リトル・ランボーズの作品情報・感想・評価

「リトル・ランボーズ」に投稿された感想・評価

主人公の二人が、全く異なるのになぜか意気投合!
スゴくキュート!
りーん

りーんの感想・評価

4.1
こういうの本当に好き。
ランボーに影響されて映画を作る小学生。単純ではちゃめちゃだけど、自分の好きなものを心から大切にしようとしてるように感じました。
とにかく2人が可愛い。お互い抱えてるものもあって、それに変化が訪れたときは感動。
お兄ちゃんに泣かされました(笑
わたしの好きな感じの映画だった。映像も子供も可愛くて最高
こういうある日二人(こども)が出会って何かする系の映画が好きだってふと気付いた
最後のディディエちょっと悲しいな〜
エンドロールは最後まで見たほうがいいです。
みやこ

みやこの感想・評価

3.8
「ランボー」に魅せられた少年たちが短編映画の製作に挑戦する話。

信仰上の理由であらゆる娯楽を禁じられており、絵を描くことが唯一の楽しみの主人公ウィル。悪ガキで先生や他の生徒から煙たがられるカーター。

二人が出会い、絆を深めていく様子がすごく微笑ましい。肝心の映画作りはトラブル続きでも、川に飛び込んだり、おじいちゃんランボーを救出したり、犬を飛ばしてみたりとっても楽しそう。

「家族」というのも重要なテーマで、最後は思いがけずホロリとさせられた。二人が完成させたチープさ溢れる映画(編集はお兄ちゃんかな?)も可愛くて楽しくて、まさにリトル・ランボーズ。
と言いつつ、本家「ランボー」は実は未鑑賞😅なのでこれをきっかけに見てみたくなりました。
Mizuki

Mizukiの感想・評価

5.0
私の人生の中で最も大切にしたい映画でした。宇宙1優しい作品!!
優しさに押し付けがましさがなくて、見ている側も温かい気持ちになった。泣けた!感動した!!
もう、この作品以上のハッピーエンドを知りません。

ウィルポールターの演技に心奪われた!
カーターの役柄が本当に良かった!
兄貴のことを悪く言われると怒るのに、自分がどんなに傷つけられても"慣れてる"っていう感じの寂しい態度をとっているのが見ていて切なかった、、
ぶっきらぼうで最高に意地悪だけど、いざという時に自分のことを後回しにしてまでウィルを助けてくれるところが心からかっこいい!

不器用なだけで実は人一倍優しくて繊細で、、ウィルを大切に思っているカーターが魅力的な存在で圧倒された!!!

ラストがこの上なく完璧過ぎて、、本当に感動!!!
ラストのカーターが泣くシーンやばい!

そして、音楽も特別シャレている訳でもなく着飾っていないからこそ逆にナチュラルで素晴らしい作品に仕上がっていてすごい!カメラワークも自然で綺麗だし、本当に職人!!

地味にエイサー出てて可愛すぎる♡
natsu

natsuの感想・評価

3.2
小さい頃の空想の世界を少し思い出すことができた
ただ、少しませすぎてて違和感を感じた
ゆうき

ゆうきの感想・評価

4.1
家が厳格な宗教を信仰しており、娯楽を禁止されているウィルが、学校一の問題児リーカーターと出会い、一緒に映画を作っていく

性格が真逆の2人が映画を作ることで、絆を深めていく
友情を通して、お互いいろんな感情を知っていき、それは、宗教や学校では教わらないが、1番大切なこと

ラストの映画の編集が良かった
rage30

rage30の感想・評価

-
大人になってから見返してみたら、主人公が父親を失った喪失感や、宗教を強制される事の抑圧を抱えている事に気付いた。

彼の空想癖は、その空白を埋め、現実から逃避する為に生まれたものなのだろう。
そう考えると、ただの可愛らしい映画から、少し切ない一面が見えてくる。

どうして人は芸術やエンターテイメントを必要とするのか?
どうして人は芸術やエンターテイメントを創作するのか?

同監督の最新作『SING/シング』と通底するテーマが本作にある。

不良少年リー・カーターが最後に見せる、とても柔らかな笑顔が印象的。
映画好きの少年たちの友情を描いた心温まる作品。ラストが良かった。
俺にとっては大事だ、俺にはこう見えてる、とか自分だけの世界が周りからすれば惨めって演出1000%泣く。

あとシュワルツェネッガーの子はどうしたらいいの?
>|