とうもろこしの島の作品情報・感想・評価

とうもろこしの島2014年製作の映画)

Corn Island/Simindis kundzuli

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:101分

3.9

あらすじ

ジョージア(グルジア)と、ジョージアからの独立を主張するアブハジアは、1992年以降、激しい戦争状態にあった。両者の間にはエングリ川が悠々と流れている。この川は春の雪解けとともにコーカサス山脈から肥沃な土を運び、中洲をつくる。両岸で兵士がにらみ合い、銃弾が飛び交う中、アブハジア人の老人と孫娘は、昔からの風習のとおり、今年も中洲の小島に小舟で渡り、小屋を建てて、土を耕し、とうもろこしの種をまき、苗…

ジョージア(グルジア)と、ジョージアからの独立を主張するアブハジアは、1992年以降、激しい戦争状態にあった。両者の間にはエングリ川が悠々と流れている。この川は春の雪解けとともにコーカサス山脈から肥沃な土を運び、中洲をつくる。両岸で兵士がにらみ合い、銃弾が飛び交う中、アブハジア人の老人と孫娘は、昔からの風習のとおり、今年も中洲の小島に小舟で渡り、小屋を建てて、土を耕し、とうもろこしの種をまき、苗を育てる。戦闘は悪化し、ある日、傷を負った若いジョージア兵がこの島へ逃げこんでくる…。深い森と大河の悠々とした流れ、ときおり聞こえる銃声、とうもろこしを黙々と育てる老人と孫娘――セリフを極力抑えて、大自然のめぐりと人間の営みを対比させ、戦争の意味を問う寓話的な傑作。

「とうもろこしの島」に投稿された感想・評価

324

324の感想・評価

4.4
寡黙で雄弁。確かにアンゲロプロスや『裸の島』を想起する。物理的演出が堪らない。
Matsuzoh

Matsuzohの感想・評価

3.2
ちょっと前に観た「みかんの丘」と同時上映されてたという、ジョージア(旧グルジア)映画

ジョージアからの独立を主張するアブハジアとジョージアの境界の川は、毎年雪解け水が運ぶ肥沃な土で中州ができる

対岸では銃声が響き、両軍の兵士のボートがたまに通る中、どちらの土地でもない中州で、トウモロコシを育てる老人と孫娘の物語

序盤、ずっとセリフがなくこのまま無言で行くのかと思った

舞台もほぼ中州で完結
中州以外に老人達の家もあるはずだけど、そこは描かれない・・・というとってもミニマムな作品

「みかんの丘」がかなり劇的な展開だったこともあり、戦域のど真ん中、ということでもう少し劇的な展開があるのかなと思ってましたが、比較的ひっそりと進むお話でした
最後は少し驚かされましたが

好みとしてはもう少し展開が大きい方が好きです

しかし、TSUTAYAはこの映画を「アクション/戦争ドラマ」に分類するのはいかがなもの?
戦争ドラマには違いないとは言え、アクションはゼロだったけど・・・?
戦時中が舞台の映画を全部「アクション」の棚に並べるつもり??
adusana

adusanaの感想・評価

4.5
耕す者と兵士の目。対峙する。
あまりに対照的な視線にグッと引き込まれた。
Oliver

Oliverの感想・評価

3.6
こんなにも言葉のない映画に出会ったのは初めて。そして言葉を必要としないぐらい、お爺さんと孫娘の表情から哀しさが溢れ出ている。

日常の中の非日常として、戦争というものが存在する。悲しい過去を経験しながらも精一杯自分たちの人生を前に進もうとするそんな姿は現実でも同じだろう。

ある意味恐ろしく難しく、そして同時にストレートな内容の映画だと思う。
A

Aの感想・評価

3.6
戦争の印象は薄め。貧しい農民の生活により焦点を当てていた。ラストはかなり切なかった。
セリフは少なくとも、表情だけでなんとなく複雑な感情も伝わるもんだと思った。
ソ連崩壊後、ジョージア(旧グルジア)からの独立を巡るアブハジア紛争を背景に、自然の摂理と人間の原初的な営みを捉えた寓話的作品。

極限まで台詞を排した本作は美しい"画"の連なりが我々に多くを語りかけます。

春になるとジョージア・アブハジア間を流れる川には雪解け水が氾濫し、堆積した土で誕生する肥沃な中州。
戦闘地域であるものの国土争いに侵されず、ただ自然の神秘のみによってもたらされたこの小さな中間地帯には、アブハジアの老人がとうもろこしを育てる農地としての役目を与えられます。

寡黙に一から小屋を建て、種をまき、孫娘と共に収穫までを過ごす日々。
銃声音や兵士のボートの往来を尻目に、この自然の恩恵による不可侵領地は聖域としての意味合いを強めます。

そこで焦点が当てられるのは少女が次第に一人の女性として成熟してゆく過程でもあり、その純粋無垢なエロティシズムを追ったカメラは確信的。
また初潮の暗喩だったり、人形との距離感は彼女の成長を表し、
特に少女の裸体が月明かりに照らされて沐浴する姿は大変清らかであり幻想的であります。

しかし突如、このノーマンズランドにジョージア人の負傷兵が舞い込むことで打ち砕かれる平穏。

負傷兵と少女との交流はビクトル・エリセ「ミツバチのささやき」を彷彿とさせ、
少女の成長のフォーカスは「青いパパイヤの香り」を想起させます。

季節が廻れば再び消滅する中州の一生。
そこで育まれるのは日々の糧である穀物の生育。
それらを介して描かれる女性の姿は生命の源を意識させ、
自然のサイクルの中で享受される"存在"の尊さはより戦争の無益さを強烈に印象付けるのです。

照明の主張が強すぎてどうしても気になっちゃうシーンはチラホラあったものの、
過酷な自然の恵みに生かされつつ、その中で小競り合う人間の小ささを諭す、大変含蓄に富んだ作品でした。
戦争という視点では『みかんの丘』の方が
胸に訴えてくるものがありました。

ジョージアがグルジアから国名を変えた時も、
「ああ、そうなんだー」としか思わなかった
自分の無知さが悲しくなりました。
生活のすぐそばで銃声が鳴り響いてるなんて…。

少女の鋭い視線は、きっと両親も戦争で…と
想像させられました。
映画は全てを語らなくてもいいと、教えてくれる作品です。
yoshimin

yoshiminの感想・評価

4.2
中洲に家を建て、土を耕し、畑を作り、とうもろこしを育て、生活するおじいちゃんと孫。
毎年この繰り返しなんだろう、そうやって生きていくってほんとすごいなぁ。

川のせせらぎ、鳥の声、雨音、ボートを漕ぐ音、水面の光、描写が美しい中で、たまに出てくる銃声や兵士たち。

最後に衝撃。そんなラストにしなくても。。
そしてまただれかが中洲から畑を作る。

多くを語らず、良い作品でした。
戦争状態にある国境を流れる川の中州に小屋を建て、そこでとうもろこしを栽培しながら生活を営む老人と孫娘の物語。そこに傷を負った敵兵が逃げ込んでくるのだが、2人は敵・味方の立場を越え、彼をかくまう事になる。

作品全体を通じて台詞が殆ど無く、戦争を題材にしていながら政治色は殆ど無い。風刺の効いた絵本の世界を覗いているような、そんな感触を持つ作品だ。故に、自然と戦争の対比がより残酷に炙り出され、それがメッセージ性に繋がっている。

この表現手法は類似作品も少なく特筆すべき点だと思うが、僕が観たタイミングが悪かった。北野武監督作で聾唖者を主人公にした「あの夏、いちばん静かな海。」の翌日に観てしまったのだ。これも北野流サイレント映画と呼ばれるほど台詞が少ない作品。しかも聾唖者が題材という事で、台詞を減らす理由がはっきりしているのだが、これに比べてしまうと「とうもろこしの島」の登場人物が喋らない理由がどうしても見付からない。見付けようとすると「映画として効果的な演出を導入する」という現実的な理由が浮上してきてしまう。

言葉が通じない敵兵は別として、老人と孫娘については、ここまで極端に台詞を減らす必要は無かったようにも思える。もし減らすのであれば、彼らが会話を交わさない背景を提示した方が良かっただろう。まあ、細かい事を言い出せば、個人の好みや観るタイミングの問題でしかないのだけれど、レビューとしての信憑性を守りたいので、感じた事を正直に記しておきたい。
Bom

Bomの感想・評価

3.6
台詞が極端に控えられてるけど、分かりやすかった。こういう文化もあるのだなと、勉強になりました。

2017年~330本目
10月~465本目
>|