ミス・ポターの作品情報・感想・評価・動画配信

「ミス・ポター」に投稿された感想・評価

いつか行こうと思っていて、後回しにしていた湖水地方。早う行きたい。
よかったです。
む

むの感想・評価

3.8
女は結婚して幸せになるもの
という呪縛をかけられながらも
自分が幸せであることを大切にした結果
たくさんの「素敵な友だち」ができる。

人を愛する幸せは
愛すべき人が教えてくれる。
ユアンの演じるノーマンの純粋無垢な姿に癒やされた…

湖水地方の豊かな風景が本当に素敵で
いつか行ってみたいなぁと思った。
そんな場所を守るために土地を買う姿がかっこよかった。

疲れたときに見てほっとしたい。
inu

inuの感想・評価

3.5
軽過ぎず重過ぎない内容で、頭が疲れている時でも楽しめた。
ピーターラビットをきちんと読んだことがないので、読みたくなった。
実写とアニメーションのバランスが良い。
ユアンが素敵だった。
こんな美しい場所でピーターラビットは生まれたのかと感動した。
Tomo

Tomoの感想・評価

5.0
すき!
心の栄養と浄化
わくわくが散りばめられてて
愛がつまってて
とても視界がクリアになる

湖水地方、いつか行きたいな
Inori

Inoriの感想・評価

3.0
ピーターラビットの生みの親、ビアトリクス・ポターのおとぎ話風の伝記もの。そもそも彼女の出身が超お金持ちということもあり、イギリス上級世界が好きな人には心ワクワクする話かもしれない。絵がものすごく上手くて想像力豊かで、ずっと独身で生きてきた(晩年は結婚したらしい)らしいので、芯の強い人だというのがうかがえる。しかしお金はお金を生むんだなぁと観ていて思った。私が一番辛かったのは、フィアンセとのお話。ユアン・マクレガーのピュアっぽさが凄くキレイだったし、2人の恋がピュア過ぎて悶えた。そしてその後の展開。悲しすぎ。

子どもも観れるようにキレイにまとまっている感が強いが、その時代のこの特定の裕福層の女性が一人で生きていくというのはどういうことなのかが垣間見れる作品となっている。自然を個人が買い取り残していくという行動は、素晴らしいし、彼女の自然への愛や独立心が感じられる。絵も素敵。

レネーゼルウィガーってアメリカ人なのか。すっかりイギリス人だと思ってしまうくらいナチュラルな訛りだった。
子どもの頃から大好きなピーターラビッド。その誕生物語と、作者ミス·ポターの半生を描いた作品。
とてもとても純粋な物語。
全く感動するシーンでもないのに、終始何故か勝手に涙が溢れてくる。
絵の具が水に溶けて、ふわっと色が変わるように、心がじんわり柔らかくなっていくのが分かります。
ノーマンとの恋も、ミリーとの友情も、そしてポターを取り巻く人々も、良い人ばかり。ノーマン演じるユアンの演技がもう!最高でした。優しい歌声も、仕草も、まっすぐな瞳も、yesと言われたときの反応も、にやにやしちゃうほど。
そして、幼い頃からピーターたちを友達と呼び、少女のように目をキラキラさせるポターも、とてもとても愛おしかった。

ピーターたちをデッサンする描写も、湖水地方の風景も、1900年代のイギリスの雰囲気も美しく素敵だった。
湖水地方が開発されず、自然のまま残されているのはポターの影響があったなんて。
時々動くピーターたちにも癒されて、もっともっとピーターラビッドの世界が好きになりました。
ふぅ、まだ涙が溢れます笑
Wiz

Wizの感想・評価

3.9
ピーターラビット作者の物語。映画館で泣いてしまったのを覚えている。レネーが素敵。
u

uの感想・評価

3.5
わたしと動物と自然と。(金子みすゞ風)

スコットランドてかわいいな〜🌳🐇
ピーターラビットの絵本みたいな、繊細で綺麗な伝記
動物たちがぴょこぴょこ動きだすのがかわいくて好き
ぐり

ぐりの感想・評価

3.8
ピーターラビットの本の世界に入り
込んだような色遣いと景色が
印象的な作品でした。 

アニメーションも一部加えられて
おりコミカルな部分もありつつ
非常にアップダウンの激しい
ベアトリクスの生涯を描いた
伝記ものでした。 
>|