弓の作品情報・感想・評価・動画配信

「弓」に投稿された感想・評価

ま

まの感想・評価

2.8
謎設定で始まったなーと思ってたらあっという間に90分
結局2人は神かなんかだったのかな?
August

Augustの感想・評価

3.0
保護と支配は紙一重
毎度お馴染み、喋らない主人公2人
キム・ギドク監督作品をここ最近何本か観ているが、今作は芸術性?が強すぎました。

今作の前に、「受取人不明」を観ており、弓が出てきたことを思い出しました。
今作の最後でもあるように監督にとって、弓は目標とも言えるものでした。
疑問がスッキリです。

このレビューはネタバレを含みます

なんとも不思議な物語。
おっちゃんに誘拐され、10年間船に監禁された少女ということもあり、受け入れられる人とそうでない人がはっきり分かれる作品だと思います。
確かにおっちゃんの欲望のための行動はキモい。
でも、なんだろう。このおっちゃんなんだか憎めない。物語前半では一緒に結婚してほしいとさえ思ってしまった。
我々も洗脳されているのでしょうか?
そしてこの映画の最大の特徴である、このふたりだけ喋らないということ。
彼らのコミュニケーション手段は弓。
矢を放ち、音楽を奏でることこそが彼らのセリフ。
最終的に少女が船に戻り、おっちゃん側に靡いたのも他の領域のものには理解し得ないふたりだけの絆みたいなものなのかなと思ったり。
弓占いの部分はほんとに危なっかしいのに音楽のせいでエモーショナルに。
大学生が来てからの緊張感も弓を張っていくようで、とても良かったです。
ラストの結婚はおっちゃんの幻想なのでしょうか。
おっちゃんの魂が最後のあの矢に込められて、純粋無垢な白装束の少女の股間に突き刺さる処女喪失。
あの瞬間今までの少女の束縛から放たれ、大人の女性となって新たな海へ漕ぎ出していく。
とにかく不思議な90分間でした。
少女役のハン・ヨルムさんは本当に名演でした。
細かい表情の演技が素晴らしかった。
大人っぽい妖艶な顔から大学生に見せる乙女な顔、あどけない幼さのなかに女性らしい強さ、凛々しさを感じました。
この犯罪行為を美学としてしまう自分も相当ヤベェやつだなと思いますが、美しい音楽とあの生活感漂う船の不思議な空間、雰囲気は万人受けすると信じています。
Suiu

Suiuの感想・評価

-
キム・ギドク監督初鑑賞
2人の台詞は無い。90分、見入ってしまう画と二胡の響き。だけど、うーん、じいさんの弓に込めた身勝手な独りよがりの願望としか。。。
発想がキモい。
10年、優しくされたかもしれないけど、あまりにも人権侵害。
これが男のファンタジーなのか?都合良過ぎるし、ゾッとする。誘拐、幼児虐待で胸くそ級。
奇才だか、なんだかわからんけど、発想がキモ過ぎて映画として楽しめなかった。オエ〜
マダムM

マダムMの感想・評価

3.0
キム・ギドク監督のエロティック・ファンタジー。

何だかなぁ…
瑞希

瑞希の感想・評価

5.0
音楽で何度も泣かされた。私は純愛のラブストーリーだと思いました。
iq3

iq3の感想・評価

3.0

それはきっと救済で
唯一の生きる希望で
ふたりだけのふねで
老人の夢と少女の夢
守り愛をかなでる弓
孤独なのは船も同じ
Pegasus

Pegasusの感想・評価

4.2
「いや〜〜なんかスゴいの観ちゃった〜」
これが鑑賞後に思った一言。
上手く言葉には表せないけど、しみじみと心に染みるような感覚。古文でいうなら「いとをかし」(趣深い)がピッタリな作品だと思う。
リアル路線ながらもファンタジー味もあって不思議な感じ。

とにかく作品に漂う雰囲気が素晴らしい!!
微笑ましくもありながら張り詰めた緊張感があってスローペースな映画だけれども目が離せない引き付けがある。
その引き付けの中心は、あの妖精でもあり魔女のようでもあるハン・ヨルムの存在感が成している。
一回も喋ってないのに脳裏に焼き付いてしまう可愛くも少し不気味な笑顔。
なんかぶワーッて取り憑かれたような気分にさせられる。

簡単に言えばロリコンのオヤジから少女を連れ戻すって話なんだけど、不思議と気持ち悪さは感じず、むしろ全てのカットが美しく目に映る。
奇妙な2人の関係も常にカメラ目線の表情が全てを表していて、しみじみと感じ取ることができた。
ラストあたりはもう訳分からん展開だけど、それすら美しく映るし不思議と説得力があるんだよね。
やっぱり映画って現実的かどうかよりも監督の描きたいビジョンを如何に映像として表現できるかが、大切だし面白くもあるな、と再確認できた。

今このレビューを書きながら、自分の語彙力に失望しているのだが、どうあがいたって上手くこの映画を表現できる言葉は思いつかない。
不思議で奇妙な語彙力喪失映画でした。
taka

takaの感想・評価

3.3
『不思議な異世界?いや普通に船上』
げっ、芸術作品なのかなあ?🏹😅
自分に不向きな世界観に迷い込んだ💦
ラスト15分の必見シーンに驚き👀
説明や伏線回収的な感じはないけど、要は誘拐してきた6歳の少女と10年も船上で暮らしている。オジサンと16歳の少女の言葉もなき不思議な独特WORLDの中の物語。風呂のシーンが何だこれはの世界感🤫少女が17歳になったら結婚すると、おじさんは決めてるらしいが…。そこに現れる好青年の出現で関係性が揺らぐ😁
そこにタイトルの弓が絡んでくる🏹
物言わぬ2人の互いのストレスや欲求が垣間みえる。全く教育すらしてないと思われる少女ハン・ヨルムの何とも言えない妖艶な魅力がヤバい😅とにかく想像力を駆使して観るのが好きな方には好まれると思うが、この作品は私には刺さらなかった…。でも離脱しないで取り込まれて最後まで観てしまった😅
>|