サマリアの作品情報・感想・評価

サマリア2004年製作の映画)

사마리아/SAMARITAN GIRL

製作国:

上映時間:95分

ジャンル:

3.8

「サマリア」に投稿された感想・評価

のぶ

のぶの感想・評価

5.0
少女の、罪滅ぼしという発想!
復讐と、両面えがいていて色々あったね、ちょこっと出てくるおじいさんまでかわいい、キムありがとう
さちえ

さちえの感想・評価

3.5
ハン・ヨルムが美人。この世のものとは思えない雰囲気が好き。あっちの世界の住人みたいな。
ラストシーンが最高
北野たけしっぽい

全てを知りながら娘に何も言わず寄り添う父のすごさ。
罪を犯し、罪を贖い、罪を赦す。
罪に触れ、愛に触れ、狂気に触れる。
いつだって君を見つめてる。
Mari

Mariの感想・評価

4.1
女の友情が、
家族の愛が、狂っていく。
キュートなのがまた、いい。
経産婦

経産婦の感想・評価

4.9
すごく好きな映画。学生時代の息の詰まりそうな生活、そこから跳躍する同級生への憧れ、同性愛、セックスへの機微、すべてが濃密に描かれている。キム・ギドクお得意の目を覆いたくなるような暴力描写もまた、映画の欠かすことのできない要素として機能しており納得できる。ファンタジーとリアリティのバランスがとれ、かつ人物(特に娘に対する父親)の心情が鮮明に描かれている本作が、キム・ギドク作品の中では一番の傑作だと思います。
ganegames

ganegamesの感想・評価

4.4
2部と3部はとても好き
父と娘
罰を与えること、罪を赦すこと、罪を受け入れること
援助交際を繰り返すたび聖母みたいになってく少女好き
泣く父の背中にうずくまる姿とか母性極まってて、こっちまで眠たくなっちゃったな
a

aの感想・評価

-

前半と後半はまるで別の映画のよう。
無償の愛と浄化、お父さんこわすぎるよ。
cocosora

cocosoraの感想・評価

3.8
「セックスの時、男は子供になるのよ。」
バスミルダ、聖なる娼婦…。

旅行資金を稼ぐ為に援助交際する女子高生と、その見張り役、お金を管理をする友人の女子高生の不思議な友情。
ギドク作品らしく、説明が無くセリフもごく少なめ。三部構成からなる。
一章目がバスミルダ、二章目がサマリアときて、三章目のソナタは父娘のロードムービーになる。娘に車の運転を教え、娘の元を去る父。おぼつかない運転で父を必死に追う娘。父は娘の罪を赦して自分の罪は許さず償う事を選んだ。印象に残るラストだ。
罪と贖罪、慈悲、赦し、浄化。
>|