私の男の作品情報・感想・評価

「私の男」に投稿された感想・評価

血の雨も、涙も、美しいと感じた。

人間臭いどろどろした内容をかき消すかのような流氷、雪、血の雨。

家族になりたかった。
「家族になりたいんだよ」と言う浅野忠信には泣きそうになった。
どんどん綺麗になっていく花。
どんなに恋い焦がれても、叶わない。

それにしても、花演じる二階堂ふみさんの妖艶さにはやられた。
藤竜也目当てで観賞。
グチュグチュな業まみれな二階堂ふみちゃんがハマっていて良い。ぬかるみ。でもねぇ、藤竜也殺してんじゃないわよプンプン。
おもち

おもちの感想・評価

4.1
二階堂ふみの怪演と血の雨の衝撃。見る者を狂わせるラスト。題材が題材だけに見る人を選ぶかもしれない、とほかのレビューを見て思ったが、わたしは名作だと思います。
ユイリ

ユイリの感想・評価

2.8
二階堂ふみのエロさ全開でしたなー
結局同じことを繰り返すのねって思いました
橘

橘の感想・評価

3.8
原作は昔々に既読で、大筋と、でも原作は時系列が逆だったよなということしか覚えていないので粛々と観ました。
順列にしたことで、どうして淳悟と花があれほどまでお互いだけになったのかがあまり感じられないな…と思ってしまいました。ちょっとすっ飛んでる?と。
でも花に感じる、無邪気さと妖艷さはさすが二階堂ふみさんでした。学生時代はイメージぴったりだったなぁ。大人になってからは…でも、影のあるいい女でした。
淳悟の浅野忠信さんもわかる。。
北海道の流氷って、あんなにキイキイ鳴ってるのですね。世界観が見られて良かったです。

「俺はお前のものだ」「あれは私の全部だ」

「父親になりたかった」「家族になりたかったんですよね」

最初から最後までふたりは間違っていて、倫理的には許される事ではないです。
でも、ふたりにはきっとお互いしかいないのだろうと思いました。離れようとしても、離れることはないんだろうな。
閉じられた頽廃的な物語で好きでした。

淳悟と花が睦みあってるときに血塗れになっていくところで「ギリギリ歯軋りレッツゴー♪」と脳内で流れてきて…もう!となりました。。台無し。
booh

boohの感想・評価

3.3
ぬめっとした質感で最後まで続く映画。二階堂ふみの中学生→大人の振れ幅がすごい。浅野忠信はダメ男としてふさわしくてCharaに見初められるのも訳ないなと思った。

トーストのくだりを台無しにする血の雨の演出…なんでこういう訳わからないフッテージを挟もうと思えるのか1ミリも理解できなかった
生々しーい
身近にいたら気持ち悪いって思っちゃう2人だけど嫌いじゃない。。。
浅野忠信色っぽいなークズ男感がすごいんだけど魅力的に感じちゃう〜
登場人物の色気より場の色気がすごい。
俺のフェロモン吸収されちゃう〜

フェロモンの塊だよこの作品。
血腥いロミジュリみたいな感じ。いやもっと血腥い。
起きた

起きたの感想・評価

3.1
こういう退廃的な映画は嫌いじゃない。
いけないものをこっそりと一人で観ているそんな感情になった。
kikumimi

kikumimiの感想・評価

4.4
二階堂ふみさんが当時19歳で
少女から大人の女性までを妖艶に
演じきっているのがすごい。
けどそれ以上に
浅野さんの、淳悟の堕ちていく様が
素晴らしかった。
>|