約束 ラ・プロミッセの作品情報・感想・評価

「約束 ラ・プロミッセ」に投稿された感想・評価

Peter

Peterの感想・評価

3.3
フランス映画で描かれるこういう友情、なんかいい。ウィットに富んで、可愛げがあって。
【約束しておくれ、いつまでも生き続けると】

10歳の少年マーティは癌を患い入院中。しかし彼は常に元気で看護婦も手を焼くワガママわんぱく少年であった。高齢者病棟に行った時、動くことも喋る事もできない老人ベランと出会う。ただの良い遊び相手だとして喜ぶマーティ。それを厄介だと思うベラン。しかし2人はいつしか言葉がなくとも心が通じ合うようになり…。

本作で面白いのは、動くことも喋る事もできないベランの心の声を中心に話が進むという点。つまり劇中に出てくる登場人物たちは勿論その声は届かないが、観ている我々には届いているという訳だ。

わんぱく少年のマーティがする悪戯。それに嫌々ながらツッコミをいれるベラン。会話はしていないが、この2人の会話劇が本当に面白い。思っていたよりもコメディチックな作品だった。

また完全に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』オマージュもあるのでファンの方は是非!

人の優しさに気付く温かい仏映画だった。
はい

はいの感想・評価

-
これは誰かに捧げた映画なのかな。

年寄りと子供。死期が迫る2人。
愛嬌で溢れたやりとりが本当に愛しい。
ラストはほろり。

ノッキン・オン・ヘブンズドアを彷彿とさせるストーリーのニュアンス。
ヒイロ

ヒイロの感想・評価

3.9
小児がんに侵されたイタズラ好き少年と脳の疾患で体が動かず喋るとこもできなくなった老人との交流を描いた奇妙な友情物語。少年のイタズラっぷりと、老人の心の声の対比が面白い!生きている今を大切にしている2人に、ラストに、、。沁みる。
いい映画でした。

ハリウッド系は観る気分ではなくて
綺麗な映画がみたいと思い
フランス映画🇫🇷で検索

画が綺麗ってすごくいい。
アントワープ、マーティーもとっても良かったです。

マーティーの無垢な心に
アントワープの気持ちが変わっていく描写が良く、友達達に会う場面や、この姿を見られたくないとかの自分への関心から
マーティーへの幸せを願う
アントワープがとっても良かった。

あたたかい きれい な映画でした。
観て良かった
これは良い掘り出し物!
難病もの映画だけど、軽妙で見やすいフランス映画。
悪ガキと、話すことも動くこともできない老人の友情。
最後の遠方からのショットは、グッとくる。
これを作った監督は他に作品がないのが残念。
「潜水服は蝶の夢を見る」を好きな人にもおすすめ。
azkyon

azkyonの感想・評価

4.0
会話と体が不自由なペランの心の声が毒舌から少しずつ暖かくなっていく。
小児がんのマーティは動けるうちにたくさん遊ぶんだと好き放題。
そんな2人が心通わせ年の離れた友達となる。
2人の共通点は人生の先が短いだろうこと。

マーティはレゴランドに行けただろうか、ペランとの約束を守れただろうかと、うるっときたラスト鑑賞後ついつい考えてしまう。
たくや

たくやの感想・評価

4.5
なぜこんな良い作品が埋もれているのか😲‼️
※レビュー数が少なくて驚き。

まさに『隠れた名作』であり、個人的超オススメ映画❗

↓↓

フランス発の感動系ヒューマン映画。
上映時間は89分と観やすい。

病気モノのお話しだけれど、
コメディタッチ&明るい展開が多くて、とても入りやすかった。

ガン患者の病院でおじいちゃんの子供の友情を描いた作品。

このおじいちゃん、話せないし、身体は目しか動かせない。

物語中は、おじいちゃんは“心の声”で話す。
※視聴者しか分からないというのが面白い。

そして、その“心の声”を勝手に解釈する子供とのやりとりが笑える🤣

けっこうおじいちゃんが毒舌なんだけど、“心の声”だから周りには伝わらない。

その掛け違いコントみたいなところも楽しい。


※ちなみに、わたし病気モノって好きじゃないんです💦
暗いし、恋愛系が多いし、とくに邦画は“これなら感動できるでしょ?”みたいな恩着せがましい(笑)感動が多いイメージ。

でも、この作品は違う。
“感動させて泣かせてやろう”なんていう狙ったシーンというのがほぼない。
でもスッーーと入り込む台詞やシーンで感動させてくる。

正直、最後のシーンは号泣した😭😭😭💦
友情って素晴らしいなと、そう思わせてくれるラスト。
とっても大好き🍀😌🍀
 

オススメなので、みんなに見てほしいなーー

新宿TSUTAYAにおいてあったのでぜひ借りてみてください😁🎵
癌の小学生マルティにおもちゃのように扱われる目しか動かせない老人アントワーヌ。
おもちゃにされてるアントワーヌも心の声はお茶目で毒舌^_^
家族のような親友のような同士。
湿っぽくないラストがいいですね
【 病気が悪化したら動けなくなる。
だから思いきり遊ぶんだ! 】

ト"ニ・ハ"ルテ"ィオ 監督が手掛ける本作!!!
...え?🤭
みんなこの監督知らんのー?? movie❣️😧...
(適当すぎてごめんよ🙇)
あの リュック・ヘ"ッソン が絶讃する新鋭監督さんよ~??笑

ガンに冒された10歳のイタズラ大好きっ子少年が
病院内で見つけた遊び相手。
それは、身体を動かすことも喋ることも
出来なくなってしまった老人だった...

全く喋れない老人のナレーションのような声だけで
最初から最後まで進んでいく異彩を放つ作品📚
( ナレーションの声 = 老人の心の声 )
死と向き合う現実というか、
隣り合わせの現実というか🤔
とりま心の声が皮肉 & ユーモアありすぎて、
全然暗くないの😌
フランス映画やからか全体的にコミカルなタッチで
描かれておるよ😄🇫🇷

心の通わせ方は、会話のコミュニケーション
だけやないってことに気付かされたし__φ(゚ー゚*)フムフム
寄り添ってあげるだけでもいいんやなぁ😌
って思えた___φ(。_。*)カキカキ
じわりじわり心に染みわたってくそんな作品📚
そう、ジワジワくる...じわじわ...ジワジワ...

あっ🤭心に突き刺すジワジワmovie❣️
これで決まりだ⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾笑
>|