巴里の屋根の下の作品情報・感想・評価

巴里の屋根の下1930年製作の映画)

SOUS LES TOITS DE PARIS

製作国:

上映時間:75分

ジャンル:

3.6

「巴里の屋根の下」に投稿された感想・評価

KOU

KOUの感想・評価

3.6
音の使い方の卓越した巧さ。
というか、ヒロインのポーラが見目麗し過ぎてストーリーがあんまり頭に入ってこなかった。素晴らしい。
n

nの感想・評価

3.9
歌が頭に残りやすい。素敵な歌。
アパルトマンの縦横のカメラワーク、ラストシーンを奥行きを感じさせる撮り方、カメラワークが凄い。
アパルトマンで他の階から歌声が聞こえてくるシーンは、トーキーになったからこそ音の大小を効果的に使って表現できるようになったと思った。
Tyga

Tygaの感想・評価

3.4
冒頭がよかった。
屋根裏部屋までびっしり人が住んでるパリ。

ベッドに2人で寝るのをやめて、結果2人とも床で寝るところ好き。

まぁ、なんかゲームみたいな恋愛観ではあったし、ローラにオタサーの姫みたいな感じも受けたけど。

あえて音を出さないことであったり、音を小さくしたりする演出が、空間に奥行きを与えてくれる。
初期トーキー、字幕みたいに声を使うのね。移動撮影がよかった。
三畳

三畳の感想・評価

3.5
扉の中と外で音量が変わったり、あえて台詞を聞こえなくしたり、汽車の音で緊迫感出したりと面白い!

女は数週間後には新たな別の男に行ってると思う。
khr

khrの感想・評価

-
キャメラの自由な出入りによって音が隔たれる それによって生まれる豊かさ
例の歌がやけに頭に残る。恋の駆け引きが落とす影、めいめいが美しい。
yayuyo

yayuyoの感想・評価

3.5
フランスの巨匠、ルネ・クレールの作品。
トーキー黎明期の作品の1つです。
台詞や歌が入っていると思いきや、
ジェスチャーのみで状況を表現する箇所もあり、トーキーとサイレントがミックスされた様な作り。
ネズミが食べるバゲットの減り具合で時間経過を知らせたり
大事な所で台詞が消されBGMが流されるなど
色々と想像をかきたてられます。
主題歌も素晴らしい。
同じ歌なのに、冒頭とラストでは印象が全く違っていて。
当時はトーキーならではの表現方法だったのかな。

2人の男と1人の女。
そうくれば容易に展開は予想できるのに、どうしてこんなに胸を締め付けるのでしょう。

切なく哀愁漂うストーリーは
何処と無く30年代のフランス映画、ジャン・ギャバン主演の『望郷』などを思わせ(私の中で、望郷のラストは他のどの映画も未だ超えられていない)
鑑賞後には印象深い余韻を残してくれます。
Naoki

Naokiの感想・評価

3.2
1930年代、有声映画(トーキー)登場期の作品。軽やかな音楽をバックにしたサイレント部分も残しながら、物語を台詞で紡いでいく方法を構築していった過程が見える。

お話自体はしょうもないが、冒頭のクレーンを使ったパリの街での歌唱シーンは素晴らしい。耳に残る歌。
主題歌とオープニングの撮影が素晴らしい。ナンパする前にサイコロで勝負するのが印象的だった。セットが本当のパリの街みたいだった。パリの街行ったこともちゃんと見たこともないけど笑
>|