ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1の作品情報・感想・評価

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART12010年製作の映画)

Harry Potter and the Deathly Hallows: Part 1

上映日:2010年11月19日

製作国:

上映時間:146分

3.8

あらすじ

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」に投稿された感想・評価

Julia

Juliaの感想・評価

4.0
トビィィィィィィィ‪( ;ᯅ; )‬

叫んでるだけやから。
ネタバレとかちゃうから。
sk

skの感想・評価

3.5
ゴールデンウィークの夜に観た思い出。パート2の印象が強くて1は正直あまり覚えてないけど、ハリーポッターがいっぱいだ〜!みたいなシーンだけめちゃくちゃ覚えてて笑った記憶があるな〜。それとダンスシーンの謎さも覚えてて、ハリーとロンが喧嘩した時のハーマイオニーの立ち位置よ…と思った記憶がある。
何はともあれエマワトソンがずっとずっと可愛いです。
ぱぷぽ

ぱぷぽの感想・評価

3.8
仲間割れや、これまた死者続出、主人公が追われる身になりながら、分霊箱を探しているけど…これ残り1作で間に合うの!?
あと3つもあるんでしょ!?と色々不安になるおわりかた。
伏線も回収され始め、実はこれが死の秘宝でした!!
まさかあれが最後の分霊箱では…ラストに向かってる感が凄いです。
あと、あのテント欲しい。

ところでヘレナは世界観に馴染みすぎてて初めから出ていた気さえする笑
kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.2
▪️Title :「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」
Original Title :「Harry Potter and the Deathly Hallows: Part 1」
▪️Release Date:2010/11/19
▪️Production Country:イギリス・アメリカ
🏆Main Awards : ※※※
▪️Appreciation Record :2019-167 再鑑賞
▪️My Review
物語はいよいよフィナーレとなります。その前編。スタートからハーマイオニーの両親への「忘れろ」の呪文が胸にグッときました。
第5作、第6作に引き続きデビッド・イェーツが監督してるためダークでシリアスな世界観はそのままに否が応でもラストに向けての緊張感が高まってくる作品です。息つく暇が全くなく、逃げるハリーたちが道中で様々な謎を解き明かしていくストーリー展開とリズム感は秀逸です。
そんな中で、最後のドビーの登場にはうれしくなりましたがその直後にドビーが亡くなってしまうという悲しい結果に。。。
ゆかりのある人々がどんどん居なくなってしまい悲しい感じもしますがすべてはヴォルデモートを倒すためへの道筋だと、心引き締めて最終章後編に臨みたいと思います。
本作は劇場版としては初めて原作者のJ・K・ローリングが製作として直接映画に携わっていため、原作により忠実になってるんですよね。
▪️Overview
J・K・ローリングの児童小説を映画化した大ヒットシリーズ「ハリー・ポッター」の最終章前編。ヴォルデモートの復活により魔法界に暗雲がたちこめるなか、打倒のカギとなる“分霊箱”を探す旅に出たハリー、ロン、ハーマイオニー。だが、困難を極める旅の途中で3人はついに仲間割れをしてしまう。一方ヴォルデモートと死喰い人たちは、魔法省やホグワーツにも着々と魔の手を伸ばしていく。監督は第5作、第6作に引き続きデビッド・イェーツが担当。前編と後編の2部作で制作・公開された。小説を映画化する場合、上映時間の関係で原作の一部がカットされるのが通例で、本シリーズもそうであった。しかし、第7巻においては、前後編に分ける事によって原作内容の多くが映像に取り入れられ、原作により忠実な映像化となっている。
公開時、劇場にて鑑賞。
再鑑賞。
もはや、りっぱなサスペンス、ミステリー。
もう一息!
128
Tomoya

Tomoyaの感想・評価

3.4
ストーリーの流れとして、仕方ないのは分かるんやけど、少し雰囲気が暗すぎて重く感じた。
最終章で全てを完結させるための過渡的な作品ですね。
すごい大きな出来事はないものの、大事な話が織り込まれています。
ハリー、ハーマイオニー、ロンの大親友3人の関係にも注目な作品です。
友達に借りたDVDで観たけど1と2が逆になっててPart1でヴォルデモート死んで????ってなった思い出。
Yohei

Yoheiの感想・評価

3.9
ハリー、ロン、ハーマイオニーがひたすら頑張る回。

暗くて怖いけど、観てられる。
iammm

iammmの感想・評価

3.3
世の中が暗い中、一生懸命明るくして結婚式とかしてる感じが伝わる。
ここら辺から画面が暗すぎてよくわからない
>|