サマリアの作品情報・感想・評価

サマリア2004年製作の映画)

사마리아/SAMARITAN GIRL

製作国:

上映時間:95分

ジャンル:

3.8

「サマリア」に投稿された感想・評価

JF

JFの感想・評価

4.1
お父さん。お父さんお父さん。

ソナタか、知ってるよ、ヒュンダイのあの車。ぬかるみではまるのかよ。俺の4WDなら何とかなるのに。

みてくれよ。取り残される者を。
recchi

recchiの感想・評価

4.5
父の想いがとても切ない。
最後父が作ってくれた道をフラフラと運転するシーンがとても印象に残っている。
この映画が多分初韓国映画。
だからか数回しか観ていないのに(しかも10年くらい前)かなり強烈で結構鮮明に覚えている作品。
Ayumi

Ayumiの感想・評価

4.5
なんとも切なくなる映画。
父親も娘もとっても心優しくて哀しい。
あんな計画立てなければ父娘2人だけでも幸せに暮らせていたのに。
(社会人になってからでも海外旅行行けば良いのに)

ラストはとても良かった。
変な夢は父親に知られてることに気づいてたから見たのか。

キム・ギドク監督の初見の作品となりました。映像がとても綺麗で描写も素晴らしかった。
本当にいい映画だった。すごく切ない。数字で評価できるような映画じゃないと思うし、点数は付けない。でも間違いなく傑作だと思う。
色んな愛のかたち。
娘を持つ父として、僕ならどうするだろう。
「美味しそうなサツマイモですね」と言った直後にジャガイモを食いだすコリアンジョーク炸裂
Nagi

Nagiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

脚本ありきの映画。キム・ギドクに傑作は一本もないが、本作も例外ではなく。

いかにすれば人は喪失と向き合えるのかを描くことができる脚本になっていると思う。受け入れるふりをしようが、怒りに身を任せようが、結局どちらにしろ救いはないのだ。それでもよろよろとそれを受け入れようとしながら進まなければならないのだと、自動車が語りかけてくるように感じる。

二人の女子高生に対する演出も素晴らしい。例えば、終盤で彼女はどんどんと親友に似ていく。過去を受け入れようとすることで、却って自分を失っていく感じがよく出ている。これがラストに説得力を持たせていると思う。

キム・ギドクは悪趣味な映画も多いようであまり多く観たいとは思えない。正直今となっては、キム・ギドクのファンって自分どうなの?大丈夫?と思っている。悲しいかな、本作が私のオールタイムベストであることは間違いない。
のぶ

のぶの感想・評価

5.0
少女の、罪滅ぼしという発想!
復讐と、両面えがいていて色々あったね、ちょこっと出てくるおじいさんまでかわいい、キムありがとう
さちえ

さちえの感想・評価

3.5
ハン・ヨルムが美人。この世のものとは思えない雰囲気が好き。あっちの世界の住人みたいな。
ラストシーンが最高
北野たけしっぽい

全てを知りながら娘に何も言わず寄り添う父のすごさ。
>|