GODZILLA ゴジラの作品情報・感想・評価・動画配信

「GODZILLA ゴジラ」に投稿された感想・評価

史上最低最悪のリメイク映画。しかし戦犯はエメリッヒではなく......

フランスの核実験で生まれた化け物イグアナがニューヨークで暴れるというストーリー。アレ?ゴジラはどこに?


まぁ〜ゴジラとしてでなく一本の映画としても普通に酷い映画だと思いますww 信じられない程にステレオタイプなキャラクターの陳腐過ぎる上にやっすいドラマが展開しまくり。怪獣の迫力がよくても根底である脚本がダメだったら良作とは言えん。

何だろうなぁ〜、インデペンデンスデイとかは割と王道な脚本で、今作もその筈がそれが裏目に出て悪い意味で教科書通りな出来になってしまった感が如何にも否めない。しかもゴジラ...みたいな化け物は完全にジュラシックパークの二番煎じ。そりゃスピルバーグから一生観ない宣言されるワケだwww

ゴジラが、とか以前に何よりもムカつくのは映画評論家のジーン・シスケルとロジャー・イーバートへの露骨な批判。最初から最後まで愚かな政治家として描くってのが風刺としても安直過ぎて全く面白くなければ笑えない。そりゃだって、本人も呆れてましたからね!(全ギレ)

まぁ、この結果の原因はエメリッヒでも無くディーン・デヴリンでもなく東宝でしょう。この脚本とデザインで製作にゴーサインを出す時点で色々どうかしてるので今すぐにでもゴジラに潰されて頂きたい。

今作がレイ・ハリーハウゼンの怪獣映画「原子怪獣現る」のリメイクであるというのは日本の映画雑誌が流した悪質なデマですので鵜呑みにせずようご注意下さいな。

“田中友幸氏の思い出に捧げる”
うるせぇんだコノヤロー!ミサイルで死ぬ時点でゴジラじゃねぇよバカヤロー!ついでに今作を安易なやり口で批判したミレニアムシリーズも許さん!
watarihiro

watarihiroの感想・評価

2.4
南太平洋で、日本の漁船が謎の生物に襲われ沈没した。某保険会社から派遣されたとされるフィリップは唯一の生存者から何を目撃したかを問い出し、彼は恐怖に怯えたようにゴジラと言う。一方、チェルノブイリにて放射線による生物への影響を調査していた生物学者のニックは米国務省からの要請でパナマへと向かい、そこで巨大な生物の足跡を目の当たりにする。色々と調べ、フランスがポリネシア近海での核実験が新種の生物を生み出したという仮説を立てた。新種の生物の追跡を開始したらニューヨークに未知の巨大生物が現れた、、、。

ラルクの浸食の曲が流れないーと思ったら、どうやら最初で流れてるらしい。全く聞こえなかったけど。そしてゴジラのビジュアルがティラノサウルスみたい。アメリカスタイルのゴジラと説明したいのかな?

ゴジラだけが相手と思ったらそのゴジラは妊娠してて大量の卵を生み、大量のミニゴジラが出現。ジュラシック・パークでも見てんのかなと思ったけどまあなんだかんだでゴジラからの逃亡劇は凄い楽しめました。やっぱ恐竜にしか見えない。でも鳴き声はゴジラ。

フランス人のジャン・レノがアメリカの軍隊に扮装して潜入するシーンがあるんですが、そのためにガムをよく噛んでその偏見がクスって笑えました。
Yuki

Yukiの感想・評価

2.9
ハリウッド版ゴジラです!
そこにはもう我々の知るゴジラの姿は無く
まるでジュラシックパークやエイリアンを観てるのかと錯覚してしまう

最初にゴジラに襲われて偶然生き延びた日本人のじいさんが
ゴジラ..ゴジラ...
っていうシーン何度も見せられて笑った
これは中学生の夏休みに、学校で配布された紙のクーポンを切りとって、友だちとバスに乗ってちょっと遠くまで観に行きました。
終盤の展開など興奮して観た記憶があります。
帰りにはパンフレットと下敷き、そしてモスラのたまごっちを衝動買いしたのが思い出に残っています(笑)。
おらん

おらんの感想・評価

4.0
今年74本目

ハリウッド版ゴジラ!
ファンからしたらあれはただのダイナソーと言われるけど
普通にストーリーとしては面白かった!

お金かかってる感がすごい
Taku

Takuの感想・評価

2.8
序盤はワクワクしたけど、その後伸びず
だらだらした印象

ゴジラ、ではない笑
Wasshy

Wasshyの感想・評価

3.7
小さい頃何度も読んだ当時の関連本で存在は知ってて、いつか観たいと思ってたのを観賞。

色々と惜しい。
入り方とか展開とか、ハリウッド版としての面白さがあっていいけど、ツメが甘い感じ。
オリジナルのゴジラにある重みが足りない。
ゴーストバスターズみたいなめちゃくちゃ感と、ジュラシック・パークみたいなリアリティが中途半端に混在してる。
みんなレビューしているけどゴジラ要素は全くない。ゴジラではないモンスターパニックとしてはまあそこそこの出来。NYの街中での戦闘シーンなんかはよかったと思うが、ちょっと長くてダレるのでもう少し短ければよかった。
たろさ

たろさの感想・評価

1.5
看板に偽りあり。「ゴジラ」っていうより「ジュラシック・パーク・イン・ニューヨーク」の方がしっくりくる。放射能も吐かないし、ピョンピョン飛んだり、水中をスイスイと泳いで重量感を感じない。ゴジラの紛い物。登場人物もトカゲと称したり、ゴジラの卵をトカゲの卵に例えたりしている。

粗いCGをごまかす為に常に夜で常に雨が降っている。見づらい。2014年版ゴジラでも常に雨で常に夜だったのでしょうがない。
あんなデカい動物が地下に潜るってまず無理だと思う。
最後のカーチェイスはまるまる削っても良かった。ヘリにも追いつけるゴジラがタクシーになかなか追いつけないのもおかしい話。
初代ゴジラだと、ビキニ環礁でのアメリカの水爆実験で安住の地を追われる(後に放射能で突然変異したという設定になる)が、アメリカ人に配慮した結果、フランスの核実験で突然変異したことになったと思われる。
市長がうるさくて経済活動を再開させようとする。カメラのズームになる演出と、「JAWS」リスペクトと思われるシーンあり。
ミサイルがゴジラに全然当たらない問題。初代ゴジラでもミサイルが全然当たらなかったのでそれをリスペクトしている(適当)。
まぁ普通に悪くは無いと思うよ。戦闘シーンも迫力あってキャストも豪華だったし、まさかジャン・レノが出てるのがびっくり。ゴジラがラスト呆気なくF-18のミサイルでやられるのはえっ?ってなった。でも特典映像で特撮みたいなのやってたから高評価。
>|