隠し剣 鬼の爪の作品情報・感想・評価

「隠し剣 鬼の爪」に投稿された感想・評価

hodokei

hodokeiの感想・評価

4.7
山田監督の時代劇三部作の二作目。
「大衆娯楽としての映画」山田監督の真骨頂の映画、もう職人芸としか言いようがないです。役者陣ももちろん素晴らしく、日本人誰にでも勧められる秀作です。
この傑作や芸術作品をあえて狙わないで(ごめなさい!勝手な僕の見解です。)全ての人に届く秀作を長年世に送り続ける山田監督に拍手です。
OLIVIA

OLIVIAの感想・評価

3.7
初めての山田洋次監督作品。
今まで見た時代劇の中で、一番惹き込まれた作品だった。
時代劇と言えば、身分や時流など抗えない運命に翻弄される人々を描いている、というイメージが私の中にあった。
そのため、時代劇は「つくりもの」という印象を持っていたのだが、今作品はすごく自然だった。
永瀬正敏がすごくカッコよかった。
ちゃか

ちゃかの感想・評価

3.0
題名はそそられれけど、内容は必死剣鳥刺しの方が断然上!
秘技がちゃちい(笑)
MiYA

MiYAの感想・評価

3.0
「たそがれ清兵衛」と「武士の一分」は2回以上見てますが(「必死剣鳥刺し」も見てますよ)、本作はこれが初見。藤沢周平原作の映画はどれも秀作ですが、見ているほうのマンネリ感があるのは否めない。

本作は、永瀬正敏もいい演技をしているし、松たか子も魅力的なんですけど、どこかしらの「見たことある感」がつきまとうのです。「下級武士の悲哀と矜持」というテーマは同じで、主人公やヒロインの造形も似通っているので。あと、小澤征悦との決闘シーンがわりとあっさりしているし、隠し剣もあの通りなので、アクションが弱いというのもあるかも。
マニ

マニの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

鬼の爪は一子相伝なのに簡単に捨てちゃっていいの? 葛藤とかなかった? 戸田先生泣いてない?
これがラーメン屋秘伝のレシピとかならしこたま怒られると思うので蝦夷の地では飲食店以外の商売をと願わずにはいられません。
藤沢周平さん + 山田洋次さん + 永瀬正敏さん


=好き。
tkkkkk

tkkkkkの感想・評価

5.0
個人的に邦画で一番の映画。
殺陣シーンの美しい緑の背景と同時に流れるような殺陣シーンは必見!
ストーリーも淡々と進み最期の復習まで目が離せない、これぞ時代劇という感じです。
kj

kjの感想・評価

3.9
山田洋次三部作の一作。一番地味?なのかな、たそがれ清兵衛、武士の一分に比べると知名度が低いのでしょうか。
ただ、この作品が一番男心をくすぐる作品じゃないでしょうか。
一子相伝必殺の暗殺剣。血気盛んな狭間ではなく心優しい片桐に受け継いだ戸田師範の気持ちはすごくわかる。
クズのご家老を一突きするシーンは本当に格好いい。そして刺されたことに気づかず時間差で倒れるご家老。
漫画か!(笑)
でも大好きです。
山田洋次監督は
なんていい人なの?!
優しい人なの?!
正義感のある人なの?!

そんな監督の人の良さが
つまった作品。
ザン

ザンの感想・評価

4.1
純朴な佇まいと、剣を構えてもあっけない勝負の行方に無常を感じる。
>|