炎の戦線 エル・アラメインの作品情報・感想・評価・動画配信

「炎の戦線 エル・アラメイン」に投稿された感想・評価

第二次世界大戦下、かの有名なエルアラメイン戦線を戦うイタリア軍を描くイタリア映画。

イタリア版、「スターリングラード」(1993年独製作)をやろうとしたんじゃなかろか。

地平線の彼方まで続く砂漠の荒野で、渇き、飢え、弾薬の欠乏に苦しむイタリア軍兵士たちが自然の厳しさに身を焦がしながら、劣勢を戦う姿、という筋書きが「スターリングラード」から影響を受けたとみていいでしょう。

戦闘シーンもそこまで激しくなく、対峙する英軍からの迫撃砲や空爆に右往左往しながら、日々の生存への闘争に困窮する軍隊…という。

イタリア軍装は、戦車類や砲はほぼ出てこない、これは劇中が南部戦線なので司令部からも見捨てられ、物資に困窮している地域だから…と、一応の弁解はあります。

対して、モンゴメリーの英軍は戦車が恐らく現用レオパルドか、パットンか…多分イタリア軍から貸してもらった車両なので、クルセイダーとかは出てこず。

あと、ドイツ・アフリカ軍団は全くと言っていいほど出てきません。
まぁ敗退し続ける南部で描かないという配慮(?)なのかもしれませんが…。

イタリア軍周りで言えば、黒い羽根が目立つベルサリエリ兵が結構出番多し。


大自然の猛威に呑み込まれながら、生にしがみつく希望を捨てない人間模様と、消えていったイタリア軍兵士のための映画なので、とやかくは言う必要はないでしょう。

ただ、お勧めするなら、同じテーマで5000万倍この世の地獄を見せてくれるドイツ製作の「スターリングラード」を観るのがよろしいかと。
真世紀

真世紀の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

第二次大戦アフリカ戦線といえば砂漠の狐・ロンメル将軍率いるドイツ軍や対する砂漠の鼠と自嘲のイギリス軍を描いた作品は数あれど、本作は珍しくもイタリア軍が主役。

最近では某マンガでその弱兵、ヘタレぶりが知れ渡ったイタリア軍。若い志願兵が配属された部隊の視点から描かれる本作でも砂で顔を洗えと言われる物資の欠乏やら知らない間に戦線が移動、指令に従い移動したらもうそこは…ってな<戦場の霧>状態やら空爆に逃げ込もうとした避難所に先に逃げ込んでた将校に入るのを拒否されたり、届いた物資がトリポリでの行進用の靴クリームだったり、撤退時にも友軍ドイツ軍の車両からイタ公なんざ乗せられねえと乗車拒否されたり、その残念無念すぎる事態が描かれる。

知らされぬ間に変転する状況に右往左往な部隊の様が生々しい。

そして本作、余りの食料不足にたまりかね、止めたトラックに乗せられていた軍馬に銃を向けるも…とか、撤退時に死んだ自分の従卒を助力の申し出を拒んで自ら墓穴を掘って葬り、その後十字を切って自決する将校とか印象的な場面が多々。意外や、拾い物でした。
grimerlm

grimerlmの感想・評価

3.5
第二次世界大戦時のアフリカ戦線におけるエルアラメイン戦線の日常と敗走を描いた話。真水がないとか偶然見つけたラクダでBBQとか、そういった非戦闘シーンが中心。主人公は志願兵の新兵で、大体初めはミスからはじまることが多いけど初陣から的確に動ける有能くんだった。迫撃砲が上手な人を捜せなくて懲罰とかそういう感じだと思ってたけど、多分ほぼノーミス。こんな有能な人いるのか?
ラストの演出が粋。
劣悪な環境下、リアルな戦争描写、戦争の恐ろしさを思い知る良作
CS放送、字幕版にて初見。
淡々と、しかし小気味よく進む地獄。中心人物全てが男前すぎるのも見ていて気持ちいい。美化されている、なんだろうけどね。
キムチ

キムチの感想・評価

3.0
有名なエル・アラメイン戦を、マイナーな部隊のマイナーな主人公の目を通して描く。悪くない程度。
方眼

方眼の感想・評価

4.0
2002年"El Alamein - La linea del fuoco"。イタリア版「プライベートライアン」または「野火」。第二次世界大戦、北アフリカ戦線のイタリア小隊の戦いと撤退を描く。兵站が伸び切って補給が足りない最前線、敗戦国の映画なので舞台背景だけで重苦しい。その分、ドラマとキャラクターは些か定型で、ゆえに劇映画としての安心感を確保している。中尉も軍曹もいい男。投降するしないも伏線効いている。予算が少ないのは観てとれ、夜間シーンや省略で工夫。真水、ウンコ、ヘルメット、タバコ、総統の馬、地雷原、ラクダ、海など、ディテールが勝負の佳作。
abekoh

abekohの感想・評価

3.5
イタリア軍から見た第二次大戦の劣悪な前線という視点は日本人的には、ある意味新鮮に映る。しかし邦題のセンスのなさよ。損しかしてない。
むかしむかし書いた感想を転載。

…この頃よりも、もっと悪い方向へ向かっている気がする。

===

なんで、こんな憶えにくいタイトルをつけるんだろう?

イタリア映画。第二次世界大戦の激戦区での話。学生志願兵が、北アフリカ戦線にやってくる。で、過酷な戦闘に巻き込まれる。

「プラトーン」よりも、「セービング・プライベート・ライアン」に近いかな? 戦闘の激しさもさることながら、本国の司令部からの理不尽この上ない命令が腹立たしい。前線の兵士なんて、クズ当然なのか?

ときに、この映画、映倫に引っかかっているらしい。配給会社が猛抗議中らしいけど。では、どのシーンが問題なのか? おそらく…、男性器が露出されてるシーンがある。でも、それは兵士たちが海で泳ぐシーンで、戦場の抑圧された環境から、ほんの一瞬だけ解放される兵士の心情が見事に表現されてる素晴らしいシーン。どこが、いやらしい?!なぜ、公衆道徳を乱す?

男性なら誰でも持っているもの。それを見て、「わーい、ちんこだ、ちんこだ」と騒ぎたてるのは、幼稚園児並の発想。もし、ボカシなんか入れた日には!世界中の笑いもの。いや、世界なんてどーでもいい。映画と、人間の尊厳への侮辱だよ。
第二次世界大戦の北アフリカ戦線における、見捨てられたイタリア軍部隊の敗走を描いた悲劇的戦争映画。

イタリア軍といえばいい加減なイメージしかないけど、司令部はともかく現場の兵士はそれのせいで酷い目にあってかわいそうという他ない。
あんな極限環境なのにそんな悪い上官がいなかったり、誰も食料にできる馬を殺せなかったりするところもイタリアぽい。

派手な戦闘シーンはほとんどないが、特に終盤の総撤退命令後の悲惨な運命の連続はかなり見応えあった。

戦争はよくない、ってなる。
枢軸国、もとい敗戦国の作る映画って似たような感じになるんですかね。(捕まるくらいなら死ぬ!みたいなマインドも日本の戦争映画っぽかった)
>|