とうもろこしの島の作品情報・感想・評価

とうもろこしの島2014年製作の映画)

Corn Island/Simindis kundzuli

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:101分

3.9

あらすじ

ジョージア(グルジア)と、ジョージアからの独立を主張するアブハジアは、1992年以降、激しい戦争状態にあった。両者の間にはエングリ川が悠々と流れている。この川は春の雪解けとともにコーカサス山脈から肥沃な土を運び、中洲をつくる。両岸で兵士がにらみ合い、銃弾が飛び交う中、アブハジア人の老人と孫娘は、昔からの風習のとおり、今年も中洲の小島に小舟で渡り、小屋を建てて、土を耕し、とうもろこしの種をまき、苗…

ジョージア(グルジア)と、ジョージアからの独立を主張するアブハジアは、1992年以降、激しい戦争状態にあった。両者の間にはエングリ川が悠々と流れている。この川は春の雪解けとともにコーカサス山脈から肥沃な土を運び、中洲をつくる。両岸で兵士がにらみ合い、銃弾が飛び交う中、アブハジア人の老人と孫娘は、昔からの風習のとおり、今年も中洲の小島に小舟で渡り、小屋を建てて、土を耕し、とうもろこしの種をまき、苗を育てる。戦闘は悪化し、ある日、傷を負った若いジョージア兵がこの島へ逃げこんでくる…。深い森と大河の悠々とした流れ、ときおり聞こえる銃声、とうもろこしを黙々と育てる老人と孫娘――セリフを極力抑えて、大自然のめぐりと人間の営みを対比させ、戦争の意味を問う寓話的な傑作。

「とうもろこしの島」に投稿された感想・評価

HAL2016

HAL2016の感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

大好きな作風です。セリフが少ない映画。内戦を描いた映画でありながら戦闘シーンは音だけ。とうもろこしを作るところだけを中心に撮ることで生活することと戦争とは違う次元のもののように感じられました。ある日本人の医師が海外協力である村に水路を引いたことで土地が潤いお金儲けで戦争に行かずに生活ができるようになったというドキュメンタリーを見ましたが、戦争に行くくらいならこの映画の主人公みたく土地を耕し食べるものを作ればいいんじゃないですかね。そうは言うものの自然は過酷です。最近台風などでよく被害があるので日本人ならきっとどうゆう場所を選ぶんだこのお爺ちゃんと思ったに違いないような川の中洲に小屋を建てます。でもそれがまたいつ争いに巻き込まれるのかと不安な状況を煽ります。他にも大人になる前の少女も上手く描かれているなどいいシーン満載です。
人間同士が性懲りもなく川を隔てて戦争をしている。しかし、そこには肥沃な土砂で出来た中洲と魚や緑といった自然と共に生きてきた人間もまた存在する。台詞もSEも極力抑えた効果的な対比で人間の在り方を問い掛ける作品です。それにしても、家や畑がどんどん完成していく様子をじっと見ているのはなかなか楽しいものです。
とかげ

とかげの感想・評価

4.1
静けさの中でさらされる
土地 思い 感情
そして命

肉体の厚みと呆気なさに
愕然とする
すぽ

すぽの感想・評価

3.7
自然の中で伝統的な生活をする老人とそれを手伝う、大人になりつつある美しい孫娘。
台詞や登場人物を極力抑えてあるので紛争地帯という緊迫感は少なく、どちらかというと自然と社会的な流れに身を委ねて生きる土地の人の生き様を切り取った映画だと感じた。

そして、歴史は繰り返す……。
dee

deeの感想・評価

3.7
おじいさんの鼻があんまりにもしっかりしてるから序盤はそこばかり見てしまった。

そこに畑を持つ以上、理解の範疇だと分かってるけど、地盤ごともっていかれるシーンは切なかったね。
yasuka

yasukaの感想・評価

3.5
今年はどこの中州に畑を作ろうと土を選び、木を運び家を建て、土を耕し畑をつくる老人と孫。
自然の中で生きる術をみせられた映画でした。
嵐の中命からがらボートに大事な工具箱を積み込むシーンからこの伝統を受け継げという強い気持ちが伝わってきました。

最後のシーン。彼は誰と一緒に畑をつくるんだろう、と希望が持てるラストでした。

兎にも角にも娘、美しい。
ro

roの感想・評価

3.6
生きる意味。
争う意味。

見終わったあとに良さが広がってくる映画。
マ

マの感想・評価

4.3
自然。映像。本当にとうもろこしが育って行く。

血の流れない戦争の話。
代わりに大人になる少女に生理がくる。

スライドのやたら多い映像が初めはきになったけど、そこが敢えて?なのか、飽きないコツだったのか、草原の実験は固定ばっかりで寝てしまったのかも?

それにしてもこの女優さん、本当に見入ってしまう
sukekooo

sukekoooの感想・評価

3.8
びっくりするくらい台詞が少なかった。トータル20あったかな?くらい。冒頭から20分くらいずっと沈黙。でも、沈黙しているからこそ目に入ってくるものもあるのだと認識した。
最後のシーンに関しては良いとも悪いとも言えない。必然性があったとは思えない。
女の子の、身体を観せる意味は何だろう。性の始まり?心が病んでいるのは分かったけど、その先は分からず…。
戦争で「失う」ものの多い中、今にも壊れそうな島の上で作物や家を「作る」、相反する行動が同時進行していく様が良いと思う。
レイ

レイの感想・評価

5.0
少女の順応力は高いと思うの

非常に評価に迷ったが、終盤の畳み掛けが恐ろしく良かったのでこのスコア。

凄く薄味の塩水を飲んでるみたいな映画………。
淡々(たんたん)というより、淡々(あわあわ)という感じ。
妙なお芸術意識が感じ取れないのが最高。
時々入る音楽も良い。
情報量の調節もベストだと思う。
難点を言えば、予告編がつまんなそうなところ。

とうもろこしの島は、多分これからも私の中で淡々と存在し続けると思う。静かな生命力。
>|