隠し剣 鬼の爪の作品情報・感想・評価

「隠し剣 鬼の爪」に投稿された感想・評価

小福

小福の感想・評価

3.7
『隠し剣 鬼の爪』の意味が分かった時は、すげぇ!と心の中で呟き、鳥肌立った。名シーンです。
DTAK

DTAKの感想・評価

2.4
【アメリカで鑑賞】
その場の雰囲気に引きずられた評になるが、一緒に見ていた現地人が「地味すぎる、つまらない」と一蹴していたのが無念。

このレビューはネタバレを含みます

松さんが貧しい女中に見えないのはおいといて、幕末の愛と青春の旅立ち的展開にはきゅんきゅんです。
国領町

国領町の感想・評価

5.0
かくしけん おにのつめ
山田洋次監督が、前作「たそがれ清兵衛」に続き藤沢周平作品を映画化した本格時代劇。
剣豪小説『隠し剣』シリーズの『隠し剣鬼ノ爪』と男女の密やかな愛を描く『雪明かり』という2つの短編を基に、秘剣を伝授された下級武士が、藩のお家騒動に巻き込まれる一方、かつての奉公人との実ることのない恋に心揺れる姿を丁寧な筆致で描く。
主演は永瀬正敏と松たか子。

このレビューはネタバレを含みます

やっと観れた。

たそがれ清兵衛からのこの作品だったので、やっぱり真田さんの方が…と思ってしまうが、永瀬さんもよかった。

真面目で正直、武士としてあるべき姿をしっかり心得ていてブレない。そういうキャラクターがとてもいい。

賠償さんや邦衛さんをはじめ、所々笑いを織り交ぜて、山田洋次監督ワールドを堪能できた。

狭間との決闘をもう少し観たかったかな。

戸田先生は、何故狭間ではなく片桐に「隠し剣」を伝授したのか。あの必殺技は、狭間の性格に合わなさそう。武士というよりは忍者っぽい。武士としてはこの技使うと後味悪いのかもと思った。だから片桐は武士を辞めたのかなと。
もっと深いのかな…

たそがれ清兵衛の方が好きだけど、この作品も好感持てる。
三部作ということでたそがれ清兵衛の次に視聴。
作品としては一作目の方が好きだけど、ラストの静かなカタルシスが良かった。
ako4u

ako4uの感想・評価

3.5
タイトルの意味がわかるシーンは
ちょっと痺れましたね

永瀬正敏も松たか子もよくて
良作だと思います
原作藤沢周平、監督山田洋次。それ以上でもそれ以下でもなく。「隠し剣鬼の爪」はスゲー。
mochiz

mochizの感想・評価

4.0
小澤征爾とのシーンが素晴らしい。
台詞をつい真似してしまう。

藤沢周平✕山田洋次のなかで一番好きです。
永瀬正敏のなかでは、ママはアイドルの次にこれが好きです!
ラストがチャーミングでとても良かった。
松さん可愛かったし、泯さん素敵。
>|