ハリー・ポッターと秘密の部屋の作品情報・感想・評価・動画配信

ハリー・ポッターと秘密の部屋2002年製作の映画)

HARRY POTTER AND THE CHAMBER OF SECRETS

上映日:2002年11月23日

製作国:

上映時間:161分

3.8

あらすじ

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」に投稿された感想・評価

やま

やまの感想・評価

-
ちょっと前にTVでやってた賢者の石があまりにも面白すぎたので。観ました。

いやーまじ最高すぎる…
子供の頃にはわからなかったシリーズの魅力にようやく今触れています。。

夢のような時間をありがとう。
ミチャ

ミチャの感想・評価

4.2
賢者の石よりも秘密の部屋の方が内容覚えてた。ドビーすぐ自分のこと叩く笑車で空飛んでみたい!!!やはり名前は覚えられない笑
eim

eimの感想・評価

3.9
何度見ても面白いが、賢者の石よりは落ち着いたかなという印象。
未公開シーンのいくつかは本編に入れたほうが良かったのでは?と思った。
大好きなドビーが出てくる第2作
この作品は前作に比べてダークな雰囲気が増していてすごくハラハラさせられる内容になっている

最初からドビーの素晴らしさは健在でドビーを見るがために何度も見たくなってしまう

秘密の部屋に入ってからのハラハラ感はもう半端ない

ヘビを感じさせる作品でもありこれからのナギニの厄介さも彷彿とさせる

そして、この秘密の部屋はハリーポッターシリーズ終盤でも出てくるのがエモすぎる

ハリーポッターシリーズの中でダークサイドな雰囲気を醸し出し始めるきっかけとなる作品だ

このレビューはネタバレを含みます

記録用

ハリーは学校での最初の1年を終え、夏休みをダーズリー一家のもとで過ごしていた。ハリーが相変わらず意地悪な一家に嫌気がさしていたある日、突然ドビーという“屋敷しもべ妖精”が現れる。ドビーはホグワーツへ戻らないよう警告するが、ハリーはそれを聞かずに、助けに来てくれたロンと共にダーズリー家を抜け出した。そして新学期。晴れて2年生となったハリーとロンは、もうひとりの親友ハーマイオニーとも再会し、いつもの充実した学校生活を送っていたが、やがて校内で不気味な出来事が次々と起こり始める...。生徒が次々と石になっていってしまうのだ。
その1人にロンの妹がいて、彼女は危篤状態であった、、、
犯人は、ホグワーズ開設者の1人でもあるスリザリーの継承者ヴォルデモートだった。また、これにはマルフォイの父親も関係してるとハリーは読み取っている🥺
ほー

ほーの感想・評価

5.0
評価分かれる作品だけど、インパクトが強くて個人的には好き、、、
PELIMETRON

PELIMETRONの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

・ハリーの部屋にドビーが現れる
・ホグワーツへ戻ってはいけないと忠告
・ロンが迎えに来る
・魔法学校への道が閉ざされ空飛ぶ車で向かう
・ハリーは壁から声が聞こえる
・次々と化石になる被害が発生
・ハリーはヘビ語を喋る
・秘密の部屋を作ったスリザリンもヘビ語を喋ることができた
・後継者はハリーではないかと疑う
・ポリジュース薬でドラコの取り巻きに化け事件の真相を探る
・マートルのトイレでトムリドルの日記を発見
・ハーマイオニーも石化
・ハグリッドに真相について聞く
・怪物の正体はバジリスク
・嘆きのマートルのトイレが秘密の部屋への入り口であった
・中へ入るとトムリドルがいた
・日記を使いジニーを操っていた
・バジリスクに襲われるハリー
・不死鳥が届けてくれた組分け帽子から出てきた剣でバジリスクを倒す
・さらにバジリスクの牙で日記を破壊
・ドビーと主人のシリウスブラックが現れる
・ハリーはドビーを解放させる
みさき

みさきの感想・評価

3.8
何度も観たことあるけど、改めて鑑賞。
ダンブルドア先生が優しくて癒される。
他のシリーズも見ないと!!
いつも秘密の部屋で止まってしまう…笑
nao

naoの感想・評価

4.1
すごく久しぶりに鑑賞。

んで
やっぱりおもしろい♪
ちゃんと物語の世界に没頭させてくれる。

この作品は
はじまりのほうに出てくる
‘ドビー‘がキーで、
なんかしら ハリーの邪魔をしてくる、
それがなんか腑に落ちない ケド
なんとなく憎めない、
そんなキャラクターで。

あとは
ロンたち兄弟が乗って
迎えに来てくれた ‘空も飛べる車‘も重要、
カーアクション?で ストーリーに一気に引き込まれたし。

主役の子供たちが
まだ小さくて、でっかいハグリットとの絡みが微笑ましかったな。
ところで このハグリット役、ロビー・コルトレーンは
作者J・K・ローリングたっての希望で 配役として このシリーズいちばん に決まったそうで、、、
それは納得できる。

物語には
クモやらヘビやらも出てくるけど、
個人的には ロンのナメクジんとこ
かなり!気持ちわるかった。。。(。>﹏<。)
ユニバにいったとき、
トイレ が かなり忠実に再現されてたことも 思い出したな〜


TENET で重厚感ある悪役だった ケネス・ブラナーが
ずいぶん若くて、軽〜いかんじの、でもかなりたちが悪い(?、信用できない!)役をいい具合に演じてる、
お馴染みの登場人物たちは すっかり安定の存在感で キャラは さらにたってたかな、
ストーリーもシリーズ第二弾にして 一作目に引けをとらないものに仕上がってる と思った。


そして この ‘秘密の部屋 ‘は
ヴォルデモートとハリーの因縁を
少しずつ解き明かしてく
そんな作品でもある。。。ヨネ?
せぶん

せぶんの感想・評価

4.2
小さい頃は秘密の部屋が1番好きだったけど、内容理解できてたのかな?
>|

似ている作品