片目のジャックの作品情報・感想・評価・動画配信

「片目のジャック」に投稿された感想・評価

2020.9.27
マーロン・ブランドの監督作品とのこと。知らなかった。
全編に貫かれる、メキシコ人に対する優しい目線。
当初の予定通りキューブリックが撮っていたらこうはならなかったんじゃないか。

『狼少年ケン』の”片目のジャック”の元ネタだと聞いて、いつマーロン・ブランドが片目を負傷するのかと思っていたが、実際はメキシコ人を保護するふりをして従属化している悪役(カール・マルデン)の偽善を揶揄した台詞だった。
トランプ用語なのね。
yu

yuの感想・評価

3.0
マーロン・ブランド監督兼主演映画
西部劇71本目にして初めてお目にかかった俳優だと思ったけど、あの「地獄の黙示録」のカーツ大佐だったなんて信じられない笑
西部劇も出てたんですね

リオはビリー・ザ・キッドをモデルにしてるらしく、レジェンドも盛り込まれてる
ということはダッドはパット・ギャレット
スタンリー・キューブリックが監督でサム・ペキンパーが脚本の予定だったらしいのは割と知られてるみたい
キューブリックがディレクター版も観てみたかったな〜

というか2時間以上はせっかくのマーロンも見飽きちゃう!
しかも沼みたいなロマンスが昼ドラ感あり

アウトローが手使えなくなる系で言ったらマカロニのジャンゴにはインパクトは負けてしまう
それにアウトローの中でもアンチヒーロー要素なくて見方に困った
なんせジャックは「嘘」で生き延びてきたようなならず者だし
あとそれぞれのシーンと決闘がシュール笑 

one-eyed jacks の意味を知らなかったけど、意味が分かりにくい
期待しすぎた部分もあったかな
020/322作品目
□物 語 ★★★★★ ★
□配 役 ★★★★★ ★★
□演 出 ★★★★★ ★
・テ ン ポ ☆☆☆☆☆ ☆
・喜怒哀楽 ☆☆☆☆☆ ☆
・ドキドキ ☆☆☆☆☆ ☆
・雰 囲 気 ☆☆☆☆☆ ☆
・エンディング ☆☆☆☆☆ ☆
□映 像 ★★★★★ ★
□音 楽 ★★★★★ ★
マーロン・ブランド唯一の監督作品は西部劇。『ゴッドファーザー』や『地獄の黙示録』といった作品でしか見たことなかったですが、若い頃もやはりいい男。

銀行強盗をしたマーロン・ブランド演じるリオは相棒ダッドに裏切られ、盗んだもち金全部持ってかれた上に自身は捕まり5年間牢獄。
5年後に再会した時はダッドは保安官になり、結婚して娘もいる。その娘とリオが恋仲に落ち・・・。

5年振りに再会した2人が、お互いの本音を隠しながら気を遣ってる感じがなんとも言えない気持ちになりました。マーロンブランドの存在感はやっぱり凄いですね。

そんな悪い作品ではなかったですが、マーロンブランドはこれ以降監督をしていないようです。
そもそも緊急でやらざるを得なかったらしいし、監督をやりたいという気持ちはなかったんでしょうね。

このレビューはネタバレを含みます

最後、娘と一緒に逃げると思いきや、別々だった。娘の年齢も不詳で、異色の西部劇だった。
BS放送録画分を鑑賞

マーロン・ブランドが監督と主演を兼ねた西部劇

ドンパチよりもロマンス色多め。
特に盛り上がらないまま…
マーロン・ブランドはどうしても「ゴッドファーザー」の印象が強く、若い頃の作品をほとんど見たことなかった。

ボソボソと話すところは昔からか…
MiYA

MiYAの感想・評価

3.5
マーロン・ブランドが破格の存在感を見せる西部劇。わりと西部劇は苦手な方なんですけど、これは長尺にも関わらず退屈せずに見れました。

自分を裏切った仲間に復讐するという単純なストーリーと思わせて、ある女との出会いによって悪人に徹し切れなくなってしまった主人公の「ぶれ」が、この物語の展開を予想しづらくしていますね。脱獄のシーンやクライマックスの対決シーンなど、個々のシーンにも見所がありました。

ヒロインのメキシコ人女優のピナ・ペリサーが独特の存在感あって魅力的でした(他の声が低いのがまたよいです)。他の作品に出ていないの何故だろうと思って調べたら、若くして自殺されたようですね…。

まぁそれでも本作の最大の見所はマーロン・ブランドの破格のかっこよさ。痺れます。
Joe

Joeの感想・評価

4.0
長い映画と思ったけど、ストーリーは面白く皆んなの演技も上手いので見入ってしまった。マーロンブランドは海が似合った。
義理の娘役はピナ・ペリサー、盗んだ指輪をあげようとした娘役は、ミリアム・コロンかな?
落伍者

落伍者の感想・評価

3.5
石像のように無表情なマーロン・ブランドの脇に華奢なヒロインが立つと、途端に美女と野獣っぽく映えるから面白い。「欲望という名の電車」や「波止場」で共演し、余程世話になったか馬が合ったのか、因縁の相手としてカール・マルデンも出演。善人も悪人も演じられるおじさん俳優は貴重。