隠し剣 鬼の爪の作品情報・感想・評価

「隠し剣 鬼の爪」に投稿された感想・評価

さすが若手の監督では作れない雰囲気の作品を作る。
話題重視とは真逆を行くキャスティングも好感。
ただ、良い作品ではあるけどそれ以上ではない。
良くまとまっている「優等生」という感じだった。
Kirocu

Kirocuの感想・評価

2.0
『たそがれ清兵衛』はよかったけど…
雰囲気も展開も『たそがれ~』と同じような感じだけど、なにかイマイチだった。
タイトルにしてる割には、たったそれだけ?っていう感じの描写だけ。味付けの違う必殺仕事人のよう。
半分は恋愛もの。まあいい話なのかな。
藤沢周平原作の短編『隠し剣』シリーズの一編。
『たそがれ清兵衛』からの流れで身分差の許されぬ恋や、下級武士の悲哀などに重きを置かれてますけど自分は隠し剣と言う秘伝の暗殺剣を密かに伝承する剣士達、山田風太郎の『忍法帖』シリーズにも通じていてもっとトンデモ異能バトル的要素も入れる事が出来る話しだと思ってるので他の監督・脚本家だったら全く違うアプローチの全く違う作品になると思います。
70年代の大和屋竺、鈴木清順映画等などの劇画的な奇人たちのバトルの時代劇版、忍法帖とは違うあくまで剣劇によるトンデモバトル物とか原作はいっぱいあるのでシリーズが続いてもっと変な方向に行った作品も見たいです。

でも鬼の爪の描写、あの余りの呆気なさは正に暗殺剣。
そこに行くまでが長いので隠し剣の使い手同士の勝負やそれぞれの短編の主人公たちが集う『隠し剣アベンジャーズ』も見たいです( ✧Д✧) カッ!!
Yuya

Yuyaの感想・評価

3.0
決して悪口じゃない いやホント絶対悪口じゃないんだけど
初めて 松たか子が素晴らしい女優に見えた
直向きで健気な役柄と 柔らかな口調や表情が ピッタリ折り重なって ワガママ男から見ての理想の女性像だった

藤沢周平を山田洋次が調理すると 決まってスローペースなんだけどさ その集約というか 話の結び方に見事な趣があるんだもんなぁ
個人的には小説以上に感情を震わす そんな撮り方をしてる気がする
Miwa

Miwaの感想・評価

4.0
松たか子がとても美しいく可愛らしかった
剣の腕だけではない伝授する者を選ぶ"鬼の爪"なるほどと思った

女性が何もできなかった時代に夫の為に無駄な事だとわかっていながら人の情けにすがらずにおれなかった狭間の妻が可哀想で仕方なかった
粉雪

粉雪の感想・評価

4.0
面白かった。鬼の爪がまさに、暗殺の剣でゾッとした。友達はもっと派手な剣を期待していて拍子抜けしたらしいけど。私的には、暗殺剣だからこっちで正解。
とにかく、隠し剣使うところ!!!
昔、家族でDVDで見てたんですが、隠し剣使うところで画面に向かって『かっこいー!』って叫んでました笑
邦画やと、かなり上位で好き。
鴉天狗

鴉天狗の感想・評価

3.4
見始め、恋愛ものかと思うくらいふわふわしてて、こんなのも良いなと思ってたら、やっぱりしっかり時代劇でした。
ここまで筋の通ったお侍さんらしいお侍さんが出てくるお話、時代劇自体見る機会が減ってるからか久しぶりでした。何かちょっと背筋が伸びました。

最後が可愛いです!時代劇なのにあんなに可愛いとか、もうきゃー!ってなりました(^^)
山田洋次×藤沢周平による時代劇3部作の第2弾。

「家族はつらいよ」とかより山田洋次監督にはこういう時代劇作って欲しいなぁ。

前作の「たそがれ清兵衛」を私はほぼ完璧な邦画だと感じてるのだけど、それと比べると本作は見劣りはする。
それでも田舎武士の生活や小さな闘いを少しのユーモアと泥臭さをもって表現していて、やっぱ観ていて楽しい。

本作は身分の違いを越えたラブロマンスであり、パワハラに屈しぬ反骨の物語でもある。

本作の主人公片桐は前作の清兵衛に比べれば武骨で強硬派なイメージ。
子どもがいないぶん守るものは少ないから、藩命を受ける際も清兵衛よりもすぐ引き受けたのかも知れない。また、キエとの絡みが途中からぱったりなくなるのが少し盛り上がりに欠けるとこか。

富田先生がついに登場。必殺技の伝授シーンがかっこよかった。

ラストに隠し剣鬼の爪の秘密が明かされるけど、ありゃあもはや剣術と呼べるものなのか微妙なところだね。
怖そうなタイトルだけど全体を通してほのぼのとしたストーリー。
>|