サマリアの作品情報・感想・評価

サマリア2004年製作の映画)

사마리아/SAMARITAN GIRL

製作国:

上映時間:95分

ジャンル:

3.8

「サマリア」に投稿された感想・評価

罪が罪へと、償いが償いへと。
人物の視点も入れ変わり、道徳観どうのという話からもぶっ飛ぶような...
運転を教えたのは、人生の軌道修正の仕方を教えたのか...
とにかくギドクだった。
UKEL

UKELの感想・評価

4.0
あらすじからは想像も出来ない変化球…さすが韓国映画。 95分なのに3本くらいの映画を見た気分になる転調…
最後のシーンがとてもいい。
説明させない(言葉にしたらコントみたいな展開になる)、映像の力がある良い映画だった。
父役の演技が素晴らしい&主人公がとても可愛い。
すなが

すながの感想・評価

3.8
キム・ギドクの作品ではこれが一番。。長回し車ショットは見事。悪いのは社会
なんとも切ない話。

前半はソウルの女子高生が援助交際をしている話だけど、
後半ロードムービーみたいになっていく。

後半の時間の長い淡々とした感覚が良かった。
ひでG

ひでGの感想・評価

3.8
正直書きます。
分からないことの方が多いかもしれません。
私はこの映画を分かっていないでしょう。

本作は、あらすじを追っても、人物の行動を常識の範疇で理解しようとしても、
見えてこない映画です。

画面に表れる人物の行動には表面的には説明がつかない。
その裏にはどんな意味があるのか、
どうつながっているのか、
僕には説明することができない(・_・;


ただ、分からないからダメなのか。

否である。

この映画には、圧倒的な映像の力がある。
緊張感がある。

分からなくても、何か、とてつもない力?を感じてしまう。

観終わって、数日経つのに、いくつかのシーンを思い出してしまう。

特に第3部。
娘も父も拭いきれない罪を背負ってしまう。

しかし、2人は直接的にそれに関することを口にしない。触れない。

果たして娘は父の罪を
父は娘の行動の意味を
分かっているのだろうか。
分かっているのに、なぜ言わない?

毎朝、繰り返される父と娘のキリストの逸話の意味は何か?

って言うか、この2人は精神的に親子なんだろうか?

死への道行き、かと思ってしまっていた。

あの山での食事

小さな小屋での一泊

河原での二人

あの🚗のラスト。

何という切なさか、哀しさか、

分からないけど、なんかすごい!
って、
ベルイマンの映画みたいだな。

点数は暫定的なものです(・_・;
売買春する男女に徹底的に不幸の連鎖を与えるキム・ギドクの世界観。
今作、その不幸の起源となるチェヨンを思い浮かべても無邪気な笑顔しか出てこないのが皮肉でならない。

「韓国の北野武」などという形容は断じて好きでないが、殊、この映画に関しては「HANA-BI」がインスパイアされてるように思える。

“雄弁なる沈黙”
私が知る限り北野武とキム・ギドクだけが描く才を与えられてるようだ。
mtmg

mtmgの感想・評価

3.6
女子高生2人がメインの前半は岩井俊二の映画みたいな儚さを感じた。その後の父親がメインになってからは暴力的でエグい描写が続くけどそんなに特徴が無くなってしまったような印象。前半30分くらいしか出ないチェヨン役の子の危なっかしい雰囲気が良い。
キムギドク苦手だったけどこれ観て理解した、なるほど、雑なところが多いけど見事だった
ハンヨルムがかなり役に合ってる

108
ro

roの感想・評価

3.5
チェヨンの笑顔が可愛いんだけどいまいち掴めなくて魅力的だった
uyeda

uyedaの感想・評価

4.1
初めて観たキムギドクで、序盤少し雑だなと思った表現も後々彼なりの寓話的なものの描き方だと納得行き、後半に掛かり石、手、車といったモチーフの使い方の巧さ、「サマリア」の意味が繋がってブチ上がった記憶。
>|