海にかかる霧の作品情報・感想・評価・動画配信

「海にかかる霧」に投稿された感想・評価

shoma

shomaの感想・評価

3.7
ポン・ジュノが製作に関わり、『殺人の追憶』の脚本を担当したシム・ソンボが監督を務めた本作📽️

2001年に韓国で実際に起こった「テチャン号事件」がモデルとなっています。

不況にあえぎ生活が苦しい漁船チョンジン号の船長チョルジュは中国人密航者を輸送するという違法な事に手を出してしまう。
しかし、色んな事が絡み、思いもよらない事態へと発展してしまう。

船の上というワンシチュエーションに近い状況で繰り広げられる人間模様はホラーでしたね。
極限状態に陥った時の人間の狂気が伝わってきました。

船長役を演じたキム・ユンソクさんの迫力満点の演技も凄かったですね👏
みんと

みんとの感想・評価

3.6
とんでもない作品だった。
暫く韓国作品から遠ざかってたせいだけじゃない気がする。

人間はこうも残忍になれるものなのか?

船上と言う逃れられない閉鎖空間だからこそ、より恐怖心を煽るし、漁船ならではの臭いすら感じてしまった。

怖い、おぞましい、とても人間の業とは思えない。まさしく目を覆いたくなる地獄絵図。コレが実話ベースと言うから恐ろしさ倍増、いや更に倍!

流石、韓国映画!攻めて攻めて攻めまくる!いや~もう感心する。

はぁ、心底疲れた。

個人的には、イケメンもしくは気になる俳優さんが1人でも登場してたら僅かでも救われた気がするしスコアにも反映出来た気がする。
こういうものすごい映画撮る人って普段何見て何考えてるんだろうな 嫌な予感がじわじわと的中しまくる展開が面白すぎて頭がおかしくなりそうだった
おつぶ

おつぶの感想・評価

3.5
中学生か高校生の時に
友達がユチョン好きで見に行って

めっちゃグロかった思い出がある。


韓国映画って、半端ないな、、、
と思った衝撃の作品。
すぅ

すぅの感想・評価

3.3
人間の狂気を見た...
韓国映画のヘビーさはやはりハンパない
さすがポンジュノ めちゃくちゃ面白かった 欲望のアイコン化された登場人物が船上というクローズド空間で豹変していく地獄絵図 この限られた空間でここまで広がり持たせるかという驚き 
主人公とヒロインの距離の詰めかたが大胆かつ丁寧 
ヒロインが悪役に見つかるまでの流れるような展開も素晴らしい
そしてラストのスマートさ!
最高

このレビューはネタバレを含みます

1999年ころ韓国が経済危機の時代。中国から韓国への密航にまつわる話。
もね

もねの感想・評価

-
すごい映画だな。見応えしかなかった。

見終わった後、この喉元になんかつっかかる不快感ほんとクセになる

船長とおじさんのイザコザのあとから、グッと関係性が変わるドンシクとホンメの演技は圧巻。
窮地に陥った人間の欲望や弱さ脆さと、抗えない海の壮大さが良い対比として見れた

このレビューはネタバレを含みます

そう古くはない時期に実際起きた事件を元に、舞台劇「海霧(ヘム)」がつくられ、さらに映画化したのが今作のようだが、キムユンソクを柱にすえた時点で、クオリティは増すってもんだね!、、、しかし高品質ゆえに、しんどくもなるもんだ。笑

まずもって不況にあえぐ漁師町で、腐りながらも、ギリギリの夢と生き甲斐を、かろうじて立っていられる支えに頑張る船長を、船員を、到底否定など出来ない!

、、、しかし冒頭からのイヤな予感しかしない船出からの、やっぱりか!みたいな地獄の底にゴロゴロと落ちていくしかない展開は、もはや1人か2人の人物のみの行く末を案じながら観るのが関の山である。。

、、、だから絶妙といえば絶妙!ドンシク(ユチョンssi )とホンメ(ハンイェリssi )の2人の運命というか執念というか、本来人見知りな2人の性格を本人達自らが殻をブチ破らないと、そもそも恋するどころか、生き残れないっちゅ〜究極の船の中!、、、ぃやあ、この2人さえって想いながら観たのは結果正しかったんだが、疲れたよ。。^^;

船内でドンシクのオジサンが、優しさゆえに気が狂い、船長もやむなく仲間なのに殺さざるをえない場面を、これまた口に手をおおい物陰で泣きながら見るドンシクとホンメ。、、、ここは天才的なシーンだ!、、、秀逸なのは、惨劇を目の当たりにし、さんざん泣きはらし、抱き合ってた2人が、そのまま男女の契りの行為に移行するところ!!、、、なんか分かる〜‼︎ 、、、絶対こうなるよね!

笑笑、、、はい、もうその後の展開やら、クライマックスやら、ラストの6年後やら、勿論興味深く観たけど、僕にとってのピークと収穫は、全てその船内の2人の奇跡の愛し合う姿!コレに尽きる! ほんと僕ってクセの強い観方してるんかなぁ〜とも思うけど。。🤣

このレビューはネタバレを含みます

密航というのがどういうものか、船の上がどういうところかの怖さがよくわかる。最後はなんか切ない。でも、ありきたりのハッピーエンドじゃないからいいのかもしれない。
>|

あなたにおすすめの記事