果し合いの作品情報・感想・評価

果し合い2015年製作の映画)

上映日:2015年11月07日

製作国:

上映時間:95分

3.5

あらすじ

庄司佐之助(仲代達矢)は生涯の大半を、兄が家督を継いだ庄司家の部屋住みとして過ごした、いわゆる厄介者。そんな彼の世話を焼くのは、現当主である甥の娘、美也(桜庭ななみ)だけであった。ある日、美也は大叔父の佐之助に自分の縁談の相談を持ちかける。想いを寄せる男に嫁ぎたいが両親は家柄の良い男を押し付けるのだと。結局断りはしたものの、怒った相手は、美也の想う男に果し合いを申し込む。それを聞いた佐之助は美也…

庄司佐之助(仲代達矢)は生涯の大半を、兄が家督を継いだ庄司家の部屋住みとして過ごした、いわゆる厄介者。そんな彼の世話を焼くのは、現当主である甥の娘、美也(桜庭ななみ)だけであった。ある日、美也は大叔父の佐之助に自分の縁談の相談を持ちかける。想いを寄せる男に嫁ぎたいが両親は家柄の良い男を押し付けるのだと。結局断りはしたものの、怒った相手は、美也の想う男に果し合いを申し込む。それを聞いた佐之助は美也の窮地を救うため刀を手にする。

「果し合い」に投稿された感想・評価

仲代達矢大先生❤️

素晴らしい作品をありがとうございます🙇

藤沢周平原作シリーズ

厄介者の部屋住み佐之助、可愛い姪っ子の為に命懸けで果たし合いに…

その姿に泣ける

あんな演技が出来るのは
仲代先生しかいません

あの目力‼️
体から溢れる殺気

姪っ子と話すときの優しいおじいちゃん と、果たし合いに行く時の目が違い過ぎる‼️

良い作品でした✨✨
どりらかと言えば洋画を好んで鑑賞する私ですが、こんな作品をじっくりと鑑賞すると日本人で良かったなと感じてしまいます。

武家社会では家督の相続は長男と決められていた。次男坊以下の子息は他の家系に養子に行くか故郷を離れるしかない。そんな中、家督を相続できず実家に居候をする侍を“部屋住み”と呼んでいた。

そんな立場にいる老齢の侍を仲代達矢さんが演じている。そんな主人公のただ一人の理解者である甥の娘に沸き上がった縁談に絡んで、果し合いをしなければならない状況に・・・

好きな男がいる娘に政略的な縁談が起こる。その縁談を娘が断ると相手は娘の相手の侍に果し合いを挑んでくる。足の不自由な老武士は娘を救うために助太刀を申し出るが・・・

仲代達矢さんの表情が素晴らしい。先日鑑賞した“海辺のリア”と同様に存在だけで絵になる数少ない俳優さんです。愛する娘を見つめる眼と果し合いで相手と相対する目の演技・・・・

95分と丁度良い上映時間で満足させられた良い作品でした。
なっこ

なっこの感想・評価

3.1
恥ずかしながら江戸時代の武家に“部屋住み”なる扱いの人が存在することをこの作品に出会うまで知らずにいた。
武家には武家の苦労がある。冒頭から縁側にどかっと座ってどこかのんびりとした空気も残しつつ悲哀のある横顔の老人、仲代達矢。彼の悲喜こもごもの半生が、現当主たる甥の娘から相談ごとが持ち込まれるなかで次第に明らかになっていく。

愛らしい彼女の悩みは深刻だった。彼女の恋の物語と、かつての自分の若気の至りが生んだ取り返しのつかない悲恋の顛末とが、重なり合いながら物語りは展開していく。

老いた男の時折気が抜けたようにあげる笑い声はまるでピエロ。突き放すように笑う。己も、言葉も。あのときああしていれば、なんて己の未熟さをどれほど悔やんでも取り返せないことがあることを知り過ぎるほどに知っている。

武士という特権階級がお家を存続させていく為には、それなりの困難や犠牲がある。その中で思うように生きたいという個人の思いは、どこまで汲み取られていたのだろうか。
そういうジレンマは、いつの時代もどこの地域でも起こり得ること。その悲哀を、大事なものを失った過去の果し合いと、これから起こる避けられないもうひとつの果し合いを重ねながら見事に描き出す。

男も女も何と戦っていたのか。

果し合いや切腹。何事も刀で決着をつけようとすることを、現代の価値観から見れば、そもそも力で解決しようとするのがダメなんじゃないのなんて、思ってしまうけれど。この時代にはこういう倫理観を共有していたからこそ通る正義も起こる不都合もあったのだと思う他ない。それでも与えられた己の人生を、何を是として何を非とするのか、己で選びながら進むしかない。

役者仲代達也の存在感。

彼が演じることで役柄と物語に深みが与えられている。その顔を見ているだけで、勝手に物語を想像してしまうほどだ。それを堪能できる良いドラマだと思う。
拝一刀

拝一刀の感想・評価

3.8
『切腹』を見て以来、
仲代達矢ファン歴 50年 。

『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」を見て以来、
桜庭ななみファン歴7年。

なのでこの作品を見るのは
《必然》でした。

存分に楽しむことができました。
暗く辛い過去を背負った老人、仲代達矢。いざ、姪のために、自分と同じ道だけは歩ませてはならぬという思いと。。。懺悔もあったであろう覚悟が沁みた。仲代達矢の存在感。役柄の奥行きがすごい見えてくるのはさすが。国宝ですよこの御方は。足が悪い演技は体力的にもきつかっただろうな。。。水にも入っいてるし、お体大事にしてくれ、ってのともっともっと仲代達矢が見たいという思いに揺れる。
はる

はるの感想・評価

4.5
日本、武士!って感じ。ザ時代劇。
亡くなった命のことを思うと、なんとも言えないけど、この時代ならではの生き方。むだなものが一切ない、シンプルで、美しいドラマ。
miracle

miracleの感想・評価

3.8
藤沢周平さん作品
テレビ放送されたので家族で鑑賞。

仲代達矢さんの足が悪い演技、
目での演技は胸が熱くなった。

果し合い。
何を守るために果し合いをするのか。
受けるのか。
武士道。潔し。
世界はここだけではない。

ピアノのグリーンスリーブス♪がいっそう響かせてくれる。
りか

りかの感想・評価

2.5
主人公たちに感情移入できない。仇討ち以外の、しかも私闘の果たし合いに助太刀はなんかちょっと卑怯じゃね?と感じてしまった。主人公サイドみんな自分たちに酔ってる感が半端ない。ジイさんの演技はよいんだけど、内容に賛同できず残念無念。
Burnie074

Burnie074の感想・評価

4.5
BSフジで見たけど仲代達矢さん貫禄あって物凄く良かった。

なんで地上波でこんな面白い時代劇放送しないのかな?見る人沢山いると思うのに。
「世間からつまはじきにされていた男が、たったひとり自分を認めてくれた人のために、命をかける」、「その過程で過去の失敗を乗り越えて人生におとしまえをつける」、よくある話なんだけど、仲代達矢演じる主人公が「部屋住み」であるところに特色がある。

「部屋住み」とは、武家社会において「長男が死んだ時の代わり」としてのみ、実家に飼い置かれる次男以降のことである。家父長制社会において家は長男が継ぐので、それ以外の男の子は妻も持てず、仕事にもつけず、独立もできず、漫然と日々を送るしかないのである。

つまり、「江戸時代のニート」が主人公なんである。
ジジイニートが主人公なんだ。

ここにこの映画のターゲットが見えてくる。
「ジジイ+社会との接点がない+昔取った杵柄」……そう、この映画の主人公は、リタイアした団塊世代に感情移入されるようにキャラ付けされている(あるいはそういう原作が持ってこられている)。
そして、そんな「一見役立たずに見える俺」と、「そんな俺は実は超有能(人を斬った経験がある)なので、修学旅行先のホテルでテロリストに監禁された時に大活躍」的な、ラノベストーリーとの相性がバツグンなのである。

時代小説を団塊世代のためのラノベとして消費するトレンドの、手堅く理想的な映像化。
もちろん、それ以上ではないので、世代を超えた感動とかはない。
>|