仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー/EPISODE YELLOW お宝 DE エンド・パイレーツの作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • 仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー/EPISODE YELLOW お宝 DE エンド・パイレーツの映画情報・感想・評価

仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー/EPISODE YELLOW お宝 DE エンド・パイレーツ2010年製作の映画)

製作国:

上映時間:73分

ジャンル:

3.1

「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー/EPISODE YELLOW お宝 DE エンド・パイレーツ」に投稿された感想・評価

Yuji

Yujiの感想・評価

2.3
映画のスピード感 0.4
感動 おもしろさ 0.6
意外性 ストーリー性 0.5
映像や音楽の美しさ 0.3
初めてみた衝撃とその後心に残るかどうか 0.5

トリロジーのなかでは一番好き。
モモタロス達は蚊帳の外の話。邪魔でしかない笑
YUKI

YUKIの感想・評価

4.0
海東とお宝の関係をディケイド本編
よりも深く深く掘り下げた映画。
失われてしまった時間だったり
人によってはどんなモノも宝物となりうる
だったりと、よくある展開だったけど
意外と心にグッと来ました。
ディエンドコンプリートフォームとか
G電王とかを目当てに見たけど
期待以上に良かったです。
かなき

かなきの感想・評価

3.1
『世界を超えたーー華麗にお宝コンプリート!?』

ただただ海東大樹が華麗に盗みまくろうとする映画。その理由は結構「やるじゃん!」といった感じ。
電王はやり取りも通常運転。

仲間とか思い出とかそんなものに興味はない、とか言いながらもなんだかんだ海東が“いい奴”だったと1番伝わる作品。
クアラ

クアラの感想・評価

3.8
【仮面ライダーシリーズ】としての《電王のこれから》を描いた作品。

トリロジーの中では1番TV版の雰囲気とテンションに近い展開で、1番観ていて楽しかったです。

奥義を使う度に投げてたパスはどうしてたのか、とか細かい小ネタの回収までやってくれてシュールな笑いが止まらない中、最も笑えたのはディエンドのコンプリートフォームだったりする。《ゲキジョウバン》って笑
まあカッケーけど
つじつま合わせだけの意味不明な発言とか割と目に余って雑だなあと感じた

ディエンドのケータッチ手に入れるシークエンスもうちょいなんとかならなかったんかな
仮面ライダー電王のスピンオフ映画三部作の第三弾。
今回はゲストライダーで、『仮面ライダーディケイド』からディエンドさんが登場します。
ゆうと

ゆうとの感想・評価

3.0
悪くはない。
海東大樹のあの設定がまさか生きるなんて…それだけの映画。
ディエンドコンプリートには期待するべからず。
django

djangoの感想・評価

2.8
やりたいことは悪くないというか、まだわかる。
しかし、スカルを軽々しく使うな。
ディエンドという、サブライダーの掘り下げをしっかり出来ているのはよい。
あとは、楽しければ良かったかな。
話があまり楽しいと思わなかった。
もう当分、仮面ライダーはいい。
というくらい粗悪仮面ライダー映画の毒を喰らった。
脚本こんなもんかって感じだしお父さんは一体どうしたんだ????てなったけど海東くん楽しそうだったから何でも良いや!
電王とあんまり関係のないディケイドに出てくる泥棒ライダーの
ディエンドが主役の話。
すごい面白い訳でもなくつまんない訳でもなかった。
>|