ハイジ アルプスの物語の作品情報・感想・評価

ハイジ アルプスの物語2015年製作の映画)

Heidi

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:111分

4.0

あらすじ

アルプスの山の大自然に囲まれ、ガンコだけれど優しい祖父と楽しく暮らしていたハイジ。ところがある日、大富豪のお嬢様のクララの話し相手として、フランクフルトの都会へ連れていかれることに。足が悪く車いす生活を送っていたクララは、明るく素直なハイジに励まされ元気を取り戻していきます。ハイジとクララは固い友情で結ばれますが、ハイジは日に日におんじの待つアルプスの山が恋しくなってしかたないのでした…。

「ハイジ アルプスの物語」に投稿された感想・評価

花心

花心の感想・評価

3.0
ハイジかわいいよハイジ。(宮崎あおいに似てる気がする) 
アニメの世界観をそのままに、物語をダイジェストで実写化した感じ。 
登場人物のキャラクターもそれぞれに際立たせていてよかったです。 
ペーターのウホウホ感がおもしろかったですw 
coco

cocoの感想・評価

3.6
時間がとれたので観たという感じでしたが、思ってたよりずっと良かった。
原作やアニメで自分の中でイメージが出来上がっていて、どうなのかなと思ってましたが…
アルプスの自然がとてもきれい。この自然があってこその説得力がありました。
tarupon

taruponの感想・評価

3.5
ハイジが何しろ可愛い。見終わって「面白かった」とか「泣いた」とかではなく、とにかく「生きるエネルギーがもらえる」「気持ちが元気になる」映画だった。

このレビューはネタバレを含みます

キレイ。
でも頭の中には、常にカルピスこども劇場の映像が伴走しているので、集中力がいまいち。
ロッテンマイヤーさんは、旦那さんの後妻を狙っているように見えたなあ〜。
MichelleMM

MichelleMMの感想・評価

4.8
ドイツ語 の映画 が みました。いいです。
原作に忠実なハイジ。

おいしそうな山羊の乳、白パン、チーズ…
どれも幼い頃に憧れた、あの「ハイジ」の世界。

自然の描写も美しく、それに対してダーティーな都会が描かれている。
都市とは汚いものよのう、と考えさせられる。

ハイジ、ペーター、クララ、だけでなく、
大人の演技もとてもよい。

天井裏、藁のベッドで寝てみたい方にぜひ。
ちぃ

ちぃの感想・評価

3.9
リアルタイムで見てた世代ではないけれど、キャラもストーリーも、いつの間にかインプットされてる国民的アニメ。
「それを“ちゃんと”実写映画化してくれました。」って感じの作品だった。
ブルーノ・ガンツのファンと日本人にしか需要無さそう(笑)

ハイジとクララ可愛い〜❤️
おんじは良い感じに恐いし、クララのおばあさんめっちゃ良い人…。

スクリーンいっぱいに広がるアルプスの雄大な景色も素晴らしい。
やっぱりスイスは死ぬまでに1回は行っておきたいな〜。
kyoko

kyokoの感想・評価

3.7
ガーデンシネマ最終日駆け込み。

内容はまるきりアニメのままで、美味しいところのダイジェスト版のよう。せっかくの感動的な場面が物足りない。おじいさんとの再会とかクララが立った!のあたりはもうちょい長く観たかったなー。

ハイジの笑顔の破壊力が凄まじい。
おじいさんはブルーノ・ガンツだと前もって知っていたのに、いざ始まったらエンドクレジットが出るまですっかり忘れてしまうぐらい、ガンツ感ゼロ。
私が大好きな執事のセバスチャンがイメージのままだったのがうれしい。セバスチャンのスピンオフとかあったら絶対観る。

ヨーゼフがいなかった…(T ^ T)

ストレスが子どもの体に与える影響とか、教育の重要性とか、実は大事なテーマをたくさん持ってる物語だったんだなあ。
登場人物みんなそのままアニメから飛び出してきたんじゃないかってくらいそのまま。
唯一ハイジはちょっと違ったけど。
スイスの景色もやばすぎる。
アニメの実写化ってこういうことを言うんだって感じ。
ストーリーも分かってはいてもなんていい話なんだろうってなるし何回泣いたことか。
なんでこんなに上映館少ないのか不思議でならない。
みんなハイジ観たことないのかな。
残念だったのはヨーゼフが出てこなかったのと、「クララのばか!もう知らない!」がなかった…
メガネ

メガネの感想・評価

4.5
クララ立ちで安定の泣き。

ペーターの器の小ささがまた初々しい。
>|