武士の一分(いちぶん)の作品情報・感想・評価・動画配信

「武士の一分(いちぶん)」に投稿された感想・評価

FUKUNANA

FUKUNANAの感想・評価

4.0
切りまくりの時代劇かと思ったけど全然違くてもっと早く見ておけばよかったかも、と思った。この監督の他の作品は知らないですが私は楽しめた〜目が見えなくなってからの切なさは胸にくるものがありました…
kirio

kirioの感想・評価

3.6
悪くはないんだが、先に「たそがれ清兵衛」があるしなぁ…
木村拓哉もそれなり
その世話役にして父親のようでもある笹野高志がなんともいい味を出している

ただ、ラストの果たし合いの一手くらいはもう少し寄りで撮ってもいい気がするがなぁ
風神

風神の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

藤沢周平原作
山田洋次監督作品。

ある種、時代劇の王道か。
あの状態でも押し通す「武士の一分」。
良い作品でした。

公開当初、キムタクの時代劇かぁと
倦厭していましたが
山田洋次監督が綺麗に纏めてくれました。
ラストは予想通りで、良かった良かった。

腕を斬られては侍は務まらないと
切腹した時点で、三村の精神力の勝ち。
眼が見えなくても、生きているんだから。

周りを固める演技上手な方々。
小林稔侍さん、切腹しなきゃ駄目?
笹野高史さん、いかにも子供の頃からの
付き合いって感じの距離感が好き。
大好きな緒形拳さん、カッコいいっす!
桃井かおりさん、見事な嫌な叔母さん。

しかし
毎食あんな事してたら大変だったろうな。
なんかの話で、偉い人は
冷めたものしか食べられないって
いう笑い話しがあったけど
その通りって感じですね。
ムウ

ムウの感想・評価

3.6
キムタクのクセは無くて良かったし、
三部作これから観たらお気に入りになってたかも
面白かったけど清兵衛が好き過ぎる
たそがれ清兵衛の時ほど感動はなかった
Akame

Akameの感想・評価

3.8
藤沢周平×山田洋次の時代劇三部作のトリを飾る映画らしいですが…
前2作を観ていないので、その比較はできませんけど😚

毒見役という裏方に着目した珍しい役で主人公(キムタク)の眼が…失明してからは、少ない台詞の言葉に重みが出てました😮

個々の演技が、まさに演出までをこなしているような感じでした😆

笹野高史さん…檀れいさん…が、
木村拓哉さんの魅力を何倍にもしたんじゃないでしょうか🤭

目を離すことなく完全にのめり込んで観てしまった。

人が許しあう事の美しさは必見😭

夫婦の絆を、暖かく描いていました。

不憫だっただけに、ラストに救いがあってよかったと思いました⚔️/251
毛玉

毛玉の感想・評価

2.8
笹野高史さん・檀れいさんの演技は素晴らしかったと思います。キムタクの演技は個人的にはしっくり来なかったです。
奥さんを騙して寝取られたことに腹を立て復讐するのですが、少し話が上手くいきすぎなような気もしました。なんだろ、対決のシーンは少しリアリティーにかけるというか。
peche

pecheの感想・評価

3.4
藤沢周平原作。
話はおもしろかった!

労災認定されてよかった。
としこ

としこの感想・評価

4.0
時代劇を演じたキムタクだが、武士も家ではこんな感じだったかも、思わせて良かった
文鳥を飼うシーンがあり、興味深くみた 
熱帯インドネシア生まれだが、日本では古くから飼われ、白文鳥は日本女性が産み出した品種らしい
映画では、白文鳥ではなくやや灰色のだった、文鳥は気性が激しく好き嫌いがはっきりしているが、映画の二羽は身体を擦り合わせて仲良くほほえましい
一羽が死んでしまい、キムタクが残りの一羽を籠から外へ放してやるのだか、日本の寒さでは、生きていけないだろう
復讐は最高のスパイス。
復讐を決意したところから一気に面白くなる。
檀れいの色気‼︎
どうせならもっとぶち殺して欲しかったなあ
yas9

yas9の感想・評価

3.6
なんとなく、地に足がついていない感じがするのはなぜだろう?話は好きです。

73/2021
>|

あなたにおすすめの記事