とうもろこしの島の作品情報・感想・評価

とうもろこしの島2014年製作の映画)

Corn Island/Simindis kundzuli

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:101分

3.9

あらすじ

ジョージア(グルジア)と、ジョージアからの独立を主張するアブハジアは、1992年以降、激しい戦争状態にあった。両者の間にはエングリ川が悠々と流れている。この川は春の雪解けとともにコーカサス山脈から肥沃な土を運び、中洲をつくる。両岸で兵士がにらみ合い、銃弾が飛び交う中、アブハジア人の老人と孫娘は、昔からの風習のとおり、今年も中洲の小島に小舟で渡り、小屋を建てて、土を耕し、とうもろこしの種をまき、苗…

ジョージア(グルジア)と、ジョージアからの独立を主張するアブハジアは、1992年以降、激しい戦争状態にあった。両者の間にはエングリ川が悠々と流れている。この川は春の雪解けとともにコーカサス山脈から肥沃な土を運び、中洲をつくる。両岸で兵士がにらみ合い、銃弾が飛び交う中、アブハジア人の老人と孫娘は、昔からの風習のとおり、今年も中洲の小島に小舟で渡り、小屋を建てて、土を耕し、とうもろこしの種をまき、苗を育てる。戦闘は悪化し、ある日、傷を負った若いジョージア兵がこの島へ逃げこんでくる…。深い森と大河の悠々とした流れ、ときおり聞こえる銃声、とうもろこしを黙々と育てる老人と孫娘――セリフを極力抑えて、大自然のめぐりと人間の営みを対比させ、戦争の意味を問う寓話的な傑作。

「とうもろこしの島」に投稿された感想・評価

sugi

sugiの感想・評価

3.8
ニーチェの馬的な感じなんだが、同様にいい映画。会話ほとんどなくてもここまでいけるのか。最後のシーンとかどうやって撮影したんだろ。みかんの丘気になる
私が以前観た「みかんの丘」と同時期に上映されたようです
さっき公式サイトを見たら「みかんの丘」と同じサイトで2つの映画が紹介されてました
まさかオフィシャルサイトが同じだったとは
その公式サイトの「イントロダクション」を
見るとジョージアとアブハジアの事がよくわかります
まずそれを見てからの方が分かりやすいかも

「みかんの丘」もジョージアとアブハジアとの紛争の話です

「とうもろこしの島」も
ジョージアてアブハジアの紛争をそこに住む住人目線で描いた映画ですが
両作品は全くストーリーが違います
「みかんの丘」はエストニア人イヴォに介抱され、憎み合う2人の敵同士が向かい合い、その間にエストニア人のイヴォが入り仲介と言ったら変ですがここは私の家だから争いは禁止なんてルールを作ったりと、イヴォの言葉、言動が
ずっしり胸にくる作品です

しかし、今日観た「とうもろこしの島」は
余計なセリフは一切排除されています
老人と少女の表情や自然の風景や音で伝える
作品です
サイレント映画並みにセリフがない
映画が始まり長い間全くセリフがないから
いつ喋るんだと思いました
この映画、台本1ページじゃないの?

老人が小屋を作り、とうもろこしを耕し始める川の中洲(ジョージアとアブハジアは、一部エングリ川を挟んで国境があり対立関係にあります。中洲は川の真ん中なのでどちらの領土って訳ではないのです)という小さな場所で起こる、人の営み、紛争と人間、自然と人間
それをとうもろこしと少女の成長により
季節感を表現し、美しい映像と共に自然の怖さ、紛争の緊張感を伝えてくれます
なんかずっと見えない緊張感が漂う作品でした

ラストは結構衝撃です
だぶんそうなるんじゃないかと思いましたが
それでもやはりそれはここに住む人の風習なんでしょうね

そして、この作品の老人の孫娘である少女はかなりの演技力かも
可愛らしさと共に、時折見せる彼女の鋭い目線が
彼女が今までどんなことを見てきたか、体験してきたかが大体想像ができます
しかし、たまに少女のエロティシズムなシーンが入るんだけど
なんでそういうのを入れたのかなあ
それがわからなかった

この地域に住む人々の風習と営みが中心の話で
そこに自然との対峙、そして今起こっている
紛争を交えて描いた作品ですね

両作品とも良かったですが
「みかんの丘」の方が分かりやすいかな
「とうもろこしの島」は好みが分かれそうな感じがします
静かな映画でセリフがほとんどなく
人の表情や自然の風景や音で感じる作品だからです
だから人によって伝わり方が違うかもです

これは片方だけを観るより
両作品を観た方が面白いと思います
舞台や背景が同じながら視点が全く違う作品です
どちらもいい作品なので
興味のある方はぜひ観比べてみてください!
sy

syの感想・評価

3.9
中州の占有によって所有権は主張できるのか

とか、固いことは考えずとも、これは実に良くできた映画でした
まず台詞がほとんどない。それなのにひたすら見入ってしまうのはなぜだろう。ところどころにヒヤヒヤするシーンがあるのだけど、それもまたうまいなぁ。そして最後は…
美しく静かで力強い作品。
映画において専門的な事を察知できる目を僕は持っていないのですが、この映画のロケーションとカメラアングルが自分好みだということは胸を張って言えます。

役名が出てこないあたり、自分にとって易しい設定なのかも。笑
セリフも二十分あたりまで一切無いし、その後も一言二言くらいしか出てこない静かな映画です。そのために景色の美しさが強調されているのかもしれません。


もっと戦争についての描写があるのだと思っていましたが、少し肩透かしを喰らった印象です。
しかしながらそれよりもさらに大きなテーマについての映画なのかも、と思ってみたり。

過去の人間の営みの上に現在があって.....
まるで川の流れによって堆積されていく砂のような.........
けんし

けんしの感想・評価

4.1
ほとんど台詞がなく、
風の音、水音、物音。
戦争と自然と生活が、同じ比重で並行して描かれる。
これも秀作。
一番、私が揺れた場面は、孫娘と兵士が水をかけ合い、戯れる場面。それを見つめる老人。
孫娘の性の目覚め。
大切なものが変化するということは恐怖なのだ。
リコ

リコの感想・評価

3.8
戦争と自然、兵士と農民、老人と少女、あらゆる面でコントラストのある映画。

家が建てられたり、トウモロコシが育ったり、少女に少しずつ変化があったり。

多くを語らず、目線やカメラワーク、音や動作で、物語と感情が引き出され、終始とても美しい。

でも、正直なところ、もう少し期待しちゃってたので、あと一息欲しかった。
川の中州は危険、これ常識。
そこが戦地だったらもっと危険。
そこに美少女がいたら、さらに危険。
そして監督が変態だったら!
添島

添島の感想・評価

3.8
世界は互いに
閉じたままで、
いまだに出会う
ことがない。

すべてのカットが絵画的。
台詞のない静かな画面に慣れてしまって、急に始まる会話に驚いたりする。
ひとを殺さない銃声は高く一発。
あとは自然におののくだけ。
柴猫

柴猫の感想・評価

3.4
人の営みを描いた映画。
セリフがほとんどないため、何も押し付けられることなく自由にみることができる。
ただ先に同じ紛争を扱った『みかんの丘』を見てしまって。戦争映画として見てしまったから少し後悔。
確かに紛争を扱ったものではあるんだけど、それはむしろ通りがかったようなもので中心ではない。
戦争をテーマに色々解釈してたけど、途中からそれが愚かしくなる。
『みかんの丘』と一緒に見るなら順番的には先にこちらをみた方がいい気もする。
vinotinto

vinotintoの感想・評価

3.5
みかんの丘が良かったので鑑賞。こちらもテーマは同じジョージアの紛争をですが、更にセリフは少なく重め。終盤がなんともやるせない。
>|