とうもろこしの島(2014年製作の映画)

Corn Island/Simindis kundzuli

上映日:2016年09月17日

製作国:
  • グルジア
  • チェコ
  • フランス
  • ドイツ
  • カザフスタン
  • ハンガリー
  • / 上映時間:101分
    監督
    ギオルギ・オヴァシヴィリ
    脚本
    ギオルギ・オヴァシヴィリ
    キャスト
    イリアス・サルマン
    マリアム・ブトゥリシュビリ
    イラクリ・サムシア
    タマル・レベント
    あらすじ
    ジョージア(グルジア)と、ジョージアからの独立を主張するアブハジアは、1992年以降、激しい戦争状態にあった。両者の間にはエングリ川が悠々と流れている。この川は春の雪解けとともにコーカサス山脈から肥沃な土を運び、中洲をつくる。両岸で兵士がにらみ合い、銃弾が飛び交う中、アブハジア人の老人と孫娘は、昔からの風習のとおり、今年も中洲の小島に小舟で渡り、小屋を建てて、土を耕し、とうもろこしの種をまき、苗を育てる。戦闘は悪化し、ある日、傷を負った若いジョージア兵がこの島へ逃げこんでくる…。深い森と大河の悠々とした流れ、ときおり聞こえる銃声、とうもろこしを黙々と育てる老人と孫娘――セリフを極力抑えて、大自然のめぐりと人間の営みを対比させ、戦争の意味を問う寓話的な傑作。

    「とうもろこしの島」に投稿された感想・レビュー

    Marrison
    Marrisonの感想・レビュー
    20時間
    1.5
    全体つまんなかったけど、ラストの急迫だけは見応えあった。とうもろこしは、何割かは無駄になっちゃったのかしら。
    乙羽信子さん主演の名作「裸の島」はソ連の人々に最初に愛されたので、ひょっとしたらこれの製作陣の何人かは、あの神々しい労働哀歌から影響受けてるかもしれないね。
    何にしても、平和が一番。人を撃つなんてダメよ、ぜったい。(お祖父さんが威しで一発、空を撃つところさえも、不快といえばはっきり不快でした。)
    せんちゃん
    せんちゃんの感想・レビュー
    1日
    2.8
    最初穴掘って何してるのかわからなかったが、最後穴掘ってるシーン観て、こうやって歴史が続いているのだなと理解できた。中洲しか映らないし、セリフも少ないし、ほとんどじいいさんと娘しか出ないけど、ずっと何か危うげな緊張感あった。最後にじいいさんが何故船に乗らないのか??だった。
    harukapi
    harukapiの感想・レビュー
    6日
    3.5
    静かで叙情的な映画だった。目線が美しい。
    人々のいつもの日常に戦争がどうやって混ざり込んでいるのかとか、日常の中で戦争がもたらす異物感とかが感じられる。
    何も無い島(中州)で、家を作っていく、畑を耕していく、魚を捕って火をおこして調理する、貨幣で解決するのではなくてひとつひとつ自分の力で「生活」していく様子が素敵だった。特に家を建てる過程のシーンは美しい。
    最後の柱の場面、おじいさんは自分が1から作ったものを、壊されるのではなくて、自分の手で壊したかったのかな。自然が与えてくれるものと、自然が奪うものとを想うとやるせない。人間なんかにおかまいない、自然はあくまで自然のままだ。でも最初のシーンと最後のシーンは連動というか示唆的だった。
    FOURFINGER
    FOURFINGERの感想・レビュー
    2017/05/15
    3.8
    戦争を背景に人のあるべき姿というか本質を描いたお話です。尚且つ無駄がない!おじいさんと孫娘、敵対する怪我した兵士ってのも丁度いい。おじいさんという年代・性別を主役にしたのも生きる術を知っているのに相応しい年代ですし、ほっそりした思春期の孫娘を持ってくるあたりも…ね。衣食住、性の芽生え、人間の本質ですよね。着替えるのも少し恥ずかしい、ふくらみかけた胸(自分で言っててちと恥ずかしいのですが)、男に興味を持ち始める感じとかいいですよね。孫娘はね、男とじゃれ合うこの瞬間、作品唯一の笑顔を見せるんですよ。あはは、思春期万歳ってかんじですよね。中洲を選ぶのも戦時中の外界との差や自然の脅威を表すのに丁度いいと思いました。こんだけ台詞が少ないのに心に突き刺さるものが半端ない、素晴らしい作品だと思いました。脱いだら凄いのよ、いや違うな、目力半端ないおとなしい娘とでもいいましょうか。合わせて『みかんの丘』も観てみようと思いました。
    ぽんで
    ぽんでの感想・レビュー
    2017/05/14
    3.5
    2017.5.14
    記録 TSUTAYA
    言葉がすごい少なかった。なんか新しい感じ。でもそのぶん内容はよくわかんなかったって感じ
    emily
    emilyの感想・レビュー
    2017/05/14
    4.1
     1990年代初頭、ジョージア最西端に位置するアブハジアが独立を主張してジョージアと戦争になっていた。両者の間を流れる川の間にできた島に、老人はコーン畑を耕し、孫娘と一緒に暮らし始める。両方の兵士達はただ横目に見ているだけだったが、ある日傷を負った兵士がコーン畑に迷い込んできて・・・

     紛争が激しくなる中、まるで両者の懸け橋になるように小さな島に畑を耕し、藁を敷き詰め、生活環境を整え、川で水浴びし、淡々と生活を紡ぎあげていく。壮大な自然、波の音、川に映る姿、育っていくコーン、一日一日が自然の中でゆっくりと流れ、瑞々しい空気が漂う中で、奥からは銃声が鳴り響く。対照的な描写と、交差する少女の目、少女から大人へ移り変わる絶妙な時期を兵士の目線との交差で綴り、言葉少ない中に、自然の厳しさと戦争への批判をしっかりと漂わせる。

     自然の音の中で引きのカメラで自然を大きく捉える。何でもない作業の一つ一つを丁寧に描写し、”生きる”事を客観的なカメラがしっかり捉える。やっと手にした小さな城と生活の基盤も、戦争という人々の手で作った物と、自然の力によりあっけなく崩れ去っていく。どうしようもできないものと、人の力で出来上がった”何とか変えることが出来るもの”を見事に交差させ、残酷なまでに人間の根本的な儚さを唱える。

     それでも未来ある少女は確実に一歩一歩大人に向かっていく。どんな状況下でも人は成長し、大人になっていくのだ。儚さを描きながら、その奥にある太い生命をしっかりと光輝かせる。一つ一つのシーンが生き生きと自然の色彩も色も音までも見逃さず、残酷以上にやさしさを感じさせる。生きるという当たり前の事をただ淡々と紡ぎあげる姿に、息をして生きてるというありがたみをひしひしと感じさせるのだ。
    まこ
    まこの感想・レビュー
    2017/05/13
    3.7
    こちらも淡々と。
    女の子がどうにかされるんじゃないかとちょっとヒヤヒヤしたくらい。
    みんてぃあ1109
    みんてぃあ1109の感想・レビュー
    2017/05/13
    3.1
    最初の1時間台詞なんて10秒もないんじゃないか。
    よくわからないで観始めたら何の映画だかさっぱりわからず静かなのでうとうと。。。どこの話?どういう状況?

    あらすじを読んでからの方がいいです。

    ジョージア(グルジア)と、ジョージアからの独立を主張するアブハジアは、1992年以降、激しい戦争状態にあった。両者の間にはエングリ川が悠々と流れている。この川は春の雪解けとともにコーカサス山脈から肥沃な土を運び、中洲をつくる。両岸で兵士がにらみ合い、銃弾が飛び交う中、アブハジア人の老人と孫娘は、昔からの風習のとおり、今年も中洲の小島に小舟で渡り、小屋を建てて、土を耕し、とうもろこしの種をまき、苗を育てる。戦闘は悪化し、ある日、傷を負った若いジョージア兵がこの島へ逃げこんでくる…。深い森と大河の悠々とした流れ、ときおり聞こえる銃声、とうもろこしを黙々と育てる老人と孫娘――セリフを極力抑えて、大自然のめぐりと人間の営みを対比させ、戦争の意味を問う寓話的な傑作。

    対立してようがなんだろうが自然はそのままだしそこに住んでいる人も昔のまま。
    2wd4wdRocK
    2wd4wdRocKの感想・レビュー
    2017/05/12
    3.8
    そばかすすげー

    本当にセリフが殆ど無くてびっくりした。

    セリフがない分各シーンの端々にヒントというか行動の理由みたいなものが感じれるので不便は無かった。

    日本の気候とは違うから季節の移り変わりがわかりにくい。

    まださむい冬に中州を探しに行き土壌調査と、去年その場所で耕やし暮らしていた痕跡から御守り的なものを見つける?。で、一先ず旗立てて材料持ってくる。

    基礎工事の為の石や掘っ建て小屋建てる為の手順なんかもわかって面白い。

    古屋建ててながら少しずつ土地が広がって行き、土地を耕す。

    掘っ建て小屋で暮らせれる位の気候になる。

    春先?多分雨が降る季節に種植えして乾季が訪れる。その間は川の水を直接あげる。

    台風?ハリケーンの季節が近づくとバリケードの為に中州の周りに去年のトウモロコシの茎を束ねたもので囲う。因みに掘っ建て小屋の屋根もこのトウモロコシの茎。たぶんだけど。

    夏を迎えやがて収穫の時期が近づいてくるけど、同時に雨季がやってくるので中州は水に沈みまた来年誰かが耕す。

    みたいなサイクルなんですかね?

    ほんと適当な予想。

    映画はよかった。
    月デカすぎ。

    でもちょいちょいつっこみたくなるシーンもあった。

    月でけーとか、そんな屋根と壁じゃ布団ビチョビチョなるだろとか、カミナリのフラッシュチープだとか、やたらエロい孫娘とか。
    カツマ
    カツマの感想・レビュー
    2017/05/11
    3.8
    沈黙は雄弁に語る。語らないことが逆説的に強烈なメッセージ性を放つ異様な余韻を残す作品。ほとんどセリフはなく、画面は静寂と大自然の躍動に溢れる。そう、例え戦火の中にあっても、淡々と日々は続いていく。

    舞台は1990年代にグルジアで勃発したアブハジア紛争地帯。両軍の往来も激しい危険地帯の小島に老人と孫は小屋を建てた。そこでとうもろこしを栽培するために。時に銃声が鳴り響き、両軍の兵士達から奇異の目で見られる中、祖父と孫は戦争という大陸から離れた小島となって独立した物語を紡いでいく。そこに立つ一片のさざ波。負傷した兵士が島に打ち上げられ、老人はただ無言のままに彼を匿うことにする。

    サインはとても小さいが、孫娘の感情の変化のスイッチは確実に押されていき、彼女の成長はそのまま人生の縮図となって観るものに訴えかけてくる。序盤は反戦の話かと思ったが、実はもっと生活に根ざした物語。季節は巡り、何かが壊れ、また根付いていく。
    >|