とうもろこしの島の作品情報・感想・評価

とうもろこしの島2014年製作の映画)

Corn Island/Simindis kundzuli

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:101分

3.8

あらすじ

ジョージア(グルジア)と、ジョージアからの独立を主張するアブハジアは、1992年以降、激しい戦争状態にあった。両者の間にはエングリ川が悠々と流れている。この川は春の雪解けとともにコーカサス山脈から肥沃な土を運び、中洲をつくる。両岸で兵士がにらみ合い、銃弾が飛び交う中、アブハジア人の老人と孫娘は、昔からの風習のとおり、今年も中洲の小島に小舟で渡り、小屋を建てて、土を耕し、とうもろこしの種をまき、苗…

ジョージア(グルジア)と、ジョージアからの独立を主張するアブハジアは、1992年以降、激しい戦争状態にあった。両者の間にはエングリ川が悠々と流れている。この川は春の雪解けとともにコーカサス山脈から肥沃な土を運び、中洲をつくる。両岸で兵士がにらみ合い、銃弾が飛び交う中、アブハジア人の老人と孫娘は、昔からの風習のとおり、今年も中洲の小島に小舟で渡り、小屋を建てて、土を耕し、とうもろこしの種をまき、苗を育てる。戦闘は悪化し、ある日、傷を負った若いジョージア兵がこの島へ逃げこんでくる…。深い森と大河の悠々とした流れ、ときおり聞こえる銃声、とうもろこしを黙々と育てる老人と孫娘――セリフを極力抑えて、大自然のめぐりと人間の営みを対比させ、戦争の意味を問う寓話的な傑作。

「とうもろこしの島」に投稿された感想・評価

エイジ

エイジの感想・評価

3.9
大自然の営み。

人間の営み。

戦争があろうがなかろうが、
人間はルーチンを繰り返す。

だからこそ、戦争って何?


これもまた良い映画でした。


草原の実験を思い出す。

少女が魅力的。大自然と少女は鉄板やな。

セリフがほとんどない。でも全く飽きないし眠くもならない。じっくりとゆっくりと堪能できる映画。
さと

さとの感想・評価

3.2
みかんの丘がよかったので、こちらも見てみたけど、かなりゆったりしたテンポで、展開もあまりなくセリフも極端に少ないので、ちょっと眠くなってしまった。
jaja

jajaの感想・評価

-
なになに、「大自然のめぐりと人間の営みを対比させ、戦争の意味を問う寓話的な傑作」とある。寓話って、教訓的な例え話のはずだよな。▼はて?これにどんな教訓が例えられているというのだろう。大自然の営みの前では人間のやることはなんと小さなことか、ましてや戦争なんて…ってことかな。▼台詞はほとんどなし。それでも100分間退屈しなかったのは、このそばかすだらけの恐ろしく美しい少女によるところが大きい。▼このところ、最後に主人公の女性が慟哭する映画ばかり観ている。だが、その意味が全部わからないのだ、私には。
mkn

mknの感想・評価

4.0
物語性は薄い。が、とある生の営みが始まりから終わりまで、緊張感を持って展開されていく。
必要最低限の登場人物とセリフによって話が進んでいき、雰囲気は非常に穏やかで美しい。
あと、けっこうフェティシズムをくすぐられるシーンが出てくる。憂いを帯びた孫娘の美しさたるや。
川を挟んで兵士がにらみ合う紛争地帯で
冬の雪解けとともに川にできる中洲に小屋を作り、そこで寝泊まりし、とうもろこしを育てる老人とその孫娘。
会話はほとんど無く淡々とその生活を見る。紛争地帯であれ、その土地で生活する者の強さとか、シーズン終わりの流れ行く土地の切なさとか...なんとも言えぬ後を引くものがある。


2017/10/7 DVD
じえり

じえりの感想・評価

3.1
お祖父さんの眼光鋭い
孫が時々裸になる意味?
絵がわりしないなぁ〜
セリフ少ないからなぁ〜眠いわぁ
しかし嵐からのラストはそれまでの全てを呑み込んで素晴らしい
もも

ももの感想・評価

4.4
会話が本当に少ないからこそ、水、鳥、風、地球、いろんなものが生きている。小さな島の生活に、生きるということが繊細に表現されてる。自然には、人間は決して逆らえない。人間は自然の中に生きている。戦争は、あの美しい自然を、人間の生きる様を、壊すだけだ。
会話が少ない祖父と孫。湖の真ん中にトウモロコシ畑を二人で作って行く。隣では、戦争が…

1990年代初頭、
ジョージアと戦争状態にあるアブハジア。
その両者の間を流れるエングリ川のど真ん中に、
たまたまできた中州というか島に老人が上陸し、
両陣営の兵士に監視されながらもとうもろこし畑を耕しはじめてしまった老人。
その後孫娘も手伝いにやって来てしまったが、、、


ネタバレありです!


これまた独特の雰囲気がある作品です。
とにかく黙々と作業を続ける老人。
そして、20分くらい過ぎたあたりで少女(後程孫とわかる)が登場して
「ここは誰の土地?」
「耕す者の土地だ!」
で初めての会話。
その後も会話はめっちゃ少ない。
とにかく静か。
だから、銃声や草の音などに敏感になってしまう。

ただ、中州でとうもろこしを作ってしまうって話でも興味深いですが、
そこが紛争地域のど真ん中ってのが厄介になってしまう
(だから作品にしたのでしょうが!!)
ので、ちょっとだけハラハラもありましたネ〜

ラストでもはっきりしましたが、人間のしぶとさや逞しさを見せつけられた物語でした♪

そして、何より少女が妙なことに巻き込まれなかったのが一番ホッとしたかな❣️
ひでG

ひでGの感想・評価

3.7
100分あまりで、セリフが20もない。
抑えて、抑えて、ミニマムにして描き出す。とても静かな映画。

お話は全然違うけど、小屋を建てる手間の良さなど、黒澤明の「デルス・ウザーラ」を思い出した。

あんな中洲に小屋建てるんだ〜
畑作るんだ〜
収穫までするんだ〜

きっとあのおじいさんと孫娘の生活では、肥沃な土地は土地代払えず、耕せないんだろう。

誰と手を出さないような、不便で危険で小さな中洲の土地。

でも、あの家族にとっては、大切な生活の糧の土地。

淡々と生活や労働をするさまをずっと追い続けているカメラ。

自然の中で黙々と働く姿を映し出すカメラが秀逸。

この映画唯一のドラマ、つまり、他者・他世界からの訪問者との関係。

正直、説明セリフは一切省かれているので、あくまで私の観た感じの推測ですが、

おじいちゃんは、この負傷兵も、自然の一部として受け入れたのではないだろうか?

名作テレビドラマ「北の国から」の中で、誰のセリフか自信がないが、

「北海道の人間は自然が厳しいから、全てを受け入れる覚悟できているんだよ、」て
思想に似ているんじゃないかなど思う。

ただ、このおじいちゃん、受け入れられないことが一つだけある。

それは、大事な大事な孫娘の成長、変化、

このことがわかるおじいちゃんの表情、
純朴ながら、どこか女性としての成長も少しずつ感じ始めている女の子の表情、

セリフがないだけに、それらがより伝わってきます。

ちょい分かりにくい部分もありますが、不思議と退屈はしないし、
あまり知られていない国のようすを知れるのも楽しい。

静かな隠れた名作です。
>|