サイドカーに犬の作品情報・感想・評価・動画配信

「サイドカーに犬」に投稿された感想・評価

TO

TOの感想・評価

4.0
どの靴を履いていけばいいか私にはわからなくなっていた 隣のサドルを取り付けて帰った 麦チョコ パックマン コーラ 歯が溶ける ヴィヨンの妻 ドッグフードみたい キャッチボール 自転車のれるようにようになると世界変わるよ 人は正直になると無口になる ゲップ 揉め事のない世界に生きたい シャアの下敷き 百恵ちゃん家 清志郎 こいつにがんばれと言え 月光仮面 サイドカーに薫 花火 歯ぐらぐらしてきた ザリガニ おまわりさんと鬼ごっこ 風鈴 カーテン洗濯 ガンプラ 金が欲しくて働いて眠るだけ ハードボイルドな女だね薫は 汁とんだ? 229,600円 これ手切金なの 大人にも夏休み 外浦海岸 連れ込みって 途中までは鋭かったねあの婆ちゃん 嫌いなものを好きになるより、好きなものを嫌いになる方が難しいね 歯が抜けてる 飲んじゃったみたい ラッカー買いに すっげえ あんな頭突きはじめてみた 100円玉と同じ大きさと重さの50円玉 警報 私の足硬いよ 私も毎日乗ってるよ
Kumi

Kumiの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

竹内結子さん可愛い

子供の頃のお父さんの愛人との一夏の想い出
根岸作品にしては、ずいぶん大人しく、子供の心情に配慮した作品でした。(大胆なシーンがあった方が良かったかと)竹内結子は、男勝りという設定でしたが、はじけきっていない感じを持ちました。自転車のシーンやキャッチボールのシーンで慣れてないなという印象。小説で、表現可能な事が必ずしも映画で表現できないという典型的な作品でした。映画は、映像でボンと目の前に出されるので、そこに感情とか繊細な意味を映像で描くと観念的になり、わかりずらい作品となります。ある意味で野心的な作品なんでしょう。竹内結子ファンには、お勧めの映画でした。
5hun

5hunの感想・評価

3.7
高校の時だったか、長嶋有の小説が好きでよく読んでいた。この作品の原作も気に入ってて、今もよく覚えてる。映画も竹内結子がハマっててよかった。カップルや夫婦のいざこざって、今はご時世的にことごとく湿っぽく邪悪に描かれがちだけど、こんな作品もあっていいと思う。ワンシーンでヨーコさんが口ずさむ、RCの「いいことばかりはありゃしない」に、大事なことは全部詰まってるような気がした。
ふふひ

ふふひの感想・評価

5.0
正直であろうとすればあろうとするほど人は黙るという自惚れをさせてくれるのが気持ちいいし、海が気持ちいいし、歯が溶けるという抑圧で、断念し続けたコーラを初めて飲む時は光溢れる。いいことばかりはないし次いいことが起こるまであと何秒?知りたいしわが町国立が映るboyたるもの山口百恵よりレーザーの方が好きであるずるくなりたい
jんt

jんtの感想・評価

-
お姉さんと小学生女子のお話ってあんまり見たことないからドキドキしました。また夏に見たいですね
omu

omuの感想・評価

2.5
内容はなんてことなかったんだけど、タバコ吸う竹内結子珍しくて萌え。
stkei3110

stkei3110の感想・評価

3.8
原作はもう少し情緒があったかな
夏の感じは悪くないけど

原作は文庫版に併録されている『猛スピードで母は』のほうが好みではありますが、この作品はこの作品で長嶋有さんらしいし彼のデビュー作でもあるし、映画も相応な感じですね

伊豆のエピソードの樹木希林には笑っちゃった
どうしても古田新太と竹内結子の組み合わせに違和感感じちゃってた…。椎名桔平が相変わらずかっこいい。
camcam

camcamの感想・評価

3.5
YUIが主題歌だったよなーというところから関心を持って観てみた映画。

小さいときって親や先生しか身近な大人が居ないから、こういうお姉さんに憧れみたいのを感じるのよね。
>|