武士の家計簿の作品情報・感想・評価・動画配信

「武士の家計簿」に投稿された感想・評価

kou

kouの感想・評価

3.0
武士の刀を使った戦いでも、馬に乗り颯爽と登場する姿でもなく、算盤を弾き加賀藩の御算用者として働く姿を描く。もちろん絵面の派手さはないが、人間味溢れる描写が森田芳光らしい部分だった。

社会的なイメージとは違う生き方で、今でいえば公務員のような働き方をしていた武士がいたというだけでも面白いが、ただの設定的面白さだけでなく、御算用者としての苦悩や、思想がみえてくるのがおもしろい。

また、家庭の借金返済に一家を挙げて奔走する姿や家族内の変化、それに合わせるように、藩内や時代の動乱に巻き込まれて行く様を重ねて行く。その中には親子の関係であったり、夫婦の関係であったりが根本にあるという面白さがあった。
takikun

takikunの感想・評価

3.5
思ってたのと違った。もう少しポップなやつかと勝手に思ってた笑
なー

なーの感想・評価

1.5
淡々と描かれてしまい、いまいち見方がわからなかった。こちらの受け取り方も良くなかったのだとは思うが、映画としてはテーマがボヤけてしまっているか
まるで半沢直樹…
一本気な人物の活躍を見るストーリーは痛快。
森田芳光だったことに今気づいて驚いた。言われてみればの絵に描いた鯛のシーン。カーニバル調シーン。
ドラマとしては地味だけど、役者の艶で魅せてくれる。
でもこのテーマとしては、礒田先生の本を読んだ方が、興奮できるような気がする。
ままん

ままんの感想・評価

2.9
もっと軽い感じなのかと思ってたけど、思ってたよりずっと真面目?真剣?な内容だった。
おさ

おさの感想・評価

1.5
うーん。好みではない。中盤が一番の盛り上がりがあったけど、それぐらい。
hotkeiko

hotkeikoの感想・評価

2.0
なんとも感想が難しい。
退屈なわけではないが、どこといって感動する場面もない。
強いて言えば、そろばんの音がよかった。
あのパチパチ弾く音。
KSK

KSKの感想・評価

3.3
今の大河ドラマ青天を衝けと重なる時代の物語。あのような経理役の武士がいたとは勉強になる。堺雅人は立ち振舞いが半沢直樹みたいだな、これは半沢直樹前の作品だけど細かいことを問いただす役が合う。一時の体裁気にするか、一生の暮らしを優先するか、多少のお金があれば工夫次第で何とか生きれるんだよな。特に現代はあの頃と比べれば遥かに快適だよな、って思い知らされる。痛快なエンタメ要素を期待していたけど、思ったよりシリアスで感動は薄かったかも。良い父親とは何か…
自宅で観ましたぁ。

この監督森田芳光だったんだ。
観た後に気がついた( ; ; )

堺雅人という役者さんは、
ほんとどんな役も演じるなぁ。

中盤あたりの、
家を整理するところあたりが、
面白い。

そして松坂慶子、中村雅人の夫婦ってのもなかなか。


鯛のシーンは好きだぁなぁ。
『たいじゃ、たいじゃ』のとこ。


やっぱり映画は面白い🤣
ちょっと堅物な男は、

変人にも見える。

堺雅人さんの薄笑いな表情が

例の如く、きみ悪く感じるのも

いつもの事だが。
>|