とうもろこしの島(2014年製作の映画)

Corn Island/Simindis kundzuli

上映日:2016年09月17日

製作国:
  • グルジア
  • チェコ
  • フランス
  • ドイツ
  • カザフスタン
  • ハンガリー
  • / 上映時間:101分
    監督
    ギオルギ・オヴァシヴィリ
    脚本
    ギオルギ・オヴァシヴィリ
    キャスト
    イリアス・サルマン
    マリアム・ブトゥリシュビリ
    イラクリ・サムシア
    タマル・レベント
    あらすじ
    ジョージア(グルジア)と、ジョージアからの独立を主張するアブハジアは、1992年以降、激しい戦争状態にあった。両者の間にはエングリ川が悠々と流れている。この川は春の雪解けとともにコーカサス山脈から肥沃な土を運び、中洲をつくる。両岸で兵士がにらみ合い、銃弾が飛び交う中、アブハジア人の老人と孫娘は、昔からの風習のとおり、今年も中洲の小島に小舟で渡り、小屋を建てて、土を耕し、とうもろこしの種をまき、苗を育てる。戦闘は悪化し、ある日、傷を負った若いジョージア兵がこの島へ逃げこんでくる…。深い森と大河の悠々とした流れ、ときおり聞こえる銃声、とうもろこしを黙々と育てる老人と孫娘――セリフを極力抑えて、大自然のめぐりと人間の営みを対比させ、戦争の意味を問う寓話的な傑作。

    「とうもろこしの島」に投稿された感想・評価

    このレビューはネタバレを含みます

    ただただ惹きつけられていた。
    想像を掻き立てられる物語。
    ただし、ラストでおじいちゃんを置いていく必然性が感じられず。
    急にそこだけ涙を誘うための演出に見えて、残念でなりませんでした。
    こんな台詞少ないの初めてみた
    繊細すぎて見る側のコンディションでスコア大きく変わりそう
    前の職場でジョージア出身の先生入った時に、ジョージア?て調べたら、前の呼び名のグルジアは独立の背景の色々的に良くないからジョージアになったと知りました。
    みかんの丘もみなくちゃ
    セリフは殆んど無いし淡々としているけれど、戦争による悲しみや不条理、抗えない自然の脅威がひしひしと伝わってきた。

    そして、少女から少しずつ色香が漂いだす姿やトウモロコシの成長、ラストのシーンなどから、この世に起こりうる多くの事柄にも動じない脈々と引き継がれる強い生命力のような物を感じた。

    静かだけど臨場感のある引き込まれる作品でした。
    初めて知ったアプハジア紛争。銃声が響く中、川の中州に小屋を建てとうもろこしの種を植える老人と孫娘。苦しみながら、そして模索しながら生きている人間を優しく描く。台詞は数えるほどだ。映像は透明感のある水彩画のような美しさ。ラストに思う、戦争なんか愚かなことをしなくとも人の世って儚いんだなぁ。
    めちゃめちゃ好きなタイプの映画だ、どうしよう、本当に好き
    この映画が女の子だったら結婚したい
    今まで見た事がないタイプの映画。
    ほぼほぼセリフがないので、見る人により感想が変わると思います。

    良品
    何もない中洲に家を建て、とうもろこしが実っていく時間経過と、孫娘が少女から大人に変化していく様子が、とても丁寧に描かれてました。

    柱だけの家に寝転がる姿は、あの空間の匂いさえ感じられる好きなシーンです。
    淡々とはこのことか。一瞬キム・ギドク的なものを想像してしまった。自然の猛威的なことをあれだけで表現するのは違うと思う。全体に違和感、異物感みたいなのが終始張り付いた画。
    セリフが少ないから余計に雰囲気を感じれるというか、、
    終盤は、ぁ、ああぁ〜〜(>_という感じ
    美しい寓話
    >|