アンノウン・バトル 独ソ・ルジェフ東部戦線の作品情報・感想・評価・動画配信

「アンノウン・バトル 独ソ・ルジェフ東部戦線」に投稿された感想・評価

Fyohko

Fyohkoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます


『アンノウン・バトル
   独ソ・ルジェフ東部戦線』


2019年公開のロシア映画


1942年11月
モスクワ近郊まで進軍してきた
ナチス・ドイツ軍に対し

ソ連赤軍は反撃を試みるが
戦線を突破できずにいた

激戦の末
ルジェフにある
小さな村の奪還に成功するも

半数以上の兵士を失う

疲労も物資も限界を迎え
援軍を要請するが

残存部隊で死守せよとのコト

周囲を敵軍に囲まれ
前線からの生還は
不可能と思われた時

部隊長は
命令に従うか、撤退かを迫られる


という
史実に基づいた話



ルジェフ会戦は
スターリングラードの
大勝利と同時期で

大量の死者を出した
大敗だったため

ソ連は
長期にわたって
この会戦の存在を
否定してきたという


ルジェフの奪還を
遂げた部隊は
殆どが志願兵だったため

イメージする
ガチガチの軍隊という
感じではないのが
意外だった

そのせいか
上官の横暴っぷりが凄い


上空から撒かれた
敵軍からのビラを
回収させる件や

物資や人員補給をせずに
内部調査官を送り込むなど

何が目的なのか
全く分からなくなるような
謎秩序だったりする


瀕死の小部隊が
厳寒の地で
僅かな軍備で死守する
塹壕戦は

第一次世界大戦の
悲惨さに匹敵するのではないか

その上
戦後しばらくの間
存在しない戦いとされては
全く救われないにも
程がある




#アンノウンバトル
#独ソルジェフ東部戦線
#英雄なき戦場
#ロシア関連映画
#ウクライナ関連映画
#休業中映画鑑賞
#歴史好き
つよ

つよの感想・評価

3.5
雪の積もる町、塹壕をメインに過酷な戦場。
いきなりリアルな戦闘、息苦しさ。
無茶な命令をしてくる上官は邪魔。
テツ

テツの感想・評価

2.0
一度はドイツ軍を退却させたソ連軍が、再び劣勢となり、孤立無援で戦うストーリー。

戦闘シーンが凄まじく、迫力があった。
えりみ

えりみの感想・評価

4.1
WOWOW録画。
フィルマにあらすじが無いのでWOWOWのをコピペすると、
ー1942年11月、モスクワ近郊まで進軍していたナチス・ドイツ軍に対し、ソ連赤軍が反撃を試みるも、戦線を突破できず、およそ130万人もの犠牲を出してしまったとされるルジェフ会戦。あまりに多くの犠牲者を出したことから、長らくソ連戦史から封印されていたと言われるこの激戦を映画化ー
ロシア戦争映画。
ルジェフ会戦全体を描くわけではなく、
その中の1つ、名もなき小さな村落の攻防戦にフォーカス。
ー志願兵に捧ぐー
そして、
この映画の収益は退役軍人支援の為に使われるとか💰

レイティングはなかった気がするけど、
初っ端から地獄の塹壕戦&雪⛄
CGじゃ無さそう、火薬量が凄まじい😲
体が木っ端微塵に飛び散る😱、
戦争映画史上一番痛そうに有刺鉄線に絡まる😱
殴り殺す😱流れ弾で死ぬ😱
ナチス兵は敢えてなのか皆顔隠してる(後半顔出しする奴も)
タイトルが出るまでの8分間?がとにかくエグい😱

無策っぽいのに村落は奪還出来たが、
犠牲者多数💀
運が良かっただけ🚬
オープニングの戦闘後に長回しとは
美術さんが大変そう😃

17歳の少年が志願して来てるっていうのに
本部は負け戦に応援を出したくないって😨
ただでさえ動ける兵士が少ない云うてんのに
しょうもない軍機違反で死刑って😨
仲間内で揉めてる間にナチス軍が匍匐前進してくるし😱
火炎放射器やめてー🔥😫
残り32人😱
それでも無情な本部命令😢

フェイドアウトした後、お約束のエンドロール前のテロップ補足
ー1942年から43年のルジェフでの戦いでは130万人以上のソ連兵が死亡
ルジェフの戦いを契機に戦況は一変
スターリングラードでドイツが敗北
43年3月退却を余儀なくされる
赤軍は戦線をモスクワから更に160km押し戻すことに成功
ドイツ軍は補給を断たれることになったー

…エ❓百三十万人?!
ただ単に人口が多かったから勝てただけやん😨
幼女戦記をみた後やったから妙にハマった😃
第二〇三航空魔導大隊が上空で華々しく戦果を上げている時、
雪で泥濘んだ地上では原始的で不毛な戦いが繰り広げられていていた、と夢想😌😢
数ヶ月前、病んでいたのか!?
借りたのにレビューしてないpart2
自分の頭がアンノウン
悟空

悟空の感想・評価

-
白BOX2-35字
白BOX 4-52裏字幕
白BOX④-66裏字幕
Kai

Kaiの感想・評価

4.3
いや〜、良かった。
第二次世界大戦中の独ソ戦。この頃のソ連は粛清の嵐で軍はガタガタ。
そんなところも良く伝わってくる。
深く歴史を勉強した人ならこの映画の良さがわかるはず。
スターリンの下でもがいていたソ連兵は、みんな人間臭くて必死に生きていたんだよね。
これはただの娯楽映画なんかじゃない。
極悪対決独ソ戦。
最初の塹壕での戦闘シーンが凄惨の極みで、暴力による血まみれの殺し合いが続く超接近戦のリアルな戦闘描写は凄まじい迫力です。

ソ連といえば、指令部が無能過ぎて桁外れの損害を出しながらも、愚直でタフな田舎兵士達が粘りに粘って粘り勝つというイメージでしたが、まさにそのまんま。
そりゃ現場はたまったもんじゃありません。

戦力の半数を失いながら奪取した拠点を死守すべく増援を頼んだら拒否られ、おまけに内部監査官まで送り込まれて士気ガタ落ち。

「これで取り返されたら俺たちのせいかよ」
って、ブチ切れて吐き捨てる兵士さん。
ごもっとも。

そんな上層部の酷すぎる指示に怒り狂いながらも、最善を尽くそうとする現場の兵士たちの葛藤と気概が描かれています。。
ですが、人物描写が弱くて兵士たちの感情がもう一つ強く伝わってこなくて勿体無かった。

なんだろうか。、このロシア映画独特の?謎の感動空回り。。

独特とか言えるほど観てませんが。。。😅
WOWOW.

第2次世界大戦時、独ソの激しい戦闘を描いた戦争アクション。ドイツ軍に奪われた村を奪還に成功したが本部からの命令は残存部隊だけで村を死守せよとのこと。物質も疲労も限界の中、兵士たちの究極の選択が待っていた。
ロシアの人たちの愛国心が詰まった作品でした。
第二次大戦の独ソ戦、ルジェフの戦いの一部がテーマの作品。拠点となる村を防衛する、ソ連軍の視点で描かれている。もちろんロシア製。

同戦いはソ連軍の被害が甚大で、英語版のWikipediaには "Rzhev Meat Grinder"(肉挽き機)とまで書かれてるほど。劇中では、拠点となる村を奪取するところから始まるけど、初っ端から火薬と血糊でいっぱい。オープニング10分の迫力はハリウッドにも負けてなかった。

村を奪ってからは、防衛側として塹壕にこもって戦う。この映画、例えば思い出的なシーンみたいな、戦場以外のシーンが全くない。たぶんゼロ。その舞台になる村に掘られた塹壕も、血糊とドロドロでぐちゃぐちゃだし、戦闘が相次ぐから緊張感が尋常ない。

ストーリーがないなんて指摘があるけど、本当に観たのかな?作品の中で最後まで描かれてる、この防衛戦の顛末こそ強烈なストーリーだと思うけど。

あと、登場人物の描写もかなり良かった。新兵、一般兵、下士官、士官がそれぞれの立場できちんと写されてた。戦争映画の士官ってかなり嫌なやつなことが多いし、事実この映画でも悪魔みたいな人間だったけど、そいつなりの苦悩があることが説明されていて、納得がいったし、なまなましく感じた。

戦場そのものを写した映画として、かなりの傑作だと思う。
>|

あなたにおすすめの記事