モンテ・クリスト伯の作品情報・感想・評価

「モンテ・クリスト伯」に投稿された感想・評価

Y

Yの感想・評価

3.6
『三銃士』のA.デュマの代表作『モンテ・クリスト伯』を脚色した歴史ドラマ。船長に抜擢され、美しい恋人との結婚を目前にしていた無学ながらも実直な一等航海士の青年エドモンド。流刑中のナポレオンの手紙を預かったことがきっかけで親友と同僚に陥れられ、無実の罪で孤島にある牢獄に幽閉されることになるが、そこで出逢った囚人の司祭から勉学や剣術、大富豪が残した財宝のありかを教わり、14年後に脱獄を果たす。そして見つけた財宝を元手にイタリアの大貴族モンテ・クリスト伯爵となった彼は復讐の鬼と化す…。

内容はドラマチックで悪人がいっぱい出てくるけれど、ナイフの名手である忠臣がなかなかいい奴で、ほっこりする。
seika

seikaの感想・評価

-
復讐劇がすごいなあ、これ2年くらい前にディーンフジオカがエドモンド役でドラマ化してたの夢中でみてたなあ。原作の舞台はマルセイユなんだけど、日本版では静岡を舞台にするっていう無茶振りがおもしろすぎたの思い出した。
torakage

torakageの感想・評価

4.1
原作とは色々違うけどこっちのほうが好きだ。気球で城に登場する場面カッコ良すぎ!
とにかく面白かった!
全ての展開、人物描写、エンディングに至るまで、大満足。
映像も壮麗で、1800年代のマルセイユを再現するためにマルタ島で撮影し、地中海風土と歴史がそのまま残ったような、手付かずな美しさを堪能できます。
モンテ・クリスト伯の登場シーンにも、もちろん良い意味で驚かされました。

初めは、130分にこの物語が収まるのかなぁと心配したけれど、そんな杞憂は必要ありませんでした。短いカットで秀逸に、周辺人物の人柄も感情もしっかり表現されています。

何よりも、時代要素がストーリーをよりリアルにし、釘付けにさせられます。


ディーンフジオカさんのドラマ版もそれなりだったけれど、もう次元が違いました。
映画では無理な展開も、不自然さもなく、完璧な調和で面白い。


DVD特典も充実。コメンタリーとインタビュー、カットされたシーンなど、見応えあり。
MinaMi

MinaMiの感想・評価

1.8
ディズニー系列のタッチストーン・ピクチャーズも製作に関わっているらしく誰にでもわかりやすい作品。小学校高学年くらいなら観ても大丈夫だと思う。シンプルな分、内容が荒い部分は多いけれど細かいつっこみは野暮。
フランス文学の主人公はジャン・バルジャン然り、モンテ・クリスト伯然り、超人が多いなぁ。
復讐したっていいじゃない、聖人ではないんだから。ってことかしら。司祭はそれでよかったんだろうか。

・脚本 4/10
・演技 4/10
・演出 3/10
・音楽 3/10
総合点 14/40
何となく取った作品だが非常におもしろくまた勉強になった。
ショーシャンク空にもこういった刑務所からの脱獄の話だが、本作品は脱獄してからがメインの長編大作であった。
エドモンは復讐が行動源であったが最後ある人から言われた言葉をきに、復讐をやめ、許そうと決意する。
非常に面白かった。
れ

れの感想・評価

3.3
最後があっけなく感じたが、登場人物の関係性の設定が面白い。脱獄、復讐の仕方もおもしろかった
Inori

Inoriの感想・評価

3.5
ついこの間『完全なる報復』を見て、やっぱ復讐物って面白いなぁと思い、またこの映画を久しぶりに観てみることにした。ちなみに原作は読んだことがない。

名作と言われるだけあって、話が濃い。そして復讐までの道のりの長いことよ…。一回目観たときも思ったけれど、復讐を明かすシーンは結構あっけない。もっと悪者を苦しませて悩ませてもいいかもしれない。しかし、結局は復讐してもいいことないよね、みたいなメッセージも含まれていて、キリスト教のお国柄なのかしらとも思う。私が好きな復讐ものは、なにもないところから緻密な計画で実行していくタイプのものだけど、『巌窟王』も確かにに何もないところから始まるにしても、信じられないほどの大金をあんな感じで手に入れてしまうのは、運であって計画にはなんの関係もないような気がしてならない。運も実力のうちなのかな。

キャストがいい。ジム・カヴィーゼルのイノセントさも出てるし、ガイ・ピアースの嫌な感じの上手いこと上手いこと。ヘンリー・カヴィルが子ども役で出てきたのはビックリしたわ。ぴちぴち。結構重要な役で出ている。
犬

犬の感想・評価

3.8
手紙

無実の罪で幽閉された男が、復讐のためパリ社交界に乗り込む波瀾万丈の大河ロマン

19世紀のフランスの文豪、アレクサンドル・デュマの代表小説の映画化

何という復讐劇
見応えありました

いろんな要素があった印象

思惑
展開も好きでした

ナポレオン時代
歴史もうまく絡ませる

世界観、衣装が雰囲気あります
ラストがやや不満ですが脱獄するまでの司祭とのやりとりや復讐劇はとても楽しめました!原作も読んでみようと思います!
>|