隠し剣 鬼の爪の作品情報・感想・評価・動画配信

「隠し剣 鬼の爪」に投稿された感想・評価

mitujr

mitujrの感想・評価

3.3
よかった。
山田洋次監督だから心配してなかったけど、当然の安定感。
キャストが豪華。
やし

やしの感想・評価

4.0
「ご命令ならば、仕方ありましね」


これにて本作、『たそがれ清兵衛』、『武士の一分』と、藤沢周平の時代劇三部作を全て鑑賞。

どれもハズレなし!お見事!
山田洋次監督素晴らしかったです。

主人公のキャラクター性、男女の関係性、果たし合いの命を受けることや、その他『たそがれ清兵衛』に酷似しているため、既視感が感動をやや薄めてしまったきらいはあるけど、観る順番が異なっていれば、また、本作だけを観ていれば、更に評価したい作品ではあった。

完成度や好みで言えば、『たそがれ』が上をいくが、それ同様、一気に観てしまった。
永瀬正敏さん好きだなー。

耳慣れないハズの東北弁がなんとも心地良く、その方言が逆に当時の綺麗な礼儀作法を際立たせ、彼らの働きっぷりに心が洗われた。


家老が自分の(愚かな)行動を悪ぶれず、恥とも思わずに堂々と口にするのも呆れを通り越して清々しいなw

〈侍走りvs英国式走り〉の徒競走も新鮮で面白かったw


時代劇が苦手な人にも(かくいう自分も)オススメできる珠玉の邦画でした。
maco

macoの感想・評価

-
「たそがれ清兵衛」ほど有名ではないけれど、やはりいい映画。「たそがれ」より派手さはないけれど親しみやすく、不器用な田舎武士たちの姿に笑いがこみあげるシーンもある。素朴なふたりのラストシーンはとても素敵だ。
hmsuga

hmsugaの感想・評価

4.3
とても重厚な時代劇に仕上がっている。
名監督山田洋次さんの最高傑作!演出はいつもながら感動させられるが、武士道を通して、描かれる復讐劇でありラブストーリーでもある多彩な脚本も素晴らしい。 キャスティングも良いが、完璧な時代考証とセット&美術&衣装が、一流の作品に押し上げている一因でもあると思う。
正に職人芸。
同じ師範に共に剣を学んだ旧友と剣を交えるまでの静かな時代劇。師範が剣の腕が立つ旧友ではなく、人柄のいい主人公に隠し剣を授けた意味あいがストーリーが進んでいくごとによくわかる。最後に初めて隠し剣を使ったことも主人公の真っ直ぐに旧友を想う人柄が伝わってくる。奉公人との恋愛話もほっこりとさせてくれる心温まる映画。
鯖缶

鯖缶の感想・評価

4.3
美しい風景、所作と強烈な訛り。
原作者からいって山形県庄内地方が
モデルだろうか。
こんな風景での生活にも憧れる。
秘めた想い、秘めた剣。隠すということの
奥ゆかしさ。
最後は命令というかたちをとったのは、
友を切る、家を去るという受けがたいが
どうしようもなく受けた命令を
逆手にとって幸せになったということかな。

良作だと思うが銃で手が吹っ飛ぶシーンが
無ければ名作中の名作。
山田監督フアンです。この時代劇には、派手さも、痛快さも、 大立ち回りもないが、日常の生活感の溢れた、静かで、優しい雰囲気を持っている作品です。剣の達人は覇気が溢れるものと考えると、描き方に不満を感じるが··。これも好きです。
「たそがれ清兵衛」と同じく、幕末、地方の平侍の話である。タイトルにある隠し剣の技を唯一伝授された片桐が、謀反を起こしたかつての同士を討つ命を受ける。侍が主役の話において一番のメインイベントとなる派手な殺陣が描かれるのはこの討ち合いのシーンだが、話の見せ場となるのはまた別の部分であるというのがなんとも憎い。藩命には逆らえず、朋友を討たねばならない状況に追い込まれた主人公を案じ、苦い気持ちになった我々が最も爽快になる場面だ。はやすぎて最初は「!?」となるが、納得である。鬼の爪とはまさにこのことかと…。
時代の変化を示す、外国式の大砲や銃、走り方を訓練するシーンは、どこかシュールかつコミカルなタッチで描かれていて面白い。実際でもこんな感じだったのだろうな、とも思える。競走シーンが特に笑えた。
女中きえと片桐の身分違いの恋、という点においては、きえを演じる松たか子さんが麗しく、片桐がきえにだけ緩んだ雰囲気を見せるところが、泥臭さもなくてとても良かった。
ただ、場面があちこちに行ったり来たりして、展開が少しスローに映る部分もあり、全体を通しての見易さとしては少し難しいところもあった。それでも、タイトル回収の部分は短い割に見事だと思う。何かくすぐられるところがある…純粋にカッコイイ。
YAEPIN

YAEPINの感想・評価

3.8
雪国に暮らす不遇で無骨な武士の、純情と正義が素敵だった。
久しぶりにこんな無垢な男性キャラクターを見たかもしれない。こちらが小っ恥ずかしくなるような純真さだが、父親が藩の責めを受けて切腹させられているなど、封建制度の片隅に追いやられた生活を送っており、なんだか応援したくなってしまう。
描き方によってはかなり鬱屈した雰囲気にもなりそうだが、あくまで朗らかで前向きに着地するのご清々しい。

役者たちの東北弁が大人から子供まで上手すぎて、話し方だけ半年間特訓したかのようだ。
終始松たか子の透明感がすごすぎて、和装のエルサに見えた。(毎回相手に判断ゆだねるのはずるいぞ!と思いつつ可愛いから良しとされる)

登場時間は僅かだが、田中邦衛のドスの効いた演技が素晴らしかった。幕末に置いてけぼりにされた武士たちの思いが結実されているようだ。
「飛び道具を使うなど武士としてけしからん」という主張は、一見偏屈オヤジの遠吠えのようだが、最終的には主人公片桐の思いにも通ずる部分があることが示される。
老いも若きも関係なく、古き慣習に縛られながら、一方ではそれを拠り所とする、普遍的な人間模様が描かれていた。

全体的に引きの絵が多く、雪国の自然が美しかった。物語の舞台は、片田舎の、特に大きな歴史的事件が起きる訳でもない、ミニマムな社会であるのに対して、背景に望む大自然が雄大で、コントラストが面白かった。
YOSUKE

YOSUKEの感想・評価

3.0
田中邦衛と緒形拳の厚みがすごい。
隠し剣 鬼の爪も見事。
ちらほら面白い。
>|