたらの作品情報・感想・評価

「小説家を見つけたら」に投稿された感想・評価

みなさんが評価されているように、主人公たちの距離感が素晴らしかった。男同士、親と子のような、師匠と弟子など、様々な視点で距離感を意識してやりとりが見れる。

考えずにまず打て…という意味の台詞が、今の自分にはとても響いたこともあり、感情が入りやすい映画でした。

ただ、テンポがずっと同じなので、そのテンポ自体は心地よいスピードなんですが、どこかでもう少しテンポをあげてくれると。ちょっと長いなと感じてしまったのはその点かなと思いました。
ayumi

ayumiの感想・評価

3.5
ジャマールのウィリアムの関係性や距離感、またお互いの変化が面白かった。歳は離れているが友情が成立してて感動しました。
bug

bugの感想・評価

-
‪もし誰かに、一番好きな映画の登場人物を聞かれることがあったら、答えは永遠にジャマールだと思う。
スター

スターの感想・評価

4.0
良かったです。主人公は、ブロンクスに住む16歳の黒人少年ジャマール。彼はバスケの才能と勉強の成績を認められ、白人の多い学校に転校を勧められます。
ショーン・コネリーが天才作家を演じてますが、本当にそう見えるので驚きました。
key

keyの感想・評価

3.7
こぢんまりとした世界観の中、静かに流れるようなストーリーライン。淡々として哀愁のある雰囲気が物語ではなく、物語を紡ぐ側の人間達の物語である事によく絡み合ってる。物足りなさはあるけれど、退屈はしない。眠れない夜に見たい映画。
のん

のんの感想・評価

4.1
こういう物語に私は弱い
エンドロールのバスケしてる感じと曲も好き
sorahi

sorahiの感想・評価

3.0
「文章を書くときは、考えずに書くこと」

途中までは良かったんです。じーんと滲み入ってくる感じ。この映画の持つ雰囲気は好き。

でも一転。ヤンキースタジアムの場面で急にシラケてしまいました。フォレスターが筆を折った理由があんまりチープだったから。

挫折した若者を、年寄りの直接のアクションが救うっていうのもちょっと残念。若者自ら乗り越えるのを、黒子の立場で助けて欲しかった。

私は大体いつも、「他人への期待」が厳しすぎかも知れません。この映画が好きな方、辛口でごめんなさい。

「それが『スープの質問』?」
映画を意識的に観始めた頃に観て、地味だと思った記憶しかないのだけど、今観たらもう少し印象が変わるかもしれない。
JUN

JUNの感想・評価

4.0
作品の流れるスピードと漂う空気がグッド・ウィル・ハンティングと一緒。
終盤、フォレスターがクロフォードを出し抜いた場面にスカッとした。
マット・デイモンがちょい役なのには笑った。
2008/12/6
この作品から映画メモを取り始めたようだ。
(この頃は星(5点評価)だけ付けていた。)

いつかまた観るだろう。
>|