フランケンシュタインの逆襲の作品情報・感想・評価

「フランケンシュタインの逆襲」に投稿された感想・評価

ワン

ワンの感想・評価

1.0
🛵火星からの侵略者と戦う話。

同タイトルの1957年の作品とは別物。

地球の女性を誘拐する火星人を宇宙探査用に造られたサイボーグが戦いを挑みますが、その肝心のサイボーグが役立たずです。戦闘用ではないとはいえほとんどフラフラとさ迷っているだけでした。

基本的に呑気です。緊迫感はほとんどありません。サイボーグを造った博士が恋人とスクーターに乗っているシーンが妙に長いのが気になりました。ちょっと『ローマの休日』を思わせます。
ゆん

ゆんの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

フランケンシュタインミーツザスペースモンスター!解説を聞きながら観られると知って鑑賞。

という事でしたが、全編地球編!
フランケンシュタインの作り出した怪物?は、湿気に弱いという弱点を持ち、頭の機械が、皮をペロリと剥いちゃうとすぐに見えちゃう恐ろしい造形。

宇宙からの侵略者は、人質を見定める時は、スペースの都合上、手の届くところで観察!手が届いちゃう距離だわ終始カメラ目線。

もはや何を観せられてるのか!という、映画で、スジが全然わからず先の読めない展開に色んな意味でハラハラでした。

1点!