永すぎた春の作品情報・感想・評価

「永すぎた春」に投稿された感想・評価

三島由紀夫の原作が発表された翌年の作品なので、婚約、結婚についての考え方に、皆頷いて共感しながら観たんだろうな。
60年以上前の映画のため、今では考えられない「古い」観念も中にはあるけれど、主演の二人の初々しさで全て許される。
Jimmy

Jimmyの感想・評価

4.0
初見は映画館(阿佐ヶ谷ラピュタ)で2013年4月21日に鑑賞なので、7年ぶりに観た。
1957年の若尾文子&川口浩W主演のカラー作品であり、自分が生まれるだいぶ前の東京をカラー映像で見られるのが素晴らしい。

この映画、古書店の娘=百子(若尾文子)と会社重役の息子=郁雄(川口浩)の若いカップルが婚約するが、結婚は1年ちょっと先。結婚するまでは肉体関係を結ばないと決めてはみたものの、二人ともそれぞれが他の男や女から誘惑を受けながら葛藤しながら青春するという話。
1957年製作のカラー映画で、若尾文子が清楚な美しさを放っている。ファッションも、今見るとレトロ感あるが、素敵。

「戦争中も今も(戦後も)、焼け残った古本屋である」というナレーションとともに、俯瞰で古本屋が映されるがクレーン移動しながらカメラは下がってくる。その古本屋で働いている百子(若尾文子)。百子を目当てに本を売りに来る客もいるほど。
そこに電話がかかってきて百子が会いに行ったのが郁雄(川口浩)の大学。この大学は東大。
学生服姿の郁雄と百子が「1年ちょっと先の結婚だけど、肉体関係は結婚してから」という約束をする。
その直後、カップル二人がお互いの両親と会う場面があるが、双方の親同士が何を話して良いか詰まってしまい「沈黙の多い見合い現場」みたいな場面は、笑える。(映画館で観た時は観客みんなで大笑い)

百子と郁雄がデートする場面、百子が遅刻するが「あなたにベレー帽をかぶっているところを見せたくて遅れたの…。似合う?」と聞くと、郁雄は「た・べ・た・い・くらいだ…」という浮いたセリフ(笑)

また、百子は郁雄に「私たち、結婚式を挙げなくても結婚していいんだわ…」と懸命に言って、熱いキスを交わす。

その後、百子は郁雄の女好きの友人=高倉(川崎敬三)に言い寄られ、郁雄は高倉の個展にいた女=つた子(角梨枝子)に言い寄られ、と双方困った立場になる。
百子は、高倉に抱きつかれると火鉢の火を押し付けて逃げる。
郁雄は、つた子と肉体関係して別れるつもりだったが友人と百子の登場によって、危機を逃れる。

百子の兄=東一郎(船越英二)が、登場してきたときは「今のところ、何も迷惑かける男ではないが、何も他人のためになっている男ではない」とのナレーションあり、『今のところ』というあたりが気になっていたが、終盤、若いカップルのためになるあたりは「粋」である。
東一郎に好きな女性=看護婦(八潮悠子)ができるのだが、その母親に問題あり、若いカップルのために自分の愛をあきらめて、若い二人が結婚できるように計らってあげるあたりは、ホロッとくる。

郁雄が百子に「僕たちはこの一年で、だいぶ大人になったな」とキスする場面が左にパンすると、披露宴場面となる。

若い二人(若尾文子と川口浩)が、爽やかな青春物語を軽やかに演じた映画であった。
三島由紀夫原作、田中重雄監督作品。
爆笑できる場面もあり、なかなかの佳作。

なお、映画館では見られなかった予告編がDVD特典映像として収録されているが、本作の撮影風景や、撮影現場を原作者の三島由紀夫が訪れて歓談している場面、削除されたシーンなどあり、これはDVDで観直して良かったと思う。最初に映画館で観た時は、未ソフト化作品であったが、その後DVD発売された。
発売されたDVDは「オリジナルネガからテレシネしたデジタルニューマスター版」であるが、映画館で見られたフィルム飛びがDVDでも所々見られたので、オリジナルネガの長年の保管状態に起因することも確認できた。
本を投げるなっ!バカっ!

「愛河」のような「川口浩のバカっぷりにあややが苦悩する映画」のバリエーション。
「愛河」より好きじゃないのは作者の(意図していないんだろーけど)差別的な考えがあからさまだから。「閉店時間」もそうだけど、無意識の悪意や差別は苦手だ。

この映画の川口浩は小クズくらい。でもラスト付近の全員幸せになれないのは仕方ないよ的セリフは最低。ゆるせん。
あややの髪型がパーマなのかぐちゃぐちゃなのかわからなくて可愛い。

八潮悠子たんがとにかくかわいそう。
bn

bnの感想・評価

3.7
セリフが若くて可愛い
顔合わせでコントみたいって笑うとことか、「〜である」のとことか
船越英二に泣いちゃう...
え

えの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

冒頭両家顔合わせの笑いがピークかしら
踏切の赤いライトの演出はざわつくね
若尾文子のファッションが飛び抜けてかわいい
ノイローゼになっちゃう川崎敬三も良い味

実際この時代の恋愛観ってどうだったんだろ、でも今の時代観るとみんな我慢していたってことか、良くも悪くも、、
まあいつだって良くも悪くも、かな
三島由紀夫のことまだよく知らないがたまにその気が見えた、若干の馴染まなさ
原作読まねば、、な映画が増えてきた〜

『新婚七つの楽しみ』ではうまくいっていた船越英二と八潮悠子が、、それにしてもこんなに泣かせる兄おらん、、
o

oの感想・評価

-
お金は持て余しても足りなくても人は卑しくなるものだと2人の母親を通じて学ばされる。
結婚は当事者2人のものだと思うけど、こうも周囲の人たちに振り回されるのかと思うとうんざりしそうになるところ、若尾さんと川口浩の名コンビにかかれば乗り越えてやろうじゃないの!と思える。
カチカチ山な沢村貞子さんには思わず苦笑い。
白のハイネックやタートルネックのセーターを着てる人がやたら出てきて、流行りは回るものだと実感。
若き日の美輪明宏さんが出演してるのも見逃しがたい。
Kunihiro

Kunihiroの感想・評価

3.5
角川有楽町。昔の恋愛観ならではのキュートなあやや。ラブコメの最高傑作の1本である「最高殊勲夫人」と真逆のラストシーンも面白かった。
これまで観た田中重雄ではいちばん好かなかったかも
川口・若尾が甘々だしそこまでスリルで魅せる話では無かったので

"籠抜け詐欺"ってワード初めて聞いた

船越が鼻に突っ込むヤードムを使っているシーンあり!
以前別の50-60s作品でもヤードム見かけたことがあるので、日本において、ある時期は一般的で、その後タイならではのものとしてしか語られなくなるほど、何故か廃れたと思われるのだが、詳しい事情が気になる

東大の本郷キャンパス、その周辺ロケは貴重
古本屋も(現在まで建物同じということはほぼあり得ないと思われるが)現地の実在の店だったのだろうか

また、古本屋経営の友人から話には聞いていたが、古本を仕入れる競りの現場シーンがあり、貴重
しかし、売買成立後、本をぶん投げる描写あるが、今は絶対あり得ないと思うけど、かつては普通の作法だったのでしょうか…

八潮悠子フィーチャーなのは良い
あと角梨枝子も久しぶりに見たけど流石

美輪明宏、ノンクレジット?
以前別の50-60s作品で同じくシャンソン歌手役で見かけて以来2回目

角川シネマ有楽町での上映なので現存する最も良質のフィルムではあるんだろうけど、アナウンス通り欠落が数カ所あり、完全なマスターが存在せずDVDもこうなのだとしたら残念ね
gfbsj

gfbsjの感想・評価

-

若尾文子・川口浩
あえて選んではないけど笑、このペアの作品 何本目だろ...
まるで千年女優、時代とシチュエーション違いの展開。嫌いじゃないです笑

三島由紀夫原作「 永すぎた春 」
結婚までの純潔カップルが、数々のトラップを乗りこえてゆく...サバイバル物語でした!笑
ですが、なにげにまわりの人間模様も良かったです。それと、ちょいちょいカットインする若かりしの美輪明宏に ふと時代感じたりでした!

あと、、ベレー帽で悩みデートに30分遅刻する “あやや” あいかわらずキュートで、そりゃあ 耳元で「食べたいくらいだ..」てひろしも言うわ〜
いきなり過ぎてメチャクチャ吹きましたが!笑

三島由紀夫と知り、すこし構えてたのですがシリアスでなく〜コミカルなところもありで、良き作品でした!
にしても、この時代のキザなセリフ.. .ハマります笑
chiyo

chiyoの感想・評価

4.0
2015/7/24
結婚前の男女の恋愛とモラルを描く、この時代だからこそ作れた映画。百子演じる若尾文子と郁雄演じる川口浩、お馴染みのコンビが相変わらず初々しい限り。が、何とか婚約はしたものの結婚までの間に少しマンネリ、というのが妙にリアル。そして、そんな時に限って誘惑はやって来るもので、まるで二人の絆を試されているかのよう。が、つた子は大人の女性としての節度がなさすぎるし、高倉も友人の婚約者を強引に奪おうとするのは人としてどうなのか。それでも、あきの性根の悪さに比べれば、二人は足元にも及ばない。あの表と裏で極端に変わる表情が本当に怖い。そんなあきを母に持つ千鶴子が可哀想でならないし、千鶴子を愛した百子の兄・東一郎の優しさがあまりに切ない。人の悪意を描きながらも、百子と郁雄の両親の噛み合わなさ等、コミカルな描写も多々。ちなみに、本作は三島由紀夫原作で、三輪明宏の特別出演もあり。
>|

あなたにおすすめの記事