GODZILLA ゴジラの作品情報・感想・評価

「GODZILLA ゴジラ」に投稿された感想・評価

怪獣映画。

「ゴジラ」の名前で初めてハリウッドリメイクされた作品。
観終わって…「ゴジラ」ではないなと。

ローランド・エメリッヒが作ったパニック巨大怪獣映画だと思って観れば普通に面白い。
1998年公開映画だが、それ以前に作られた「ジュラシックパーク」の出来が素晴らしかったのでどうしても見劣りしてしまう。

恐竜好きな人なら楽しめる作品だと思います。
ほへと

ほへとの感想・評価

2.0
恐竜パニック映画として楽しむには良い 笑

タイトルがゴジラじゃなかったら素直に面白かったと思う。
マグロばっか食ってる奴はだめだ。
hi1oaki

hi1oakiの感想・評価

3.7
リズムが良く、いかにも90年代のエンターテイメントという感じ。無理矢理ジャン・レノ使ってるのも90年代感ある(ぶっちゃけいなくてもいい役だし)。
多分にエメリッヒらしいエメリッヒ印のパニック映画なので、『ゴジラ』然としているかどうか以前に“エメリッヒな大作映画”を楽しめる素養を持っているかどうかで賛否が分かれるのかと。
公開当時の時点での巨大生物パニック映画としては、規模的にも特撮クオリティ的にもレベル高い感じだった記憶。いま観直してもやっぱ好き。
ツッコミ所ももちろんある。そもそもマンハッタンでゴジラを見失う? さすがに無理があるんじゃ? …というのと、途中からあまりにも前年に公開された『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』すぎる感じになってしまうところ。
神格化されず生物として分析されてしまう今作のゴジラも放射能の影響で産まれてはいるものの、原子力問題に何かを投げかけるような映画にはしていない。放射能も吐かない。物理攻撃が通用してしまうあたりも含めて“人間の力でなんとかなる”ゴジラ。まぁそれはそれでいいんじゃないかな。それこそ映画としての『ゴジラ』を神格化している人には、そここそが我慢ならないであろうことも理解はできる。
なかなか出てこないゴジラの顔のファーストショットは、この展開ならカメラマンがレンズ越しにその姿を見上げた瞬間にバーンッ!でいいでしょ!すでに多くの人がその姿を目にしているタイミングなので、理に適っていると思うし。もったいぶりすぎ!
来夢

来夢の感想・評価

3.4
ローランドエメリッヒ版ゴジラ。
こんなのゴジラじゃないっていうけれど、それを言ったら、初代以外の約30本のゴジラのうち殆どが「こんなのゴジラじゃない」んだよなぁ。
前半に関してはゴジラのビジュアル以外の部分は結構ちゃんとゴジラを意識してるなと。
特に、ゴジラをただの生物・災害と描いている辺りや核に対するメッセージなんかは、ちゃんと初代を意識はしてるんだろうなって思う。
後半はもう完全にジュラシックパーク化してたけれども。
まぁ、それでもゴジラ云々抜きにして、映画としてそんなに悪い出来ではないんじゃないかな。ツッコミどころは多々あるけれども。
nisui

nisuiの感想・評価

-
ミミズ博士が未確認巨大生物の調査に駆り出される話。
こんなのゴジラじゃないただの恐竜じゃんってのはごもっともだけど、ちゃんと面白い!ハリウッドの破壊王基準で考えるともっと壊してほしかったしもっと爆発してほしかったけど。盛りすぎてジュラシックパークみたいになっちゃってたのはサービス精神だと思えば。登場人物もユーモラスで見てて楽しい。
お約束のラストシーンも含めて清く正しいモンスターパニック映画でした。結局続編が出ないところもね。
トモ

トモの感想・評価

3.5
prime videoにて字幕版視聴
長尺の割にはかなり早い段階でゴジラが登場しましたが、その後も特に失速すること無く非常に爽快なモンスターパニックでした。
ゴジラ要素は全体の1、2割程度なのですが、その辺はしょうがないですね 笑笑
Mountain

Mountainの感想・評価

3.0
そこそこ面白い怪獣映画なんです!
ゴジラを名乗らなければなぁ…ww

ゴジラファンから不評なのは、よーくわかりますよ。
巨大イグアナにしか見えないし、
タマゴわんさか産むし
こんなんゴジラじゃない!!

さすが破壊王エメリッヒ監督。
阿鼻叫喚、地獄絵図な破壊っぷり。
ハンパないですね。
こういう破壊描写を見ると
ストレス発散出来て良いよねw

ジャン・レノとか、無駄に豪華なキャスト。
何故にこの映画に出たんだ?ww

日本からは、加藤雅也さんが出てましたね。
この人、日本でもアメリカでもパッとしない印象ww

ジャミロクワイがテーマ曲?を手掛けてるんですが、これまたパッとしない。
映画とミスマッチ過ぎない?

まぁ、いつものエメリッヒ大破壊映画として見れば、それなりに楽しめるんじゃないでしょうか。



余談……

思い違いで、何となくジョン・キューザックが出てたと思ってたら、マシュー・ブロデリックでしたww
なーんか、優男な感じが似てる。
たろう

たろうの感想・評価

3.9
ゴジラ…ではなく恐竜映画として面白かった!
ジュラシックパークを参考にしてる感があった。ゴジラの子どもが完全にラプトルで施設内を逃げるという見たことあるようなシーンがあった。
CGはなかなか良い👍
一言まとめ
『ゴジラ201匹vsアメリカ人&フランス人』

みどころ
・CGをふんだんに使ったアメリカののゴジ

・ヒロインが可愛い
・ちょいちょい挟んでくるギャグ

感想
これがアメリカの求めるゴジラか!!
といった風。
日本のゴジラは、ウルトラマンの敵で出てくる怪獣といった風。
アメリカのゴジラは、ジュラシックパークのTレックスといった風ですw
日本のゴジラはジオラマを使った作品がほとんどですが、海外ゴジラは日本とは違い、CGをふんだんに使ってあります。

日本のゴジラは日本政府VSと言った感じですが、今作のゴジラは、NYVSゴジラと言った感じです。
アメリカっぽく、固定の主人公が大冒険大活躍するといった風に仕上がっています。

海外のゴジラか…と思っている人もいるとは思いますが、まずは見てみましょう!!w
chiii

chiiiの感想・評価

2.7
恐竜映画だった…

ツッコミどころ満載の中で
ぶれないジャン・レノのかっこよさ
>|