しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスの作品情報・感想・評価・動画配信

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス2016年製作の映画)

Maudie

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

4.0

あらすじ

『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』に投稿された感想・評価

「いのちの輝きが、ひとつのフレームに」

静かで繊細で、美しい映画だった。

気づけば頬を涙が伝っていて、じんわりと温かいものが心を包んでいる。こんなふうに一分一秒を感じとれたら、ほんの少しのモノで満ち足りるのに。
華

華の感想・評価

4.1
絵と愛で溢れた小さなお家がとっても素敵
『命の輝きがひとつのフレームに』
2年くらい前にみたやつ
イーサンホークの顔めちゃ好きなんだよね
あっく

あっくの感想・評価

3.9
素敵な映画。

演出も見事。
モードとエベレットの演技もまた見事。

序盤では嫌悪感すら抱いていたエベレットに、モードを通して私もどんどん嵌まっていった。
悪者が最後いい奴になりました。というよくある強引な好感ではなく、人と人が出会って対話していつの間にか仲良くなるような自然な感覚。

モードとエベレットの人間くさいキャラクターが魅力的。

なかなかない不思議と心地よい映画です。
モードの人生を自分で切り開いて行く様と、エベレットのツンデレぶりが良かった。良い夫婦。
欲を言えばモードの絵がもっと見たかった。
あと色々入れてわかりやすくしたかったのはわかるけど、邦題長すぎ。
夫婦の物語。2人が幸せならきっとそれでいいのだけれど、夫のモラハラな感じは、見ていてやや辛かったなあ。

サリー・ホーキンスは、芯の強い女性を演じるのが上手ですね。
モラハラかつ横暴な旦那🙅‍♀️←

生活ずっと質素で稼いだお金はどこへ?え?
ケーゴ

ケーゴの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

【鑑賞前】
まぁ邦題は関係無いんやろな…

【鑑賞後】
二人の不器用な夫婦を丹念に描く名画でした。

【ストーリー】
ストーリーは大きな起伏も無く、しかし素晴らしいロケーションとわかりやすい描写で飽きるわけではない。
必要最低限かつ無駄もない。

【キャラクター】
メイン二人、特にサリー・ホーキンスを堪能する映画。
年老いていく過程の演技の幅が素晴らしい。

【総評】
原題はモーディ。主役の愛称。
まぁそれじゃ日本人には伝わらんのやけど、別に幸せな絵の具でもなんでもない。
日本人はクソな邦題を超えて名画に辿り着かなければならない業を背負っている。
トン

トンの感想・評価

3.7
小さな話だけど、胸一杯にあったかく,やさしい気持ちになった。

サリー・ホーキンスさん、静かに黙々と絵を描く姿がとても良く馴染んでいた。やはり絵本作家のご両親の血なのか、この役は即決だったのではと勝手に想像してしまうくらい素晴らしかった。

『シェイプ・オブ・ウォーター』の一年前の作品だったのですね。個人的に好感度めちゃめちゃ高い女優さんなので、また良い役を貰ってほしいなあ。
みわん

みわんの感想・評価

4.3
可愛らしい画家 モードルイス。描かれる絵も人柄がうつっているみたいに可愛い素敵な作品。
>|

あなたにおすすめの記事