ウォルト・ディズニーの約束の作品情報・感想・評価

「ウォルト・ディズニーの約束」に投稿された感想・評価

ななこ

ななこの感想・評価

4.5
今年分の涙を全部流したってぐらい。
号泣した。
大好きで何度も何度も見たメリーポピンズだから本当に最高だった!

やっぱりメリーポピンズの音楽最高だし、背景を知れてさらに好きになった。
Lily

Lilyの感想・評価

4.0
メリーポピンズ映画化の秘話。実話。20年間映画化を断ってきた著者。お金のために仕方なくディズニーの話にのるがいちいち難癖つけたりブチ切れたりかなり手強い。けどそれには理由がありました的な。
最初ほんまうるさいなこの著者とか思うけど、いつ観ても最後必ず泣かされる。大切なお父さん。理想と現実。
子役の女の子ほんと可愛い。絵も綺麗だし衣装も美しい。
脇役だけど運転手がディズニーに会って実物だ!って興奮するところすごく好き。
けど著者は結局ディズニーに著作権を渡したことを死ぬまで後悔していたらしい。笑笑
minami

minamiの感想・評価

4.3
思ってたのと全然違った!いい意味で!
ウォルト ディズニーがメリーポピンズを踏み台にし、どういう風にのし上がっていったかっていうストーリーだと思っていました。ミセストラヴァースみたいに。

けど物語の主人公はウォルト ディズニーではなく、ミセス トラヴァース。
メリーポピンズが出来るまでと少女ヘレンの話をよく絡めていて、彼女の父への想いが溢れる映画になってます。
子供の頃の思い出に苦しむ彼女の姿とメリーポピンズへの想いとが重なってとても頑固なミセストラヴァース。
パパっ子の私はやっぱりこういう物語に弱いなぁ。号泣だった。
ダメなパパやママでも大好きなんだ。

メリーポピンズ、見たくなりました。
トム・ハンクスとエマ・トンプソン主演のウォルト・ディズニーの約束を見に行って参りました! 
メリーポピンズの誕生秘話。 
トムハンクスの安定の演技力はともかく、メリーポピンズの原作者ってこんな人だったの(・_・;って、神経質で頑固でイヤミで、、、 
でも話が進むにつれて、そんな人格になってしまったのもわかる気がしてきます。 
あの、アルコールに溺れていたお父さんが酔っぱらった自分にも重なって痛々しいったら、、 
映画館はあまり人がいなかったけど、まわりの人のすすり泣く声がよー聞こえてきました。 
Hito

Hitoの感想・評価

3.7
ウォルトのメリーポピンズに対する想いに感動。観終わった後すぐメリーポピンズ が観たくなって、すぐDVDを借りて帰りました笑
メリーポピンズを観たことがある方も是非観てほしいです⛱見方や考え方が変わると思います!
な

なの感想・評価

3.0
最初はイラっとしながら見てたけど、彼女はただとてもピュアなだけだったんだとわかった時すべてがストンと落ちた気がした。あぁそうかって。夢と希望ばかりではない現実的な作品だけど、とても素敵だった。
ただ彼女は救われたのだろうか。私だったらもうさわらないでってなってしまう。悲しい過去は悲しい以外の何者でもない。えぐらないでって。
ちゅむ

ちゅむの感想・評価

4.2
何回も何回もメリーポリンズは見てきたけど、こうやって作られたんだね。見直さなきゃ。


ディズニーさんについても、人柄がちゃんとまとまった形で描かれてるの初めて見たかも。
メリーポピンズ実はめちゃめちゃ奥が深かった。想像と違った誕生秘話でした。
エンドロールで流れたクリエーターとのやりとりが残されたテープレコーダーは頑固でやっかいな作者だけど愛のある掛け合いだったのが印象的。自分の魂こもったキャラクターやもん、頑固になるのも当たり前。どっちかが簡単に妥協してたらこんな素敵な作品になってなかったと思う。

“A man must shave for to spare his daughter's cheeks.”
ともみ

ともみの感想・評価

4.2
最初はディズニー好きだし、コリン・ファレル愛してるし、見るしかねぇ。ってくらいの気持ちで見たのですが。
私の大好きな作品のひとつになりました。
見たら絶対泣いちゃうのよ私。
過去と現在が交互にでてくる。それがシンクロするタイミングがあって、私は心がぎゅってなった。
EDで幸せな気持ちと切ない気持ちでいっぱいになれる。
これ見たあとメリーポピンズ見たら、今まで1回も泣いたことなかったのに引くくらい泣けた。
よよ

よよの感想・評価

2.7
原題はSaving Mr. Banks。暇潰しに見た映画だったが、不覚にも劇場で泣いてしまった。
>|