赤毛のアン グリーンゲーブルズへの道の作品情報・感想・評価

赤毛のアン グリーンゲーブルズへの道2010年製作の映画)

製作国:

上映時間:100分

3.7

「赤毛のアン グリーンゲーブルズへの道」に投稿された感想・評価

ちふれ

ちふれの感想・評価

4.3
観ていてすごく楽しかったけど連続してアンの話を聞いてると確実に疲れそうだからテレビ版にはまだ手を出せそうにない
あちち

あちちの感想・評価

5.0
記録。
子供の私が、甚大な影響を受けた作品。
ジブリだったこと、オトナになって知り、本当に感謝。
子供って、家庭だけでなく、いろんなオトナの善意で育つことを同時に知る。
SutisaSudo

SutisaSudoの感想・評価

3.9
高畑さんだったのかぁ
思入れ特にないけど懐かしい

そうか
高畑さんだったのかぁ
y

yの感想・評価

5.0
神に祈りを捧げるペースについて
緑豊かな森林で真っ青な空を仰げば、三日分は祈ったことになるんじゃないかなとか思ってしまって
その三日分っていう日数は、どんな測定法で出されたなんの分量なのかということと
その存在に触れる赤毛のアンっていうアニメの素晴らしさは空想でしか語ることができないのかもしれない。かしこ。
Rina

Rinaの感想・評価

3.6
やっぱり名作だな〜
アンの想像力大好き💕
eeosusume

eeosusumeの感想・評価

3.6
よく喋るアン
高畑勲脚本と演出
宮崎駿の場面構成が冴える

古さを感じない
柔らかな原画の線が
伝わる、
せっかくのアンは感激してばっかり
MizuMikan

MizuMikanの感想・評価

2.8
記録用。
これをきっかけにちゃんとアニメ全話を見たらいいのでは。
花紫

花紫の感想・評価

2.2
これを観ただけでは、アンは悲劇のヒロインぶってるウザい娘だなぁとしか思えなかったので、本編のアニメも観ないとなぁ。
2013.11.
青二歳

青二歳の感想・評価

1.9

このレビューはネタバレを含みます

総集編。アンの喋り方が苦手…。いたたた。彼女の防衛手段てのは理解しても聞くのがキツい。ナレーションは語りのテンポよく好き。
家に来て、なんだかんだ居座って土地に馴染んでいくまでのお話。マシュー兄さんの素敵な高齢童貞っぷりが愛おしい。なんて人がいいんだ。そしてイジワルばあさんとアンのディスコミュニケーションが心を不安にさせて見れなかった子供時分と違い、オトナになって見るとこのマリアばあさん信頼できる人だな!と感心。付き合うのはちょっと怖いけど、こう真っ直ぐなひとってなかなかおらんな。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

5.0
プリンスエドワード島のグリーンゲイブルズに住むマシュウとマリラの兄妹は、孤児院から働き手の男の子を引き取ろうとするが、手違いで赤毛で空想好きなアンがやってくる。事態を知ったアンは悲しみにくれながらも、とにかく今日を楽しもうと決心する。 恥ずかしがり屋なマシュウと空想好きで 機知に富んでいて話し好きなアンが少しずつ心を通わせていく過程、喧嘩友達のギルバートや腹心の友となるダイアナとの友情と冒険、色鮮やかなグリーンゲイブルズの自然、何気ない日常から喜びを見いだすアンの影響を受けて堅物なマリラや周りの人々が変化していく過程が、じんわり心が温かくなるアニメ映画です。この劇場版では、アンがグリーンゲイブルズでマリラとマシュウと暮らすまでが描かれているので、ギルバートやダイアナとの友情などを描いた劇場版も作って欲しいです。
>|