グッバイ・クリストファー・ロビンの作品情報・感想・評価・動画配信

「グッバイ・クリストファー・ロビン」に投稿された感想・評価

UKIR

UKIRの感想・評価

3.7
良かった!

やっぱり何か大きなことを成し遂げてる人の半生っていろんな悩みがあって教訓になるから面白い。

クリスファーロビンとクマのプーってあんな感じで作られたのか!
俺の人生もあんなユーモアなお話で作りたいなぁ〜
くまのプーさんの原作者であるミルンは創作意欲が湧かずに悩んでいた。
しかし産まれた息子のクリストファー・ロビンとのやり取りで、プーさんを生み出すことに。

原作者の物語ではなく、後半になるにつれ息子でありモデルになってしまったクリストファーの苦悩が。

プーさんは楽しい話なのだろうが、その裏側は決して穏やかではない。
得てして家族の中ではナニーが重要なクリストファーの心の支えになっている。

だから妻が酷く冷たい女に見えるし、マーゴット・ロビーをキャスティングした意味がほとんどない。

歪な感じの映画だが、後のエピソードで成長したロビンを子役に戻すという演出はとても良い。
どこをどう見てもロビンを演じた子役が一番印象に残るのだから。
ぴょん

ぴょんの感想・評価

3.5
プーさん誕生秘話。こんなにも色々がことがあったとは知りませんでした。頂き物の絵本を読み返すと、見方が変わって感慨深かったです。
miraikako

miraikakoの感想・評価

4.0
199円に乗っかって(笑)


プーと大人になった僕も
とても好き。

こちらは切なかったけど
鬼親は昔からいるのだとも


プーさん世界の穏やかさとは
別次元の、ありがちな、事実。
人はずっと愚かなままね。


戦争の記憶と
平和の希求と
家族と

いろいろな見方ができる映画でした。
"くまのプーさん"にこんな誕生秘話があったとは。
原作者や、クリストファーロビンのモデルとなった人物について一切知識がなく鑑賞した為、衝撃が大きかった。
こんなにも切ない背景があったとは。
出演している役者さん達の演技も光ってました。
ひな

ひなの感想・評価

4.7
「牛でも子供は産めます」のセリフ好きw

クマのプーさんにこんな誕生秘話があったんだね。
時に子は親のエゴに消費される。
それは今でも、いや今の方が言えるみたいなとこあるよね。
snenki

snenkiの感想・評価

3.9
ドナルド・グリーソン、いいですね。繊細な気持ちの動きのようなものを表現するのがとてもうまい。商業と子供って時に相性がいいのでしょうけど、そういうものを享受する側として考えさせられる部分がありました。
3

3の感想・評価

-
クマのプーさんを好きな人のための映画になっていると感じた。俳優さんたちが良く、予想よりも美しかった。
oneday

onedayの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

プーさんが好きな人にこそ観てほしい
映画を観る前からクリストファーロビンのモデルが大人になってグレちゃったとか色々な噂を聞いていたけれど、事実がわかってよかった。
グレちゃったわけじゃなくて最初からクリストファーロビンは自分じゃないと思ってたわけなのか
彼にとってはwinnie the poohも本当のwinnieとは違ったんだ
両親がビリーの気持ちを考えず突っ走っている中、ベビーシッターのひとがずっとビリーに寄り添っていたのが救いだった。

このレビューはネタバレを含みます

クリストファーロビンのモデルとなったビリー・ムーンの子ども時代を描いた映画
戦争に行きたがる様子はさながらキングスマンファーストエージェントの息子
訃報が来た時はキングスマンの時同様おいいい!
ってなったけど生きてて嬉しい
キングスマンも生きてたら良かったなぁ
>|

あなたにおすすめの記事