或る夜の出来事の作品情報・感想・評価・動画配信

「或る夜の出来事」に投稿された感想・評価

カヤ

カヤの感想・評価

3.0
フランクキャプラの、ロマコメ映画の元祖ともいえる作品。ほっこりした気持ちになれた。クラークゲイブルかっこいい。
ふくだ

ふくだの感想・評価

4.0
面白い&かっこいい&美しい&わかりやすい
その律儀さを見習っていきたい
優しい世界
ぴ

ぴの感想・評価

4.0
近くにいるのに遠く感じる
だけど毛布で仕切られているだけだから
一瞬で壁を壊すこともできてしまう

そんな距離感を絶妙に表している
「ジェリコの壁」素晴らしかった

観客はこの二人が結ばれると分かっているから
とてもじれったい
でもこのじれったさによって目を離せなくなる
これがスクリューボール・コメディの魅力か

自由なお嬢様エリーと紳士なピーターの
掛け合いとかキャラクター像とか魅力的だなと
思うんだけど…!
私的ナンバーワンは
娘の気持ちを一番に考えてくれる優しい父親です、エリーのお父さん最高すぎない?(笑)
Tak

Takの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

話としては今よくありがちだが、父親が娘が本当に愛している人と結婚するのを後押しするのがニクい。
また、二人の間の壁を室内の毛布で表現するのが象徴的で演出として優れている。

富豪の娘が駆け落ちの為相手の元にバスで向かうが道中で会った新聞記者と恋に落ちて、最後新聞記者と結ばれる話。
なんてオシャレなジャケでしょう🌙クラークゲイブルとグローデットコルベールの2人の姿が、夜空に映えて美しい🌌

ラブコメの原点にして最高傑作💗多分これを超える作品は今も無いんじゃない?ってくらい大好き😍

1934年製作?昭和9年?まだ日中戦争も始まってないのよね🤭

大富豪のお嬢様エリーは、結婚を反対されて家を逃げ出し夜行バスに乗り、失業中の新聞記者ピーターと出会う。座席をめぐって争う最悪の出会いだった2人が、旅を続けるうちに惹かれあっていくロマコメの王道物語💗

もうとにかくゲイブルがカッコよくてステキ❤️スラっとした長身に、笑顔がキュート→(エクボがたまんないね)🥰でもってこんなに髭が似合う男の人って居る?

グローデットコルベールはスタイル抜群!弓形の眉がクラッシックで魅力的✨

この2人が喧嘩しながら旅するロードムービー。丁々発止のやり取りや、ちょっとした心遣いに胸がキュンとする💗 テンポの良い物語展開に惹きつけられ、何度観ても2人の恋に気分が上がります❤️

ワイシャツの下に何も着てなかったゲイブルを見て、みんなが素肌にワイシャツを着るようになったとか👔

大陸横断バスが流行り、ヒッチハイカーが増え、ゲイブルが人参をかじるシーンから"バックスバニー"が生まれたとか…🥕

この映画の影響力って大だなぁ😅

アカデミー賞作品賞・脚本賞・監督賞・主演男優賞・主演女優賞のパーフェクトな5冠→(Big5)は、41年後の"カッコーの巣の上で"まで破られる事はなかったってすごいね🏆

そしてその16年後に5冠を達成した"羊たちの沈黙"も暗いお話だから、こんな明るく楽しいコメディがこの快挙って素晴らしい👏


ゲイブル様が一番輝いてた頃の大好きな作品。何度観ても私を笑顔にしてくれます🥰

もしジェリコの壁を越えてゲイブル様がやって来たら…そりゃあもう世の中の女子はイチコロですわな💓
金持ちの父から逃亡し、彼氏のもとに向かっていた娘エリーがたまたまバスで隣になった新聞記者ピーターと過ごしているうちに恋に発展する話。

境遇の違う者同士のボーイミーツガール作品。

よくある設定だったので、ほとんど新鮮味はありませんでしたが、バスの車内の雰囲気はその時代ならではのものなのかなと思いました。
物理的にも心理的にも客同士の距離感が近くて、気分によっては楽しい乗車時間が楽しめそう。

昼とは一転、夜になるとエリーとピーターの間に妙な緊張感が漂う描写に、お互いが惹かれ始める雰囲気ってこんな感じなのかなと思いました。

「察してくれよな(笑)」みたいなオチが以前の描写も踏まえていて、非常に良かったです。

ピーターの皮肉っぽい喋りとは裏腹な律儀で優しさのある行動。
ツンデレじゃねぇか〜❗️❗️❗️

コメントにちょいとネタバレレビュー載せときます。

長々とすいません。
M

Mの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ポスターが可愛くて見た

女優さんのメイクが気になって進まんかった…
あれだね、ローマの休日がオマージュしたのかな?ローマの休日は結ばれなかったけど、こっちは結ばれたらしいから良かった(あらすじ見た)
キャプラのロマンティックコメディ。
新聞記者が、トクダネの為に有名女性と行動を共にする、というストーリー。
ローマの休日が真似している事をはじめて知った。
あんな名作が模倣だったなんて。

ヒロインの父親がいい。
最初はただの口うるさい親だと思いきや、ちゃんと娘を愛している。娘に必要な男はどういう男なのか、主人公を婿に選ぶ理由が面白い。
K

Kの感想・評価

3.7
わがままで世間知らずな富豪令嬢と話術巧みで機転のきくツンデレの新聞記者の男が繰り広げる珍道中ラブコメディ。

惹かれ合うけど素直じゃない2人が面白くもあり。

クスッと笑えたり、キュンとしり、ラブコメに必要な要素がたっぷり詰まっていて楽しめました。
NHK BS 4K

まさに粋な作品。人物のキャラ、会話、展開、ラスト。86年も前の作品にも関わらず、充分に楽しめた。素晴らしい!
>|