ハリー・ポッターとアズカバンの囚人のネタバレレビュー・内容・結末

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人2004年製作の映画)

HARRY POTTER AND THE PRISONER OF AZKABAN

製作国:

上映時間:142分

3.8

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」に投稿されたネタバレ・内容・結末

バックビークが死刑になるんや!
あの時のハグの悲痛の叫びは忘れられなくなります。

個性たっぷり漏れ鍋のトムですが、賢者の石ではまるで居酒屋のトムです。
どうしてこんな配役をしたのか…不思議でなりません。
何回目かの鑑賞

回を重ねるごとに面白くなってくと思う!
個人的に時間を戻して何かする系が好きからかもだけど

シリウスもバックビークも助かってよかった😭
大好きな作品!

ピーターペティグリューは逃げちゃったから残念🙍‍♀️
3作目から生徒たちの私服姿が増えたりそれぞれのキャラが濃くなったり、生活感が増してリアリティがより出てきました。

ハリーの仲間も増えます。
狼男のルーピン。
ハリーの名付け親のシリウスブラック。

スネイプが狼化して自我を失ったルーピンからハリーたちを守るところが好き…!
いつも陰気で嫌味なスネイプの生徒思いな面を垣間見ることができました。

時間を戻してヒッポグリフやシリウス、過去のハリー自身を助けるシーンが素晴らしいです。
魔法の世界にタイムスリップ要素いれ込んじゃって、面白くないはずがない。
伏線回収もいい。
正直、最初は内容が少しわかりにくかった。
シリウスが名ずけ親なのはわかったが、
なぜアズカバン送りになってしまっていたのかがずっと理解することが出来ずにいた。
今回、4回目(?)のリピート。
やっと理解出来た(笑)
ルーピン先生イケメンすぎ大好き(⑉• •⑉)❤︎
ストゥーピファイ!!
ここまでの3つのなかで一番すき

シリウス・ブラック
アズカバンの監獄にいたけど無実だった
ロンのねずみスキャバーズが本当は裏切り者だった

ハリーとハーマイオニーは時間を遡って無実のものたちを助けた

ロンとハーマイオニーは付き合うのかいな

シリウスはまた出てくるかな?
時を戻すアイテムとかが出てくるだけでワクワクするのは多分僕だけ。全作の中でも特にお気に入り。
シリウスが初めて出てくる極めて重要な作品だと思う。最後のファイアボルトは最高。
えーまさかのあなたが狼?と馬鹿なわたしは驚いた(笑)最後に逆転時計のことを知り、だからか!と色々納得。それが楽しかった。ディメンター気持ち悪!
お父さんが来てくれたと思うシーンは切なすぎた。でもそう思うくらいはリーの力はすごいんだよ?と言いたくなった。
見直しの3作目!
シリーズ通して3作目が好きです。そのわりにあやふやなところが盛りだくさんでした、、、(^_^;)でもちょっと見ていって思い出した。

ヴォルデモートの配下のシリウス・ブラックが脱獄不可能なアズカバンを脱獄したらしい!ハリーの両親を裏切って、ヴォルデモートに情報提供したあげく、今はハリーの命も狙っているらしい。暗雲渦巻くホグワーツの新学期が始まる、、、

パート2でダンブルドアをやっていた方が亡くなってしまい、ニューダンブルドア。ダンブルドアはすべてのお父さんというイメージが強くピッタリでしたが、パート3の今作からのダンブルドアもやはりダンブルドア。ちょっとアクティブになったような気もしなくはないのですが、ステキなおじさんは変わらず!

今回からは明るかったホグワーツからいっぺんして暗い描写が多かった。パート2までの楽しいギミックは少なくはなりましたが、中でもあのレーダー機能搭載した不思議地図は見てて楽しいですね。おもしろい!

今回はゲイリーオールドマンasシリウス・ブラックの登場でハリーの両親らのエピソードが見えてくるのでそれは楽しめるし、ハーマイオニー大活躍\(^^)/あとスネイプ先生。とあるシーンでスネイプ先生がハリー達をかばうように前に立つとこがちょっとジーンとした。ちなみに教科書のページ読み上げるとこも(笑)独特のアクセントに敵意感じるけど、実はってとこですよね。

伏線回収もしっかりあって気持ちよく中盤スタートできて次のエピソードへ行けます!
シリーズ3作目。
ディメンターがなかなか不気味。
ヴォルデモートの配下と思われて親の仇と思われていたが、実はハリー・ポッターの父と親友だったという
シリウス・ブラックが設定とキャラを含めてかっこいい。
ルーピン先生もいい人だったし、人狼ということがバレて学校を去ったのは残念。
シリウス・ブラックをディメンターから助けようとしたハリー・ポッターはディメンターにまるで歯が
立たなかったのに、時間をさかのぼって現れたハリー・ポッターはまとめて追い払うことができたのは
なんでなんだろう?という疑問は湧いたw
>|