スワロウテイルの作品情報・感想・評価・動画配信

スワロウテイル1996年製作の映画)

SWALLOWTAIL BUTTERFLY/燕尾蝶

上映日:1996年09月14日

製作国:

上映時間:149分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「スワロウテイル」に投稿された感想・評価

m

mの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

もう何度も観てる
なんでわたしこの作品大好きなんだろ
岩井俊二作品の中で一番好き
というか好きな邦楽トップ3に入る
でもなんでこんなに好きなのかわからない
架空なのになんでこんなに現実味を感じるのか

アゲハとグリコが初めて会うシーンにグリコが話す日中英ごちゃまぜ言葉が癖になり過ぎてずっと見てられる
Charaすごい
に対して江口洋介の未完全な雰囲気漂う話し方がなんとも愛おしい笑

最後にアゲハが集めた札束燃やす決意がまさに蝶で良いシーン
mayuko

mayukoの感想・評価

4.0
こんな雰囲気の邦画見たことなくて衝撃

多言語多文化の雑多な世界観がシンプルにタイプだから始まった瞬間から好きです、って感じだった。

扱ってる社会問題の多さとか、ディストピアっぽい世界観とか気になることは沢山あるけど世界観に射抜かれたのでそれは二の次ってくらい観入った。未来と終末感が同時に来る感じ。

yen town bandはまった
uuu

uuuの感想・評価

4.0
えっ…この渡部篤郎かっこよすぎない…?
キャップ姿も最高じゃない…?
桃井かおり出てきた瞬間なんかめちゃくちゃ安心した
日本映画専門チャンネル〈岩井俊二劇場〉(2016/01/13 22:50開映録画分)
YAICHI

YAICHIの感想・評価

3.2
20年以上前の映画だが未来に行きすぎてる!2040年代的な映画。
難解でした。
架空の世界なのになぜか懐かしさを感じてしまう不思議な映画。
観ていて頭に?が浮かぶシーンもあるけど、みんなが本当にそこで生きている人々だと感じれるから身体が納得してしまう。

「スワロウテイル・バタフライ」はマジで名曲。
semi

semiの感想・評価

4.6
岩井俊二監督の生み出す緻密な画面が好きだ。不安定な揺らめきが、どこかファンタジックな印象をもたらしていて、まるで夢の中にいるかのような独特の没入感がある。
摩訶不思議な世界観イェンタウンに生きる人々の、危うげな脆さと生命感溢れる強さに、ずっと目を離すことができなかった。
アゲハがタトゥーを掘る場面、微かな幼少期の記憶を辿る彼女の姿が妙に印象的で、思わず涙してしまう。
中国語と英語と日本語が混じり合った、知らない言語なはずなのに、不思議と耳馴染みが良く、心地よい。すべてが完璧に構築されていて、本当に素晴らしい映画。Charaの歌声は、まさに唯一無二。
こういうトーンの映画好き、美し〜
上田義彦、葛西薫の烏龍茶のCMみたいな
日本語に聞こえない日本語なのか中国語にたまに日本語聞こえるみたいなの面白かったどういう言語?
大塚寧々かわいいそれから渡部篤郎の若い頃初めて見たメチャかっこいいな!!!!!
作り上げた世界観の大勝利。
まあ、シェンメイ(山口智子)の組織設定謎過ぎるけどね笑
あれだけの武力を持っていてどこからもノーマークなのはスゴいよ。ランもフェイフォン達に内緒だったんだろうね。収入も含めて。
偽札を検証する為に両替機すら調達してくる不自然さに何故仲間は気遣いんだろうね。都合良く捨ててあるわけないだろ笑
ピアノは偶然かな笑

襲撃されたタイミングで都合良くシェンメイがバズーカ持って出てくることを考えるとあの「あおぞら」の地下には『キングスマン』的な秘密基地が広がってるに違いない!!
個人の妄想です。

HUNTER×HUNTERの流星街のモデルの1つなんじゃないかな。
てか連載開始98年か笑
時期も近いな笑
kouki

koukiの感想・評価

3.8
出会ったことはないが、日本のどこかにあってもおかしくない街。
生々しく、華々しく、自らのアイデンティティを彼らは模索する。
>|