赤毛のアン グリーンゲーブルズへの道の作品情報・感想・評価

赤毛のアン グリーンゲーブルズへの道2010年製作の映画)

製作国:

上映時間:100分

3.7

「赤毛のアン グリーンゲーブルズへの道」に投稿された感想・評価

Burnie074

Burnie074の感想・評価

4.0
高畑勲監督を偲んで久々に見たけど、アンの活き活きした姿がとても素晴らしかった。見てると前向きになれる色褪せない名作だと思う。
勝沼悠

勝沼悠の感想・評価

4.0
 世界名作劇場の「赤毛のアン」の1話から6話を編集して2010年に映画化。
 
 アンがグリーンゲーブルズの家で暮らすことになるまでを描いてるのだが、もう最初の馬車のシーンからアン全開なのが嬉しい。空想して話し続けて、周囲を不思議な魅力で引きつけていく。私はしばらく好きな女性のタイプをアン・シャリーと言っていたが、この映画を見てやっぱりそうだと思い直した。
 特にアンとマシュウとマリラの声が最高。赤毛のアンは原作も日本のアニメも文句ない名作。
古池

古池の感想・評価

-
連続アニメのほうについて

子どもの頃に観たけど、数年前に再放送してて途中からだけど観た。あの頃、ものすごく放映を楽しみにしてた。
背景は美しいし、アンが美人過ぎないけど「あ、賢い子だわ」って顔をしてるのが凄い上手い。
びっくりするくらいナレーションが原作どおり。でも、全然邪魔じゃないというか、かえって集中できる。
子どもの頃はたぶん聞き流していたんだと思うけど、美しくユーモラスな文章に自然に触れる機会がある、て良いなと思う。
少女時代の終わりを描いた後半のせつなさとか大好きです。
また観たい。赤毛のアンは、ほんとに古くて新しい。
nyangoro

nyangoroの感想・評価

3.0
海外実写版の方が良かったの一言につきる。
声優が良くない。
声が高すぎる。
ちふれ

ちふれの感想・評価

3.9
観ていてすごく楽しかったけど連続してアンの話を聞いてると確実に疲れそうだからテレビ版にはまだ手を出せそうにない
あちち

あちちの感想・評価

5.0
記録。
子供の私が、甚大な影響を受けた作品。
ジブリだったこと、オトナになって知り、本当に感謝。
子供って、家庭だけでなく、いろんなオトナの善意で育つことを同時に知る。
SutisaSudo

SutisaSudoの感想・評価

3.9
高畑さんだったのかぁ
思入れ特にないけど懐かしい

そうか
高畑さんだったのかぁ
y

yの感想・評価

5.0
神に祈りを捧げるペースについて
緑豊かな森林で真っ青な空を仰げば、三日分は祈ったことになるんじゃないかなとか思ってしまって
その三日分っていう日数は、どんな測定法で出されたなんの分量なのかということと
その存在に触れる赤毛のアンっていうアニメの素晴らしさは空想でしか語ることができないのかもしれない。かしこ。
eeosusume

eeosusumeの感想・評価

3.6
よく喋るアン
高畑勲脚本と演出
宮崎駿の場面構成が冴える

古さを感じない
柔らかな原画の線が
伝わる、
せっかくのアンは感激してばっかり
MizuMikan

MizuMikanの感想・評価

2.8
記録用。
これをきっかけにちゃんとアニメ全話を見たらいいのでは。
>|