西部戦線異状なしの作品情報・感想・評価・動画配信

西部戦線異状なし2022年製作の映画)

Im Westen nichts Neues/All Quiet on the Western Front

製作国:

上映時間:147分

ジャンル:

3.9

あらすじ

みんなの反応
  • 反戦映画として、戦争の悲惨さがリアルに描かれている。
  • 個人が駒として扱われ、若者が命を落とす理不尽さが伝わってくる。
  • 映像や音楽が大迫力で、グロテスクな描写もあるが、戦争の現実を突きつけられる。
  • 戦争の虚しさや意味のなさが象徴的に表現されている。
  • 物に対する人の想いや、人を超えた先にいるものを描いたサブテーマもある。
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『西部戦線異状なし』に投稿された感想・評価

けんた

けんたの感想・評価

4.0
主人公の人間性が壊れていくのが恐ろしかった。
偉い人達は本当に身勝手だった。
lafoi

lafoiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

最後の15分はリアルタイムで映してほしかった。その15分で死んでいった兵士たちのために
MKN

MKNの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

リメイク前の物も視聴していますが
序盤の軍服の使いまわしの流れは原作に比肩すると思う、戦争状態の日常の表現がとても良く出来ているし、映像も音も良い

問題はラストの流れ というか原作の良さは内地に戻…

>>続きを読む
戦争で人は変わってしまう。

なぜ戦争終わるって分かったのに民家に泥棒に入ったのかが理解できなかった...
WEST

WESTの感想・評価

3.5
兵士が直面する理不尽な現実。もうなんのために戦ってるのか分からなくなってくる。
t

tの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

主人公の顔つきが始めの頃と終わりで全然違う。繰り返し劇中で流れる不穏な重低音の音楽が印象的。
戦車で轢かれるシーンが恐ろしすぎた。
最後の方のシーンでお前1人で行けや!!て思ったのは私だけじゃないはず
Root23

Root23の感想・評価

4.0
日本人には知識がかける第一次世界大戦の終結間際を舞台にした映画。どうして、ここまで戦わないといけなかったのか。
容赦のない映像で、戦いの意味を強く問う。

このレビューはネタバレを含みます

高校受験で世界史で習ってから気になっていた作品。
リアリティーがある今作は没頭感がすごく、個人的に戦争映画の中ではかなり良かったと思う。

意気揚々と戦地へと出発した登場人物が、戦争での過酷な現実に…

>>続きを読む
ぐみ

ぐみの感想・評価

4.1

戦争とは。
何も知らない少年たちが犠牲になってゆき、後ろでは命を何とも思っていないとも思えるような考え、指示を出す大人たち。
ぐっと堪えながら観なくてはいかなかった。
戦争は、絶対にいけないこと。

>>続きを読む
ヤマネ

ヤマネの感想・評価

4.2

過去作は未見です。素晴らしい戦争映画でした。怖すぎて、絶望感しか感じませんでした。戦争を描くことの意味のある作品だと思いました。
観ているときに、いまの自分の生活や世界のことに考えてしまう内容でした…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事