劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦の作品情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • 劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦の映画情報・感想・評価・動画配信

「劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦」に投稿された感想・評価

佐藤健出てないけどイマジンたちかわいい🥰

デネブとゆうとにほっこり😊
パパん

パパんの感想・評価

3.7
金閣、銀閣、かっこいいです。

しレーーーっとNEWフォームでるのわろた
シンジ

シンジの感想・評価

4.0
まだ観てなかった劇場版平成仮面ライダーシリーズをWOWOWで補完。
本作はディレクターズカット版で放送。もう10年以上経ってるし、佐藤健くんも出てないし...でも、あっという間に引き込まれた。さすが小林脚本&田崎監督、そして恐るべしイマジン(笑)。最後はちょっと感動(泣)。
このハイスコアはオマケだ!
また電王の映画?もぉ食傷気味です。とか思ってたら、デネブとユウトのコンビが大好きなので、ラストの五分で感動させられるという。
一番迫力あるシーンが戦艦と電車のバトルってのも仮面ライダー映画として変わり種。
ムトゥ

ムトゥの感想・評価

2.3
柳沢慎吾が出てきた時点でドタバタコメディになるよね。メインがお子様たちだし。
だりあ

だりあの感想・評価

3.3
前年から恒例になる、クロスオーバー映画。
「さらば」と銘打っておきつつまだ続く電王の物語。

ディケイドの14,15話の後日談になっており士たちとデンライナーの面々に面識が既にある。
ユウという少年を軸に物語が進み、最後に正体が明かされるがまぁ、バレバレである。
敵であるクチヒコ、ミミヒコは配役も相まって憎めない感じだがデンライナー乗っ取りを出し抜くシーンは楽しかった。

全体的には可もなく不可もなく、というライダー映画の一本だがやはり少年化した良太郎には物足りなさ、寂しさが拭えない。
※点数なし、記録のみ。

私は「電王」以外の仮面ライダーさんはよく存じ上げないので(仮面ライダーWはちょっとだけ見たけど)、「ディケイド」さんの設定がよく分からなかった…。あと良太郎が子供化した理由がめちゃくちゃ適当で、そこまでしてこのシリーズを続ける意味もよく分からず…よほど売れたんでしょうね当時。
仮面ライダーをクロスオーバーさせるなら他の特撮も混ぜちゃおうぜ的な映画。冒頭の海と勾玉はガメラ、敵キャラは牙狼、戦艦への侵入画面はグリッドマンのOP…。ハリボテ風景で電車を走ってるふうに見せかけるのは快獣ブースカだったかなあ。他にも気付いてないのありそうだし、どんどんこじつけて楽しみたい。あと望郷ジュブナイルものとしても普通に良い。
RAINWAKE

RAINWAKEの感想・評価

3.7
NEW電王のベガフォームがめっちゃ好き
敵の騙し方が可愛くて好きだった
mami

mamiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

最初違う映画見てるのかと思って確認してしまった…ディケイド14・15話(電王回)見てからのほうが話入りやすいですね。

ユウくん名前でもしかしてと思ったら…!侑斗とデネブの絆にすべて持ってかれました。(てかユウ役の方女優さんだというのに驚き😲)
>|

似ている作品