エクステの作品情報・感想・評価・動画配信

「エクステ」に投稿された感想・評価

kn

knの感想・評価

3.0
ちゃんとハサミ持ててる!!✂️えらい!

2度目の視聴
昔見た時は人身売買の組織に捕まるシーンがトラウマになって体調崩したな…
髪の毛奪われるのって今から人間じゃ無くなるよみたいな宣告に感じてめちゃくちゃ怖い
ベルの音も効果的に怖くて……

音量の上がり下がりが激しくてそれだけはストレス

ダイナミックな怪奇現象だなぁ〜
目の中に髪の毛が渦巻いてるの怖すぎる

おじさんが髪の毛に磔にされてる他では見られないマニアックなシーンもあるよ!
お暇なときにおすすめ
原案伊藤潤二かな?って系統のホラー
大杉漣が出てるシーンは全般狂気に支配されてていい感じ
面白いんだけど全体的にちょっと他要素が多くて間延びした印象の映画だった
この作品、なぜ評価低い?!

俺は楽しめました。
洋ホラーみたいに派手な演出とインパクトのある設定を活かしたジャパニーズホラーはなかなかない!!

ツッコミ所が多少あったとしてもそこは目をつぶりましょう。ホラー映画として怖さを味わえたかどうかで俺は判断してるのでこの評価です。

じわじわ怖がらせてくるシーンは少ないかもしれないけど、児童虐待や臓器売買という重くて暗いテーマをぶっ込みながら髪の毛がすごい勢いで不人々を襲うっていうのがたまらん。
髪の毛だけで怖がらせてくる映画は好き。

園子温らしいホラーワールドを
堪能できて幸せです。

ジワジワくる映画も良いがたまにはぶっ飛んだホラーも良いよ笑
鑑識の遺体安置室で働く
おっちゃんの副業は
髪のきれいな女性の遺体の髪を
採取して美容室に売ること!
ある時運び込まれたのは、
臓器売買のあと惨死したと思しき
髪の美しい女の子の遺体だったが
コイツの髪は少し様子がおかしく...

死体から髪モサモサ!
みたいなのが
やりたかっただけでしょ~
とは思うけど
くだらなくて結構面白かったよ

新人美容師とその与太者の姉、
その姉が日常的に虐待する娘、
みたいなサブのストーリーが
無駄にシッカリある。

不審者感1000%の
キモいレン・オオスギは
完全に底辺ピンク映画のノリ(笑)
ウケる!
   
2021.2.16
こっこ

こっこの感想・評価

3.0
気持ち悪くて最高!まみちゃんかわいい!
ヒロインの部屋と変態の部屋の装飾がとくによかった!
ポンポンとかビーズカーテンとかが、変態の部屋だと全部髪の毛になってる!
深く考えないでみると楽しいのかな!
空子

空子の感想・評価

2.5
やってみたいこと、実験的に試したいことを詰め込んだだけ!!という印象。

髪フェチおじさんの怪演や、髪の毛が襲ってくる気持ち悪さは良かってけど、正直それ"だけ"な作品。

ギャグとして見ては裏切られ、ホラーとして見ては裏切られの繰り返しで、終始どんなテンションで観ればいいのかわからないし、全体的にテンポも悪くて疲れる。
ゆ

ゆの感想・評価

1.5
髪の毛が勢いよく来るのが気持ち悪くて最高
何故だか伊藤潤二さんのマンガっぽい感じがした

でも、主人公達も襲われてもいいはずなのに
なんであの髪の毛の子に守られたのか不明
殺された人達はいい人じゃなかったからかなのか
いろいろ疑問は残ったけど
大杉連さんのあたおかっぷりが見れてまぁまぁおもしろかった
ゆん汰

ゆん汰の感想・評価

3.2
園子温監督がブレイクギリギリラインの作品。当時は『紀子の食卓』、『自殺サークル』と何かと話題性を持った独特な監督のイメージだったが、今作以降一気にグンと来たよね。『愛のむきだし』がターニングポイントではあるけど。

何故私もエクステきっかけで園監督を知り、後にファンになった1人でございます。
大杉漣のキャラクターやばかったなあ…不思議で異様な雰囲気を醸しつつも特筆して秀でた作品でないのが残念だけど、今ならもっと面白いエクステが作れそうだ。
る

るの感想・評価

-
ホラーか?
キモコメディってかんじ
髪の毛って生えてると綺麗だけど
抜けると汚いってそうゆうこと。

美容室で働いてるから大量の毛とか慣れてるけど
余裕でキモかった
港湾のコンテナから大量のヘアエクステンションの毛髪に紛れた少女の遺体が発見された。臓器売買の犠牲者と目され、遺体安置所に保管されるが、美しい髪の毛の虜になった管理人の山崎(大杉漣)に遺体ごと奪い去られてしまう。

新人ヘアスタイリストの優子(栗山千明)が友人と暮らす家に、優子の姉の子どもである幼い少女・マミ(佐藤未来)が転がり込んでくる。虐待の痕が痛々しいマミに同情した優子らは彼女を匿おうとする。

美容室を舞台にした不可解な殺人事件がニュースを騒がせるなか、山崎が上質の「エクステ」を手に、優子が勤めるヘアサロンに現れる…毛髪という身体の一部でありながら、同時に嫌悪の対象となる不気味な存在を取り上げたホラー作品。

ホラー演出に毛髪とはもはやテンプレートだが、毛量の凄まじさで押してくるのがとにかくキミが悪い。しかし、ストーリーが目にみえてご都合主義で、ディテールを疎かにする雑なつくりはいかがなものか。山崎のキャラクターづけも過剰気味で、肝心の怨念話と打ち消し合ってしまっている。全編見とおしたうえで、-★0.2。
>|