テラビシアにかける橋の作品情報・感想・評価

「テラビシアにかける橋」に投稿された感想・評価

 悲しいエンディングが大丈夫な方なら、楽しめます。

 僕は、DVDで何度も観ていますが、エンディングまでの過程が、とても好きです。
幸せの楽園は時の経過を知らせず。

悲劇の過去にただ憂える。


しかし彼は一時の幸せを
一生大切にしていくだろう。
過ぎたものにも必ず価値が存在する。



そして顕在化する事実(ホラー要素強目)
→ダークマスター=お父さん
→森の巨人=いじめっ子の女の子
まさかの展開に口が…😲
でもたぶん、この展開なかったら普通のファンタジー、か
いい意味で思ったのと違った!!ファンタジーではあるが、実際に子どもの時だけに観れる世界観に引き込まれてしまった。ファンタジー好きではない人でもおもしろいと思う!
kapi

kapiの感想・評価

4.9
世界で一番大好きな作品です。
レンタルで3回くらい観てDVDも買いました(笑)
特に主人公の女の子の強さが好きで、男の子を負かしたり、いじめられてもへっちゃらで、自分独自の世界を切り拓いているところがいいなあと思います。

ストーリー構成もしっかりしている上に、二人だけの世界にいる不思議な生き物たちのCGイメージもすごくて、ラストシーンの橋のところは本当に感動しました。

Anna SophiaもJoshもBaileeも大好きだからキャスティングも本当に神だと思うし、何度観ても飽きない、私の青春そのものです。
hiho

hihoの感想・評価

3.0
見た瞬間、面食らった

思ってたのと違う

冒頭で設定を受け入れて見るのが良い
なんだかんだ 楽しめる映画

子供時代の世界はとても狭いような気もするが
子供は子供なりに世界をいく

テラビシアにかける橋
なるほど                
赤足

赤足の感想・評価

3.1
貧しい家庭で育った少年ジェス、引っ越してきたばかりの個性的な少女レスリー。学校のいじめっ子のターゲットにされてばかりの2人はやがて親友同士となり、近所の森に美しい空想上の王国“テラビシア”を作り…

ジェスはレスリーからレスリーはジェスから互いに沢山のことを学び、友情を深め成長して行く様、現実と向き合わなくてはいけない場面など、丁寧に台本とキャラが作り上げられており良かった。ラストに関しては賛否両論あり、この映画が良い悪いと言う人もいるかもしれないが、自分は素直に良い映画だったと感じた。そしてこの映画は決してファンタジーではなく、立派なヒューマンドラマで幼き頃に誰しもが経験した事のある物語で通じているという事だ。そして童心にかえらせてくれ、見終わった後はその人の心模様を表すだろう。
これはファンタジーなのか?
正直序盤から中盤にかけては少しあきかけたけどそれ以降は徐々に引き込まれた。
特にレスリーはすごく魅力的なキャラクターだった。
2018年最初の作品!!

ファンタジーだけど、ただのファンタジーじゃない!小学生とか幼稚園の頃の無垢な発想を思い出させてくれる作品だった。
小さい頃は壁の柄とかが、動物の顔だったりお化けに見えたり、見るもの全てがおもろしかったと思います。心の目を開いていたんですね!
現実を見ろという言葉はとても残酷だと感じた。現実は人ぞれぞれでいいと思う…
最後、題名に感動します!!たぶん笑笑

「オシッコに自由を!!」
おさ

おさの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

王道ファンタジー大好きなのでとても期待して鑑賞。
パッケージ見て小学生くらいの子供がファンタジー世界に行く王道ファンタジーかと思ってました。

ファンタジー要素がほぼないまま中盤まで。どういう事だ???と思いながら見続けました。ファンタジー要素薄くて半分見た時点でこれは王道ファンタジーではないな、と。


こんなラストは嫌!というレビューを見ていたのでどうなるのかなーと思ってました。
夢オチとか、全部空想とか…そういう事なのかな?と思いながら見ていたら、全部空想である、という描写が所々で出てきて、それなら予想通りだよな…どう終わるのだろう…と思っていたらすごく悲しいラストで、わたしにはバッドエンドに思えました。
主人公は少しずつ状況が良くなりそうではあるけど、女の子報われないじゃん!!!(´;ω;)と胸糞悪い終わり方でした。子供向けではない気がする。

女の子の服装が毎回めちゃくちゃオシャレなのは見どころ◎
>|