風の歌を聴けの作品情報・感想・評価

「風の歌を聴け」に投稿された感想・評価

神戸の街が懐かしいし今と変わらない。
これも懐かしさと今もある感覚と。

ATG大全集@シネ・ヌーヴォ
Taul

Taulの感想・評価

4.0
『風の歌を聴け』鑑賞。ATG大全集@シネ・ヌーヴォ。原作 村上春樹、監督 大森一樹。まだ新進気鋭だった巨匠二人の瑞々しい感性と、当時の風景や文化を伝える貴重な作品。個人的にも芦屋や神戸の思い出が蘇り、時代の風を感じられて憧れと懐かしさが。フィルムで見られて良かった。

『風の歌を聴け』村上、大森両氏は芦屋育ち。私も芦屋に住んでたことがあり、この本を読み「これあの場所では」と村上春樹に夢中に。大学はヒポクラテスたちみたいに京都で大森監督に親しみがあり、この映画に出会った。久しぶりに観ていろんな思いが込み上げる。ジェイズバーを探して歩き廻ったなあ。

『風の歌を聴け』
なお、芦屋や神戸のロケ地めぐり、村上、大森両氏の対談による神戸の映画館話など、貴重で詳しい東京紅團さんのWebページがあります。

「風の歌を聴け」を歩く
http://www.tokyo-kurenaidan.com/haruki-kaze1.htm

神戸の映画館を歩く
村上春樹と大森一樹の神戸を歩く
http://www.tokyo-kurenaidan.com/haruki-kobe-eiga1.htm
り

りの感想・評価

-
原作読んだことないけど村上春樹の小説っぽさがかなりあった あの双子の女の子めちゃくちゃいい女で見惚れてしまったなあ 鼠の映画の音楽ヒカシューなんだね 事故シーンで後ろに関学映ってたよ(母校)神戸の街並み見れてなんかうれしい気持ちになった
ATG特集初日の土曜日のトークショーでも言ってらっしゃったが、一にも二にも真行寺君枝であった。室井もよかったが。‬
‪村上春樹的なるものについては、少し考えたい。‬
‪幼少の思い出の地、西宮阪急スタジアムが映ってたし、それだけで余は満足、、、‬
Rie

Rieの感想・評価

3.0
村上春樹の初長編小説が原作。
鼠のエキセントリックさと、
この頃から個性を放つ若き室井滋、
ラジオを通して知る同級生とのこと、
あと後半シーンの 主人公と三人目の女がベッドで語り合うシーンが テロップで音声なしの所が最高に雰囲気が出ていて良かった。昭和感よ…

余談だけどレコード屋で主人公が 店員の三人目の女にベートーヴェンのピアノコンチェルト4番を注文して、女が「バックハウスとグールドどちらになさいますか?」って聞いて、主人公が少し悩んで「グールド」っていった瞬間「アーー!!!」と叫びたくなったし、まぁ村上春樹なら選びそうとも思ったし、指揮者とOCも聞けよと思ったし、名盤もっと他にあるよ?二択で収まらないよ?と困惑したんだけど、運ばれてきた、ちらっと映った盤をみたらバーンスタイン指揮で少し安心したりした笑 時代的にこの盤が流行ってたのかな?丁度グールドも晩年期前後位だろうしなぁとか考えてても 我に帰った時大してストーリー進んでなかった
なんだろうな つまり、そう、無駄な余白を感じた。村上作品を映画化するのは難しいという一般論に私も傾きそうなきがする。でも九月ハナレイ・ベイ映画化するよね。観るよ。

ちなみにそのレコードが流されることは作品内で一度もなかった。何でやねん…
Yuka

Yukaの感想・評価

3.5
こんな話だったっけ?
鼠の気障さはよっぽどのはまり役じゃなきゃ厳しい、、、雰囲気はなんとなくわかるけど原作にないシーン追加されてたのと、DJがなんかちょっとへたくそ
いいと思ってたシーンがカットされてた、、、、、

懐古的な雰囲気はあった
堊

堊の感想・評価

2.5
学生映画なのだが、確かにこの時代に村上春樹をやれって言われたらこうとしかやりようがない。
しかし日本のニューウェイブはマジでダサいよおばさまたち………
公開時の映画館(有楽シネマ)で鑑賞。

「本作、面白かったか?」と聞かれると、言葉に詰まってしまうが、つまらなかったわけでもない。
小林薫、真行寺君枝、室井滋、黒木和雄など出演陣を観ているだけでも、「よくこんだけ個性的な出演者を集めたなぁ」という映画だった。
また、本作はスローモーション、フラッシュバック、長回しなど様々な映画テクニックが見事であった。
zer0ne0

zer0ne0の感想・評価

-
『風の歌を聴け』といえば、ビール、ジェイズバー、ラジオ、カリフォルニアガールズだと思うので、それらをもっとカッコよく効果的に使えてたらもっと違ったのになあ、と思った。
若き日の小林薫は、村上春樹にとてもマッチしていた。マスター、鼠もよかったなあ。