しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスの作品情報・感想・評価

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス2016年製作の映画)

Maudie

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:116分

4.1

あらすじ

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」に投稿された感想・評価

mmnmmoe

mmnmmoeの感想・評価

4.1
邦題は置いておいて、無愛想なのに無性の愛情を感じるし不器用だけど可愛らしい夫婦にやられた。
四季を感じるカナダの大自然の美しさ、質素な暮らし。ご本人の笑顔がとても印象的だった。本当に絵を描くのが好きなんだな。
野暮ったい男がイーサンホークだとは全く気付かなかったのはここだけの話…
buenavista

buenavistaの感想・評価

4.7
イーサンホークとサリーホーキンスの掛け合いが堪らずほっこりしますよ😃

愛に満たされます❤
カカ

カカの感想・評価

4.5
ドラマチックに話が進むわけではないけれど、
心に残る映画だった。
夫はひどいところもあるが、心の底に優しさも持ち合わせていて、それがさりげなく描かれていて良い。
主演二人の演技、特にS.ホーキンスは凄い。
カナダの大自然も美しい。
唯一、邦題がちょっと安易な感じ。
ねこぜ

ねこぜの感想・評価

3.3
ぼんやりしてたな〜。
主人が究極のツンデレ。で、めっちゃ傲慢なのに壁に絵描いたり一緒に寝るのは許したり、謎が多かった。そんなめちゃくちゃなヤツがモードと出会ったことで人間味を取り戻していくようで、その辺は見てて頼もしかった。

こないだみた友罪の夏帆同様、サリーホーキンスも見るたびいたたまれない役だからすごいポップな役してるとこ見たい。と思ったらパディントンを思い出した。モードがどんどん身体悪くしていく姿は見るの辛かった。
irina

irinaの感想・評価

3.9
とてもいい映画でした。
サリー・ホーキンスはこういう風変わりな女性が似合いますね。シェイプオブ〜より、こっちの方が印象に残りました。あと、彼女の才能を見出した品のいいおばさんもステキ。
それにしても、ご主人と雑魚寝。堤真一がご主人なら、喜んで家政婦に応募するな、私。
Ken

Kenの感想・評価

4.2
僕が留学していたノバスコシア州が舞台ということで、前から気になっていた作品。
ノバスコシアの自然の風景が懐かしかった。
サリー・ホーキンスの演技がすごい。
イーサン・ホークもいい味出してるわ〜
そして、モード・ルイスとエベレットの関係性の描写力が秀逸!
harami

haramiの感想・評価

4.6
ボロボロ、手をかけずに
ホコリをかぶった家。
少しずつ彩られてく様子が、
2人の人生と重なる...
誰にも気付かれずに描いてた彼女も、
居場所を与えられて輝き出す。

なんて優しくて美しい話なんでしょう。
yonemo

yonemoの感想・評価

4.0
不器用だけど、相手の思いを汲み取っているやりとりがいい感じ。
TS

TSの感想・評価

5.0
久しぶりにいい映画に出会った感じ。
モードの描く絵は純粋で温かい気持ちになる。
世の中を上手に生きていくことが苦手な二人が次第に心を開いてお互いを大事に思う過程が良く描かれていた。
きっさ

きっさの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

頑固で乱暴者だったエベレットが、モードと接する中で本来彼が持っていた優しさを引き出されていくところがなんとも可愛らしくて。
モードも、彼と一緒になったことでようやく自由と幸せを手にした。
電気もない。二階も狭いし、網戸もない。(あんなに要らないと断言していたエベレットが仕事の途中で家に帰ってきてすごく怒った顔をしながら網戸を設置して、何も言わずに仕事に戻ったところは本当におもしろかった!)
それはきっと普通に生きていたひとならば満足しないような、はたから見たら些細なことなのかもしれない。
ふたりはもはや、余計な言葉の要らない、側にいるだけで良い、そんな関係を築いている。

わたしの理想の夫婦です。
素敵な映画でした。
>|