ひまわりの作品情報・感想・評価・動画配信

『ひまわり』に投稿された感想・評価

shun

shunの感想・評価

3.8
同じく行定監督の「贅沢な骨」と同じような雰囲気の麻生久美子を見ることができた。
時効警察以降のぶっ飛んだコメディエンヌも好きだけど、初期の神秘的で儚い彼女も魅力的。
劇中で彼女のキャラクターについて周りの人が「なんか近寄りがたい存在、つかみどころのない魅力」
と言っていたけどまさにその通りだと思う。

観ている時は全く気づかなかったけど他の人の感想読んで冒頭に戻って観ると衝撃だった。

「あたし太陽が嫌いでしょ。なのにね、その人からはなぜかひまわりって呼ばれたの。」
もう亡くなった主人公について遺された男たちが想い出を話っていく構成。
いろんなことがあって
いろんなことが重なって
人は死へ向かうんだろう。
そういや昔中学の友達が自殺したなって思い出しちゃった。
ChouChou

ChouChouの感想・評価

3.5
麻生久美子が上手い。最近はコメディのイメージが先行している気もするけれど、初期の頃の神秘的な役柄を再び演じてほしい。繊細で脆くて壊れそうな雰囲気が良かった。
ストーリーに関してはありがちな内容かと思ったが、解説を読んでもう一度冒頭を見るとゾッとする。このような雰囲気の行定作品をまた見たい。そして画が何よりも綺麗だった。
沼子

沼子の感想・評価

3.2
袴田さんかっこいい。麻生さん可愛い。儚い感じの画だった。この映画から学んだこととか何か大きなことを感じたわけではないけど、ボーッと映画見たい時にはいいかも。朋美みたいな女子、男子からしたらモテるだろうけど、同性には嫌われてしまうタイプかな。周りの男子、みんな振り回されてたw
KikkunAss

KikkunAssの感想・評価

3.5
なんか世にも奇妙な物語的な感じだった
全部見終わった後最初のシーン戻ってみてにゃっっっってなった
Taj

Tajの感想・評価

-
北村一輝津田寛治堺雅人麻生久美子アパホテルが一同に出る映画はもうないでしょう。シークレットベースが生まれるちょっと前の「あの花」。
人

人の感想・評価

5.0
まず、なんのフィルムを使っているのか教えてほしい。
カメラの隅に写り込む花々が印象的
地元の風景、そして光が眩しかった。

堺雅人のキャラクターが特に好き。

お葬式での、同窓会のような雰囲気に、リアルを感じた。
同級生の死に現実味帯びないという現実こそが現実であった。

エスカレーターですれ違うシーンも、リコーダーを盗んだことが両親にバレるシーンも、本物の銃でこどもが倒れるシーンも、グリンピースをフォークで転がして遊ぶシーンもすき。ノベルティへのシートベルト、沼津、ともみの部屋、赤いワンピース、本当に良い。最高。
あと化粧のシーン。
麻生久美子の眉の形、鼻筋、顎のラインが完璧なんだけど。

「動きを見てる様で動きそのものは見ていない」
女性は世の中から動きを省いて見る見方が得意である。
でも動きは必ずついてくるものである。
やっぱり、それが現実なんだよね。

彼女の片鱗を知る者
彼女と関わる人たちがつながる、つながる。

「きみはまるでひまわりみたいだ」と言えてしまうの、ベランダに花が沢山あったところから納得した。
すごく素敵でずるかった。

ロマンチックでホラーな映画
綺麗な場面とギャグな場面のギャップが良かったです。
T

Tの感想・評価

3.6

ともみみたいな女好きじゃないし、
周りの男も好きじゃないし、
オチを知ったところで
ストーリーもそんな好きじゃない

でもシリアスなようで
ユーモアたっぷりな演出と
ハイライトとびとび
シャドウつぶれまくりだけど
味わい深い映像と
シーンの切り替わりの斬新な繋ぎや
大胆な構図、だけで楽しい

あとカーテンゆらゆらさせながら
登場した高橋の女、印象深い

行定さん、こういうのもう撮らないですか?
R

Rの感想・評価

-
225
赤いワンピースと、黄色のひまわりと、青いボールの原色3色が絵本みたいにカラフルで可愛くてよかった。
鑑賞後にネットでこの作品について調べている時に、この作品の仕掛け(伏線?)について知った時は「うわー!」となったし結局3周観た。すごく面白かった。
ぬ

ぬの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

最後とかよく分からないところが何ヶ所かあったけど全体としてとても好きな映画でした。だんだん人が増えるところ好き。
>|

あなたにおすすめの記事