メル・ブルックス/逆転人生の作品情報・感想・評価

「メル・ブルックス/逆転人生」に投稿された感想・評価

HK

HKの感想・評価

3.5
珍しくパロディ抜き、かといって『メル・ブルックスの大脱走』のようなリメイク作品でもなく、純粋にオリジナル脚本のコメディ・ドラマ。
これまでの西部劇やSFやホラー作品、またはヒッチコックやロビン・フッドやなんかのパロディでもないオリジナルのコメディは、デビュー作『プロデューサーズ』以来かも?

メル・ブルックス扮する強欲な大企業の社長ボルトは、ライバルの大企業社長とスラム街の土地の所有権をめぐり賭けをします。
無一文でスラム街に放り出され30日間生き延びたらボルトの勝ち。
本当は大金持ちのボルトの浮浪者としてのサバイバル生活が始まります・・・

監督・製作・脚本(共同)はもちろん、今回もブルックス本人が堂々主役。
パロディ路線とは区別してか、ストーリーと直接絡まないベタなギャグや下ネタ控え目(?)
シチュエーションに既視感はあるものの、王道のコメディ路線ではあるような。
でもそこがブルックスのバカバカしさを期待する人にはちょっと物足りないかも。

キャストではボルトと行動を共にする浮浪者の女レスリー・アン・ウォーレンが魅力的。
この人、名前は聞いた事あるものの実はほとんど知りませんでしたが、歌手でもあるらしく、ブルックスお得意のミュージカル風パートがありながら、踊りだけでなぜ歌わないのかは不明。
ライバル会社の社長ジェフリー・ダンバーも観た顔ですがいい味を出してます。
音楽はいつものジョン・モリス。

で、観終わって似たようなシチュエーションのコメディあったよなあ、と昔TVで見た気がするエディ・マーフィの『大逆転』を思い出しました。
あれもたしか金持ちと貧乏人が入れ替わる話。
U-NEXTにあったので見比べてみることにします。
yuki

yukiの感想・評価

3.0
うーん…

内容的には面白かったんだけど古いからか最高!ってならなかった😣
神代

神代の感想・評価

3.0
好きな作品ではなかった。主人公は嫌な奴なんだけど、妙に子どもっぽい感じ。愛嬌があるって言えばそうなんだけど、何だか作品としてちぐはぐな印象を受けた。
子ども向け作品のようなわかりやすさと展開。
MarySue

MarySueの感想・評価

3.7
大富豪が土地を巡って1か月ホームレスとして過ごせるか賭けをする話。

ちょっと泣かせるような展開もあるけどコメディ映画らしくすぐに笑いに変えてくれるのは良かったです。

もう少し頑張ってくれたらもっと面白かったはず。不謹慎で笑えないギャグも多かったです。
犬

犬の感想・評価

3.5
ダンス

賭けに応じてスラム街で暮らすことになった大富豪の人生を描く

実際に体験することはいいことですね

ホームレス
貧しい人たちの暮らし
苦しいです

笑いもあり

仲間が印象的でした
今まで見た映画のリストを作っています。レビューは後で記述します。

このレビューはネタバレを含みます

スラム街に土地計画に情熱を注ぐ大富豪ボルトは
最大のライバルのバンスの提案により
互いに所有するスラム街の土地の賭けにでる。
その条件とは無一文でスラム街で30日間生きぬいたら
バンスの所有地を全て譲るというものだった。
地位や名誉も捨て、その賭けに乗ったボルトだったが…



  ☆ --------------------- ☆



          ネタバレになるので
  ↓  作品が気になる方は閲覧しない方がいいです。 ↓





無一文でスラム街に放り出された億万長者
路上生活者をお手本に
車の窓ふきをしたら汚し怒鳴られ
ダンス少年のマネをして
プライドをかなぐり捨て踊ってみても無視される。
「クレイジーっていいわよ、人が寄ってこない。」
元ダンサー女の一人芝居や
豪雨で流される段ボール箱を眺め
隣近所も流されていると話す浮浪者の仲間達。
金持ちなのに金持ちらしくないおバカな主人公の
重機でのとんちんかんな格闘
重機から血が出ているのは笑った。
皆、前向きで微笑ましいユーモア満載コメディ
たまにはこういう作品を観るのもいいね。
ザン

ザンの感想・評価

3.6
社長役でもホームレス役でもそれほど違和感を感じさせないのは彼の芸の幅とキャラクターのなせるわざか。もっと水戸黄門的結末でよかった。
TaeTae

TaeTaeの感想・評価

3.7
いきなりスラム街に馴染むメル・ブルックスの風体。身を寄せ合うホームレスたち。傲慢な富豪というよりもお人好しの人情家だから賭けに勝つことができた。
海に散骨シーンが特に笑えた。
1995年2月13日レンタル

メルブルックスはマルチな才能があって素晴らしい俳優だけどイマイチ良さがわからない。
>|

あなたにおすすめの記事