ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団の作品情報・感想・評価・動画配信

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団2007年製作の映画)

Harry Potter and the Order of the Phoenix

上映日:2007年07月20日

製作国:

上映時間:138分

3.9

あらすじ

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

魔法ファンタジー映画『ハリー・ポッター』シリーズの第5作。

復活したヴォルデモート卿に対抗するため、ダンブルドア率いる「不死鳥の騎士団」が再び結成される。
しかし、闇の帝王の復活を信じたくない魔法省は、ホグワーツを統制するため上級次官ドローレス・アンブリッジを送り込む…。

原作はJ・K・ローリング。

○キャスト
ハリー・ポッター…ダニエル・ラドクリフ。
ロン・ウィーズリー…ルパート・グリント。
ハーマイオニー・グレンジャー…エマ・ワトソン。
ヴォルデモート…レイフ・ファインズ。
シリウス・ブラック…ゲイリー・オールドマン。
セブルス・スネイプ…アラン・リックマン。
シビル・トレローニー…エマ・トンプソン。
セドリック・ディゴリー…ロバート・パティンソン。

新たなキャストして、アズカバンに収監されているデス・イーター、ベラトリックス・レストレンジを演じるのは『ファイト・クラブ』『チャーリーとチョコレート工場』の、名優ヘレナ・ボナム=カーター,CBE。

〈ダンブルドア軍団ルールその1、ダンブルドア軍団のことを口にするな。
ダンブルドア軍団ルールその2、ダンブルドア軍団のことを絶対に口にするな。〉

『ハリー・ポッター』シリーズも後半戦に突入。
実はこの『不死鳥』からは今回が初観賞。原作は全巻、リアルタイムで一応読んでいるのだが、正直言って惰性で読み進めていたのでほとんど覚えていないのであります。
というわけで、かなり新鮮な気持ちで観賞しております。

まずもって思ったこと。
これ『スター・ウォーズ』?

今回で初めて魔法使い同士のガチバトルが描かれた訳だが、良い者の光は緑、悪者の光は赤と、かなり分かりやすく視覚化されていた。…わかりやすいというか、これ『スター・ウォーズ』そのまんまですやん…。
ダンブルドア先生の声が永井一郎さんだということもあり、なんだかヨーダvsドゥークー伯爵の闘いを思い出した。関係性も似てるしね。
ヨーダの「腕を上げたのう、かつてのパダワンよ。」というセリフが大好きなんだけど、それは今は関係ないですね💦

映画における超能力バトルシーンは好物なんだけど、『ハリー・ポッター』でそれを観たいかと言われると…。
『ハリポ』にはもっとファンタジー要素で楽しませていただきたいと個人的には思います。バトルとか別にどうでもええねん。
大体、ダンブルドアとヴォルデモート以外の魔法使いたちの攻撃はただ光線を飛ばすだけで面白みがない。
これなら拳銃でも良くない?…なんて言うのは野暮ですよね。

原作は上下巻あり、総ページ数1300を超えるというシリーズ最長の作品。
この超大作を2時間少々にまとめ上げたことは賞賛に値する偉業だと思います!
しかし、情報を圧縮してしまったことに対する弊害も見受けられる。

ぶっちゃけ言ってしまって、今回の映画は目的がなんなのかさっぱりわからんかった😅
これまでのシリーズ作品は、タイトルを見ればどんな物語なのか一目瞭然で、なおかつストーリーの軸になるものがなんなのか映画を観ていればすぐに理解することが出来た。
しかし今回は、不死鳥の騎士団というものが存在する、ハリーがその騎士団を真似た学生組織を作る、というところまではわかるのだが、そこから先の物語をどう進めたいのかが不透明なため、興味が持続していかない。
冒頭で「今回のお話の目的地はここです!」みたいなものを提示してくれないので、今自分は何を観ているのだろう?という気持ちが最後まで付き纏ってきた。

映画のクライマックスも、正直言って何やっているのかさっぱりわからん。
ヴォルデモートはハリーの「予言」ってものが欲しかったらしいんだけど、それって何?なんかスノードームみたいなものに入っていたけど…。
誰が予言して誰がスノードームに詰め込んだの?それを保管しておく意味は?
そもそもヴォルデモートは何であれを欲しがったの?すごく抽象的でどうでもいい内容だったけど…。
もう何が何やら全然分からん!!原作読めばわかるのかな?仮にそうだとしたら、映画だけでわかるようにしてくれよ!!

なんかシリウス・ブラックが死んじゃったけど、ここも何が起きているのかよくわからんかった。あのアーチなんなの!?
正直シリウス・ブラックって殆ど出番がないから、死んじゃったところで「あっそう…」って感じ。しかもオビ=ワン・ケノービくらい殺される描写があっさりかつフワッとしているので、驚くほどなんの感情も湧き上がらなかった。原作はもう少しエモーショナルだったような気がするんだけどね。

という事で、今回観賞してみて頭に残ったことは、ピンクのババァがクソムカつくということだけ。
このババァ、本当に凄まじいほどのクソババァで、映画史を遡ってもここまでのクソババァはなかなかいないのではないでしょうか?
ヴォルデモートやベラトリックスなんか目じゃないくらいの邪悪だった😈
「自分が『悪』だと気づいていない…もっともドス黒い『悪』だ…」という名言が『ジョジョの奇妙な冒険』にありますが、まさにアンブリッジはこのもっともドス黒い『悪』そのもの。
ここまで胸糞悪い悪役にはなかなかお目にかかれません!

アンブリッジの何が嫌かって、リアルにもこういうババァ結構居るよなぁ…と思い出させてくれるところ。
この辺はJ・K・ローリングの人物描写の巧みさの真骨頂ですよね。
そしてアンブリッジを演じているイメルダ・スタウントンの演技が素晴らしかったということでしょう。
ヘレナ・ボナム=カーターの存在感が霞むほどの強烈なインパクトを残してくれました。
今後イメルダ・スタウントンを映画で見かけたら、善人の役をやっていても「このクソババァ!」と罵ってしまうかも笑

もう一点心に残ったところは、やはりあの「スネイプ先生の過去」でしょう。
ここは原作を読んだ時にもめちゃくちゃ驚いた。
聖人君主として語られていた人物が実は…。という展開は創作物には多々あるし、現実世界にもありがちなんだけど、ここまで上手く物語に落とし込んでいる例はなかなかないのでは?
これまでのスネイプ先生の言動の理由が明らかになり、彼の見え方が180℃変わってしまうという、素晴らしい過去回想だと思います。
こういう人間の二面性みたいなものをしっかりと描きこめる。J・K・ローリングの作家としての確かな手腕を感じずにはいられません!

という訳で、なんやかんや不満もあるものの総評としては結構楽しんだような気もする。
陽キャの権化フレッド&ジョージのパンク・スピリットには、フリットウィック先生と同じようにガッツポーズしたくなったしね👍
ヘレナ・ボナム=カーターが出演しているということもあり『ファイト・クラブ』を想起させる、『ハリポ』史上最も血の気が多い一作でありました。

※なんかチョウ・チャンが可哀想な感じになっていたけど、みんなあの後ごめんなさいしたのかな?
丸メガネのイギリス人と東洋人のカップル…。やっぱりモデルはジョン&ヨーコ?
今までのこと考えるとしょうがないけどハリーが結構ひねくれてる(><)
フレッドとジョージのいたずら好きの真価が発揮されたなぁーー✨
なみ

なみの感想・評価

4.0
五年生。不死鳥の騎士団。
学校から離れて、ガラッと世界が変わる回。
ヴォルデモート復活で絶望してたところからの、不死鳥の騎士団。めちゃくちゃ心強い。
騎士団メンバーの詳細が映画だと伝わらないのがもったいない。

本格的に戦いに向かう空気。
「ダンブルドア集団」最高なのよ。ハリーが独りじゃなくてよかった、本当に。
アンブリッジのうざさが映画でもめちゃくちゃ再現されてて、心底うざかった。ほんと嫌い。だからこそ、双子のウィーズリー兄弟が輝く回でもある。ほんと好き。

緊迫感のある戦闘シーン、垣間見えるハリーたちの魔法使いとしての成長。
でも、シリウスを殺すのは酷すぎるでしょ。前作のセドリックの死も衝撃だったけど、シリウスは駄目だよ、なんとかなるよね?死なないよね?って受け止めきれない現実。

ハリーはどこまで強くならなきゃいけないの、、とまた先を読むのが億劫になる。
でも進む。
すいか

すいかの感想・評価

5.0
みんなで協力し合って頑張る姿にうるっときた😭ピンクおばさん大っ嫌い!!😤
Daigo

Daigoの感想・評価

4.0
「俺たちの未来は学校の外にある」
あの二人の行動とこのセリフマジでかっこいい。

騎士団がハリー達助けにくるシーンもマジでかっこいい。

今作はシリーズの中でもかっこいいが満載だなー
ピンクのおばさんによるホグワーツ統制と学生運動に目覚めたハリー5作目。

アンブリッジ超ムカつくけど「だから子供は嫌いよ!」ってちゃんと吐き捨てて退場した点については潔くて良かった。
そして悪戯師フレッド&ジョージが火を吹く回でしたね。
ハーマイオニーも「校則やぶるのってなんかワクワクするわ!」とか言ってたしやんちゃしてました。
クライマックスのあの人VSあの人の魔法バトルも最高でした。
よピ

よピの感想・評価

4.3
逆境と孤独と
なんでハリーばっかり大変なん
ラストちょっと切なくなってしまった
さあ、いよいよ盛り上がってきたよー
連続で次も観よ
花粉

花粉の感想・評価

4.2
花火のシーン好きすぎ
ハリーがせっかく仲間と一緒に、、となったのに波乱万丈すぎて辛い
死の呪いはそんな簡単に使えちゃっていいわけ〜!?
いよいよって感じなってきた。
当たり前のように脇役いっぱい出てきて誰やねん現象なるけど。
シリウス・ブラックかっこいい
わ

わの感想・評価

3.8
2022年37作目
呆気なさすぎる😭にしてもチョウ…まじか…になった恋多き女
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品